“More Everything” GoPro HERO9 Black 登場

新型センサーにより、5K ビデオ、20 MP 写真、HyperSmooth 3.0 ビデオスタビライゼーションを実現。
新たにフロントディスプレイとサイズアップしたリアディスプレイを搭載し、バッテリー駆動時間もHERO8 Blackから最大30%アップ。
Max レンズモジュラーにより、Max HyperSmooth と超広角の Max SuperView での撮影が可能に

カルフォルニア州、サンマテオ、2020 年 9 月 16 日 – GoPro, Inc. (NASDAQ:GPRO) は本日、HERO9 Black を発表しました。本製品は、5Kビデオと 20メガピクセルの写真の撮影を可能にする新型センサー、カメラ内ホライゾンレベリングを備えた次世代の HyperSmooth 3.0 ビデオスタビライゼーション、新しいフロントディスプレイ、サイズアップしたリアディスプレイ、HERO8 Blackから最大30%アップしたバッテリー駆動時間など、あらゆる性能が向上したGoProカメラとなっています。さらに、新たに登場するアクセサリー、Max レンズモジュラーを利用することで、Max HyperSmooth ビデオスタビライゼーションと、Max SuperView による超広角の写真およびビデオの撮影を、HERO9 Black でも楽しむことができます。

 また GoProはサブスクリプションサービスの名称を、「GoPro Plus」 から「GoPro サブスクリプション」※1に変更しました。これはブランドから提供される製品体験の中で、サブスクリプションが特に重要となっていることを表しています。

「ユーザーは、製品に価格以上のバリューを求めていたり、あらゆる要望を持っています。それらの要望に応えていくと言う当社のコミットメントが HERO9 Black に反映されています」と、GoPro 創業者兼 CEO のニコラス・ウッドマンは語ります。「HERO9 Black は非常に優れた製品です。さらに、GoPro サブスクリプションに登録していれば GoPro.com で スペシャルなオファーがあるほか、GoPro で撮影したフッテージを保存できる無制限のクラウドストレージ、無条件で利用できるカメラの交換補償といった特典も受けられます。また、年内には、GoPro サブスクリプションの登録ユーザーに対して、さらに新たなバリューを提供する予定です。」

さらに、GoPro は HERO9 Black のパッケージからプラスチックを排除するだけでなく、カメラをマウントやアクセサリーも収納できる高品質なトラベルケースに入れて販売する事で、新たなバリューを加えました。 

「当社の事業から、できるだけプラスチックの利用を削減できるように目標を定めています」とウッドマンは語ります。「HERO9 Black を無駄の多かった従来のパッケージではなく、有益なトラベルケースに入れて提供できることをうれしく思います。また、当社の他のカメラについても、2021 年中に同様の対応を行う予定です。」


HERO9 Black の機能
  • 新型イメージセンサー
  • ビデオ: 5K30、4K60、2.7K120、1440p120、1080p240 など 
  • 写真: 20MP 
  • ライブプレビューとステータスモードに対応した新しい 1.4 インチフロントカラーディスプレイ
  • タッチズーム機能を搭載し 2.27 インチにサイズアップしたリアタッチディスプレイ
  • HERO8 Blackより最大 30%アップしたバッテリー駆動時間 + 低温環境下での性能アップ
  • 取り外し可能な充電式バッテリー
  • HyperSmooth 3.0 (ハイパースムーズ 3.0) + カメラ内ホライゾンレベリング (水平維持)
  • 「リアルスピード」と「ハーフスピード」機能を搭載した TimeWarp 3.0 (タイムワープ 3.0) 
  • 1080p ライブストリーミング
  • 1080p ウェブカメラモード
  • パワーツール: HindSight (ハインドサイト)、LiveBurst (ライブバースト)、スケジュールキャプチャー、デュレーションキャプチャー 
  • SuperPhoto (スーパーフォト) + HDR ナイトラプスビデオ
  • RAW 写真
  • デジタルレンズ
  • 14 種類のコマンドに対応したボイスコントロール (11 の言語と 6 地域のアクセントをサポート)
  • 3 つの進化したウィンドノイズ低減マイク
  • ステレオ + RAW オーディオ
  • サイズアップしたスピーカーによりオーディオの再生機能が向上
  • 取り外し可能なレンズカバー
  • ビルトインマウントフィンガー
  • 優れた耐久性 + 水深 10 m までの防水性能
  • HERO9 Black 用の Max レンズモジュラー、ライトモジュラー、ディスプレイモジュラー、メディアモジュラーに対応

 
HERO9 Black 用 Max レンズモジュラーが新登場
新製品の Max レンズモジュラー※2を使用すると、HERO9 Blackで、Max HyperSmooth による強力なビデオスタビライゼーションと歪みの少ない超広角 Max SuperView を、最大 2.7K60 の解像度で利用できます。また、Max レンズモジュラーを使用すると、例えカメラを 360 度回転させても水平をキープすることができます。この機能により、コンテンツクリエイターから映画やテレビ業界のプロフェッショナル、週末を思い切り楽しむ人々まで、驚くほど多様でクリエイティブな撮影が可能になります。

HERO9 Black 対応モジュラーには、このほかにも取り外し可能なスポンジ状のウィンドスクリーンが付いた HERO9 Black 用メディアモジュラー 、ディスプレイモジュラー、ライトモジュラー をご用意しています。※2

Max レンズモジュラーは、2020 年10月発売を予定しています。HERO9 Black 用メディアモジュラーおよびディスプレイモジュラーの国内販売日程は未定で、ライトモジュラーは、現在GoPro.com と一部販売店で販売中です。
 

GoPro サブスクリプションへの登録
GoPro サブスクリプションは、GoPro ユーザーに、ベストな価値と End-to-End の総合的な体験を提供します。GoPro サブスクリプションにご登録いただくと、無条件で利用できるカメラの交換補償、GoPro で撮影した写真とビデオをオリジナル品質のまま保存できる無制限のクラウドストレージ、他のライブストリーミングサービスより制限の少ない GoPro.com のプラットフォームを使った高品質ライブストリーミング、GoPro.comでのスペシャルオファーなど、さまざまな特典をご利用いただけます。GoPro サブスクリプションは、年額 6,000 円または月額 600 円でご利用いただけます。

 

HERO9 Black Million Dollar Challenge
GoPro は、今年で 3 年連続となるMillion Dollar Challenge を開催し、新しいフラッグシップカメラの発売を記念したハイライトビデオ制作のための映像を募集します。Million Dollar Challenge は、HERO9 Black ユーザーからビデオクリップを募集し、集まったクリップから、2020 年 12 月に公開予定の HERO9 Black Million Dollar Challenge Video にクリップが採用された方全員で賞金総額 $1,000,000 を均等に分配するというものです。

HERO9 Black のユーザーの皆さんは、本日から、ビデオクリップを撮影し、GoPro.com/Awards より HERO9 Black Million Dollar Challenge に応募していただくことができます。応募締め切りは、2020 年 12 月 4 日 (金) です。

世界各国の販売予定 
HERO9 Black (オープン価格)はGoPro.com で本日より、国内正規販売店にて9月17日より販売を開始します。またGoPro.comではGoPro サブスクリプションの年間会員に登録しているユーザー向けのスペシャルオファーもございます。HERO9 Black のほか、GoPro MAX、HERO8 Black、HERO7 Black が、2020 年の GoPro ラインナップとなります。 

※1アメリカでのサービス名は「GoPro」
※2 価格はいずれもオープン価格
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. GoPro,Inc. >
  3. “More Everything” GoPro HERO9 Black 登場