ACALL WorkstyleOSのIoT連携を強化 IoT基盤にMODE, Inc.のMODE IoT Platformを採用

ACALL株式会社(本社:兵庫県神⼾市、代表取締役:⻑沼 ⻫寿、以下「ACALL」)は、WorkstyleOSのIoT機能強化を目的とし、データ収集・蓄積基盤にMODE, IncのMODE IoT Platformを採用することをお知らせいたします。
また、シリコンバレー発のIoT・コネクテッド関連のプラットフォームを提供するMODE, Inc.(本社:アメリカ合衆国・カリフォルニア州サンマテオ、CEO:上田 学、以下、MODE)と働き方分野での事業連携を締結。日本国内で両社のノウハウ技術を活かした「くらし」と「はたらく」のDX推進を行います。


■ IoT採用の背景

ACALLは、「Life in Work and Work in Life for Happiness」をVISIONとして、どこでも安心・安全・快適なワークスタイルを実現するワークスペース管理プラットフォーム「WorkstyleOS」を開発・提供を通じて「くらし」と「はたらく」を自由にデザインできる世界の実現を推進しています。

 

この取り組みをさらに強化するためには人とモノとがつながる技術 IoT「Internet of Things」が不可欠です。IoTによるリモートセンシングをはじめとした先進的なデジタル技術は今後人々の「くらし」の中でより正確な情報を提供し、「はたらく」の中でやりとりされる情報を適切に共有することであらゆるシーンをアップデートしていくと確信しています。

また、With/Afterコロナにおけるワークスタイルの変化によりデジタル・リモート技術の必要性はより急速に進むと考えられます。これに関して、ACALLではリモートチェックインアプリ「ACALL WORK」をリリースしたほか、神戸市東灘区役所の協力のもとで、窓口案内アプリ「ACALL FRONT」の非接触対応実験を実施し、各種チェックインアプリ「ACALL applications」への非接触対応化を進めています。
 



これらの取り組みから、「WorkstyleOS」のIoT連携を強化することがACALLの目指す「どこでも安心・安全・快適」なワークスタイルの実現に適していると考えています。たとえば、赤外線センサーによる行動データの活用で生産性低下の可視化や、二酸化炭素濃度の測定データ活用で密を避ける行動を促すなどの使い方が想定されます。IoT連携機能により、さまざまなシーンでリモートセンシング、非接触テクノロジーなどを活用し、個人とチームの生産性向上につながる安心・安全・快適なワークスタイル・デザインを提案してまいります。


■ MODE IoT Platform採用について

MODEはシリコンバレーに拠点を置くスタートアップ企業であり、MODE IoT Platformをはじめとするエッジ・クラウドIoT技術を提供する企業です。さまざまなセンサーモジュールに対応した「MODE Gateway」と大規模データ収集・高速集計が可能な「MODE Time Series Database」などのクラウドコンポーネントを組み合わせることでオールインワンで自由度の高いIoTデータ収集・配信プラットフォームを構築することが可能です。

世の中に数あるIoTプラットフォームサービスの中で、ACALLが過去に行ったPoC(概念検証)(https://www.tinkermode.jp/interview/acall) ではMODEのプラットフォームが優れた性能を発揮すると評価できました。PoCではMODEが採用する多様なセンサーを自由に組み合わせることで、短期間ですばやく運用評価を実施することができました。またIoT技術導入時における積極的な提案、高速な開発、多岐にわたるノウハウ提供など、協働でIoTビジネスを推進していくMODEのビジネススタイルはACALLのスタイルとも合致するものであるため、事業連携を結び共同で働き方分野におけるDXを推進していく予定です。


■ MODE, Incからのコメント(CEO 上田 学氏)

ACALL様のWorkstyleOSのコンセプトは働く人を取り巻く環境すべてが対象になっています。その中にはオフィス機器やオフィス環境など、物理的に存在する「モノ」も多く関わってきます。弊社では様々な機器・センサーから信頼性の高いデータ収集をする技術を提供することで、ACALL様と並走する形でWorkstyleOSの目指す世界の実現をより一層確かなものにするお手伝いができると思っています。


■MODE, IncとACALL株式会社の共催ウェブセミナーを開催

テーマを「IoT&Workstyle DX 各企業のCEOが語る!それぞれの実践からみえたこれからのワークスタイルDXのあり方」と題し、MODE, IncとACALL株式会社の共催ウェブセミナーを開催します。
お申し込み・詳細:https://www.acall.jp/event/seminar-202009/


■ACALL株式会社について

私たちは、「Life in Work and Work in Life for Happiness」をVISIONとして、どこでも安心、安全、快適なワークスタイルを実現することで、個人が「くらし」と「はたらく」を自由にデザインできる世界を実現します。

代表取締役:⻑沼 ⻫寿
所在地:(神⼾本社)兵庫県神⼾市中央区江⼾町 104 2F
            (東京オフィス)東京都渋谷区道玄坂1-16-6 二葉ビル2F
設 ⽴:2010年10⽉
URL:https://corp.acall.jp/
事業概要 :WorkstyleOSの開発および提供
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ACALL株式会社 >
  3. ACALL WorkstyleOSのIoT連携を強化 IoT基盤にMODE, Inc.のMODE IoT Platformを採用