ハニカムラボ 、成⽥国際空港に特別展示される「光る江戸図」を「Gatebox」上のバーチャルキャラクターが旅行者に紹介するシステムを開発。「Gatebox」をビジネス活用した事例として国内初

「Gatebox」に召喚された国⽴歴史⺠俗博物館3Dキャラクター「もみちゃん」が「光る江戸図」を多言語で解説

株式会社ハニカムラボ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:河原田 清和、以下、ハニカムラボ)は、2020年3⽉12⽇(⽊)より成⽥国際空港において展示開催される「光る江戸図で感じる日本」にて、「Gatebox」に召喚された国⽴歴史⺠俗博物館3Dキャラクター「もみちゃん」が、多言語で「光る江戸図」を解説するシステムを開発、提供したことをお知らせいたします。なお、本展示は「Gatebox」をビジネス活用した事例として国内初の事例となります。

 

 


2020年3⽉12⽇(⽊)より、成⽥国際空港にて「光る江戸図で感じる日本」が展示開催されます。
本展示では、国立歴史民俗博物館が所蔵する江戸図屏風の高精細画像をもとに、ファブリック素材に印刷された「光る江戸図」と先端の「解説用ICT機器」を展示します。これにより、訪日観光客及び日本人旅行客に対して日本の歴史と文化への親しみと興味を喚起し、国立歴史民俗博物館の位置する佐倉市をはじめ近隣エリアへの訪問を促します。

ハニカムラボは、「Gatebox」に召喚された国⽴歴史⺠俗博物館3Dキャラクター「もみちゃん」が、多言語(日本語・英語・中国語・韓国語)で「光る江戸図」の解説を行うシステムを開発、「Gatebox」の国内初のビジネス活用事例として本展示にご活用いただきます。

■展示概要
成田国際空港×国立歴史民俗博物館 特別展示
「光る江戸図で感じる日本」
  • 展示期間:2020年3⽉12⽇(⽊)~6⽉末までを予定
  • 展⽰場所:成⽥国際空港第2ターミナル 出国⼿続き後エリア(「NARITA SKY LOUNGE 和」内)
※本展⽰は第2ターミナル出国⼿続き後エリア内に設置されるため、第2ターミナルから国際線で出発するお客さまのみご覧いただけます。

※本展⽰は、訪⽇外国⼈や千葉県外観光客の県内誘客促進を⽬的に、成⽥空港活⽤協議会が国⽴歴史⺠俗博物館に業務委託した事業であり、佐倉市、株式会社千葉銀⾏、NTT東⽇本千葉事業部が本事業に協⼒しています。

■「Gatebox」に登場するキャラクター
国⽴歴史⺠俗博物館3Dキャラクター「もみちゃん」

 


■オリジナルGateboxアプリの開発について
「Gatebox」は、Gatebox株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:武地 実、以下、Gatebox)が開発・販売を行う"キャラクター召喚装置"。ハニカムラボは、Gateboxとビジネスパートナーとして提携しており、様々なビジネスシーンにおいて利用可能な「オリジナルGateboxアプリ」の開発を承ります。 「Gatebox」を使った仕掛けや様々なコンテンツに関して、企画面および技術面でのサポートから、実際の開発〜リリースまでワンストップで対応可能です。

■「Gatebox」について

「Gatebox」は、好きなキャラクターと一緒に暮らせるキャラクター召喚装置です。最新のプロジェクション技術とセンシング技術を組み合わせることで、キャラクターをボックス内に呼び出してコミュニケーションをとることができます。
https://www.gatebox.ai/

■ハニカムラボについて
企業ビジョンは「ワクワクする未来、便利で楽しい社会を実現する」こと。
多種多様なスキルを持つメンバーが集まって、世の中にあるたくさんの課題やアイディアに対し、クリエイティブとテクノロジーの力で、今までにないユーザー体験、世の中が驚く表現、根幹を支える仕組みの構築など、さまざまなカタチで解決し、ワクワクする未来の実現を目指します。
主に、xR (VR / AR / MR)、デジタルサイネージなどのインタラクティブコンテンツや、スマートフォンアプリの分野での開発を得意とし、多くの企業のデジタルプロモーションやイベント、商業施設の常設展示コンテンツ等の企画・開発を担当、国内外の広告賞なども数多く受賞履歴があります。
公式サイト:https://www.honeycomb-lab.co.jp/

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社ハニカムラボ
e-mail : press@honeycomb-lab.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ハニカムラボ >
  3. ハニカムラボ 、成⽥国際空港に特別展示される「光る江戸図」を「Gatebox」上のバーチャルキャラクターが旅行者に紹介するシステムを開発。「Gatebox」をビジネス活用した事例として国内初