Plug and Play Japan、アフラックとInsurtech分野における「アンカー・パートナーシップ」を締結

Plug and Play Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ヴィンセント・フィリップ、以下「Plug and Play Japan」)は、アフラック生命保険株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:古出 眞敏、以下「アフラック」)と、Insurtech(保険×テクノロジー) 分野での「アンカー・パートナーシップ」契約を締結いたしました。

Plug and Play は革新的な技術やアイディアを持つスタートアップを、大手企業とともに支援していく世界トップレベルのグローバル・ベンチャーキャピタル/アクセラレーターです。

※アクセラレーションプログラムとは
大手企業がスタートアップと協業・出資などを目的とし、オープンイノベーションの一環として期間限定で行われるプログラム。

実は保険は人類が電気を使う前から存在していたもの。交易ビジネスの発展に貢献し、その後も貿易で利用され発展をしていきました。長い期間存在するものだからこそ変化を実現するための時間、つまり新たなイノベーションが成長するための時間が存在します。
「Insurtech」プログラムは、データの分析や新しい仕組みづくり、顧客との接点づくりなどに影響を与えるスタートアップとを結ぶエコシステムの形成を目指すプログラムです。

Insurtech の企業パートナーの1社としてアフラックをお迎えし、Plug and Playのプログラムを通して、素晴らしいスタートアップと保険会社を1つのイノベーションプラットフォームを通じて、歴史ある産業を新しい世界へ向かう支援をしてまいります。


■アフラック生命保険株式会社 上席執行役員 島田智行様のコメント
このたび、Plug and Play Japanとパートナーシップ契約を締結できたことを大変喜ばしく思います。
弊社は、2024年に創業50周年を迎えるにあたり、目指すべき姿として「Aflac VISION2024」を掲げ、「生きる」を創るリーディングカンパニーとして社会に貢献していくことを目指しています。
今回のパートナーシップ契約の締結により、国内外のスタートアップ企業との連携を深め、アフラックのアセットとスタートアップのイノベーション創造力をもって、一人ひとりが自分らしく“生きる”を創ることができる社会の実現に向けて取り組んで参ります。

Plug and Play Japanのアクセラレーションプログラムについて
2018年6月〜9月期に実施したアクセラレーションプログラム 「Batch 1」では、 4業界(IoT、Fintech、Insurtech、Mobility)において、公式パートナーである国内大手企業14社と共に、国内外併せて53社のスタートアップを支援しました。成果発表会であるEXPO(一般的にDemo Dayと呼ばれるもの)では、2日間を通して45社のスタートアップが3ヶ月間の成果を発表、1,251名が参加しました。
11月末から始まった「Batch 2」では、Batch 1から引き続き4業界(IoT、Fintech、Insurtech、Mobility)において、21社となった大手国内企業の公式パートナーと共に、国内外合計59社のスタートアップを採択を決定いたしました。

Plug and Play について
Plug and Play は革新的な技術やアイディアを持つスタートアップを大手企業とともに支援していく世界トップレベルのグローバル・ベンチャーキャピタル/アクセラレーターです。
毎年50を超えるアクセレータープログラムを実施し、250社超の企業へイノベーションを提供する、投資案件数ではシリコンバレーで最も活発なベンチャーキャピタルです。
2006年の創立から、私たちは 2,000 社を超える企業をアクセラレートし、70億ドルを超える資金調達を達成しています。また、全世界に 26 拠点のオフィスを構え、年間を通して500 社以上のスタートアップが入居しています。

昨年2018年はプログラムを通じて、米国本社では560社以上の、グローバルでは1,100社を超えるスタートアップを支援し、投資は222社の投資を実施しました。
現在は Guardant Health、Honey、Soundhound、Zoosk 等を含めた 750 社のアクティブな ポートフォリオ企業を所有しています。
エグジットの成功例としては、Dropbox (時価総額110 億ドルでの IPO)、PayPal(Ebay により買収)、
Vudu(Walmart により買収)、Danger と Powerset(Microsoft により買収)、Lending Club (時価総額90 億ドルでの IPO)、直近ではGuardant Health(時価総額16億ドルでのIPO)などがあります。
現在、世界11カ国26拠点に拡大し、Plug and Play Japanはその日本支社として、昨年7月に設立されました。


会社概要
名称    Plug and Play Japan株式会社
所在地   〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂一丁目10番8号 渋谷道玄坂東急ビル2F代表者   
代表取締役社長  ヴィンセント・フィリップ
URL    http://japan.plugandplaytechcenter.com/
設立年月日 2017年7月14日
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Plug and Play Japan株式会社 >
  3. Plug and Play Japan、アフラックとInsurtech分野における「アンカー・パートナーシップ」を締結