SRE特化型コンサルティング事業「Sreake(スリーク)」を展開するスリーシェイク、Cloud Native Computing Foundation(CNCF) silver会員に登録

オープンソースでベンダーニュートラルなプロジェクトのエコシステムを育成・維持に貢献

SREに特化したコンサルティングサービス「Sreake(スリーク)」を展開する、株式会社スリーシェイク(本社:東京都千代田区、代表取締役:吉田 拓真、以下スリーシェイク)は、世界最大級のクラウドベンダー、ソフトウェアベンダーを含む、約550社以上のメンバーが参画する「Cloud Native Computing Foundation (CNCF)」にSilver会員として加盟しました。


■Cloud Native Computing Foundation (CNCF)について
技術コンソーシアム Linux Foundation傘下の財団。2015年設立。クラウドネイティブコンピューティング(※)の技術領域に関するプロジェクトの支援を行っています。オープンソースでベンダーニュートラルなプロジェクトのエコシステムを育成・維持することで、パラダイムの導入を促進することを目指しています。 ※クラウド内でワークロードを実行する機能
CNCF URL: https://www.cncf.io/

■Cloud Native Computing Foundation (CNCF)加盟の背景
Cloud Nativeが加速することにより、テクノロジーのさらなる強化が可能となります。Kubernetesをフル活用したハイブリッドクラウド構築支援を展開する当社の成長戦略の加速につながるものと考え、今回の加入に至りました。

■SRE特化型コンサルティング事業「Sreake(スリーク)」
「Sreake(スリーク)」は、SRE(Site Reliability Engineering)による設計及び構築支援から人材育成まで、クライアント組織に深く入り込んだコンサルテーションを提供しています。AWS/GCPなどのマルチクラウドの導入や、KubernetesやIstioを始めとしたクラウドネイティブに特化した技術に強みを持っております。金融・医療・動画配信・AI・ゲームといった様々な業界業種・領域での実績から、最適な課題設定と解決策を提示し、最新技術で、競争力のあるインフラ環境を構築、また維持できるチーム作りをご支援します。
サービスURL : https://sreake.com/

【株式会社スリーシェイク】
スリーシェイクは「インフラの世界をシンプルに、インフラの世界でイノベーションを」をビジョンに、2015年に設立したテクノロジーカンパニーです。社会の根幹を支えるイノベーティブなプロダクトを連続的に生み出すことをミッションに、汎用性の高いインフラシステムの開発・提供をしています。
会社名   :株式会社スリーシェイク
代表者   :代表取締役 吉田 拓真
所在地   :東京都千代田区東神田1-11-14トーシン東神田4F
事業内容 :SRE特化型コンサルティング事業「Sreake(スリーク)」運営
データ連携プラットフォーム「Reckoner(レコナー)」開発・運営
セキュリティ診断サービス「Sreake Security(スリークセキュリティ)」運営
フリーランスエンジニア特化型人材紹介サービス「Relance(リランス)」開発・運営
会社HP  :https://3-shake.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. スリーシェイク >
  3. SRE特化型コンサルティング事業「Sreake(スリーク)」を展開するスリーシェイク、Cloud Native Computing Foundation(CNCF) silver会員に登録