Klookがイーティックスデータファームと戦略的業務提携

システム連携と販売協力により、全国の美術館・博物館のオンライン予約を加速

旅行・レジャー予約プラットフォームのKlookは、9月27日、オンラインチケット予約サービスのイーティックスデータファーム(以下、イーティックス)との戦略的業務提携により、イーティックスがチケットシステムを提供する全国の美術館・博物館とのシステム連携や販売において、協業していくことをお知らせいたします。

【業務提携の概要】
今回の提携により、Klookはイーティックスのオンラインチケット予約サービスを導入している全国の美術館・博物館の入館チケットを、Klookのプラットフォーム上でも順次、販売開始いたします。消費者は施設ごとに個人情報を入力しなくても、Klook会員であれば簡単にチケット購入が可能となります。
各施設は開発コストをかけることなくイーティックス経由で自動的にKlookに商品掲載、販売チャネル拡大が実現できます。またイーティックスは、Klookのデジタルソリューション活用によってKlookを通じた販売実績などの管理が可能です。
一方、KlookとイーティックスはAPI連携によってチケット在庫を共有し、Klookが決済を管理します。Klookは14言語と41通貨、及び30以上の決済手段に対応しているため、インバウンド需要回復時にはグローバル市場でのプレゼンス向上と世界中の消費者からの予約増加が実現します。
提携の第一弾として、まずは大塚国際美術館(徳島県)のチケットをKlook上でも10月以降に販売開始します。

徳島県鳴門市の大塚国際美術館 スクロヴェーニ礼拝堂。イーティックスとの提携によりKlook上で大塚国際美術館のチケットを10月以降、販売開始予定。(画像提供:大塚国際美術館。収蔵作品を撮影。)徳島県鳴門市の大塚国際美術館 スクロヴェーニ礼拝堂。イーティックスとの提携によりKlook上で大塚国際美術館のチケットを10月以降、販売開始予定。(画像提供:大塚国際美術館。収蔵作品を撮影。)

【イーティックスデータファーム 代表取締役社長 原田 栄二氏コメント】
etixはこれまで世界的なミュージシャンのワールドツアーや国際的なスポーツイベント、美術館・博物館など文化施設の入場チケットを「誰でも、どこでも、言葉や国境を意識せずに簡単予約できるようにする」ことをミッションに、オンラインチケット予約の事業を展開してきました。この度のKlook社との提携により、日本全国の文化施設や歴史遺産、自然遺産を国内外に紹介し、持続性のある地域観光の発展に貢献してまいります。

【Klook日本法人 ゼネラルマネージャー 増田 航(ますだわたる)コメント】
「Klookは世界中のユーザーが、いつでもどこでも最高の体験をオンラインで簡単に検索・予約できるようにすることをミッションに、事業を展開してきました。イーティックス社との協業により、Klookのプラットフォームを通じて日本を代表する文化施設の魅力を国内外に発信することが可能となります。両社の強みを生かし、日本の観光・レジャー業界のデジタル化と発展に貢献してまいります。」

【イーティックスについて】
2000年に創業したイーティックスが提供するetixシステムは、世界最大級のオンラインチケット予約サービスです。特徴は、面倒なアプリのダウンロードや、会員登録などの事前作業が一切不要で、スマホやWebサイトから、購入者はいつでもどこでも世界各地の美術館や博物館、観光施設ならびに音楽・スポーツ等のイベントの公式サイトより簡単に入場券を予約、購入することができます。システム提供のジャンルは多岐にわたり、美術館・博物館のほか、テーマパークやツアー、交通機関、有名ミュージシャンのワールドツアー、プロ野球球団、歌舞伎公演、ミュージカルなど、世界70か国以上、イベント数では100万件以上の販売実績があります。
「etix」サイトURL:https://etix.co.jp

【日本での実績】
2003年9月に日本法人を設立し、様々なジャンルの興行主催者に対して、自社の公式サイトからチケット直販を可能とするASPサービス事業を開始しました。日本の主要新聞社、テレビ局、セブン-イレブンジャパン、宝塚歌劇団ほか多数のパートナーと提携し日本語版サービスを展開。2006年には、美術館・博物館の入場券をオンラインで事前予約、購入できるシステムを日本初となるサービスとして開始。
東京国立博物館、国立新美術館など日本を代表する国立系施設のほか、大塚国際美術館、地中美術館、草間彌生美術館、MOA美術館など世界的にも評価の高い有力美術館のインバウンド対応にも貢献しています。また、博多座、御園座、TBS赤坂ACTシアターなどの劇場、上野動物園・葛西臨海水族園などの観光施設等、幅広い世代の利用者で賑わう施設、イベントで利用されているチケッティングシステムです。

【イーティックスデータファーム 会社概要】
社名 :  株式会社イーティックスデータファーム(英語表記:K.K.ETIX DATAFARM)
本社 :  東京都渋谷区渋谷2–6–14 渋谷今井ビル6F
代表者:  代表取締役社長 原田栄二
設立 :  2003年9月
資本金:  8,100万円
事業内容:オンライン事前予約サイト(世界各国の美術館・博物館、コンサートなどのオンライン予約に特化したプラットフォーム)「etix」の開発および運営
URL :https://etix.co.jp

【Klook(クルック)について】
2014年に設立したKlook(クルック)は、世界をリードする旅行・レジャー予約プラットフォームです。Klookでは世界中のユーザーが、いつでも、どこでも、最高の体験やサービスを見つけ、予約できるサービスを提供しています。世界各国の人気アトラクション、ツアー、移動サービス、ホテル、グルメ、特別な体験など、ウェブサイトとアプリ(Google Play&Apple App Storeが選ぶ「ベストオブイヤー」を連続受賞)からシームレスに検索・予約することが可能です。500か所以上の旅行先に28万点を超えるラインナップを取り揃え、ユーザー一人ひとりのオリジナルな旅づくりをサポートしています。Klookは世界主要都市に拠点をかまえ、14言語と41種類の表示通貨に対応しています。
Klook(日本語版):https://www.klook.com/ja/
Android: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.klook&hl=ja
iOS: https://itunes.apple.com/JP/app/klook/id961850126

【日本での実績】
当社は2017年9月に日本法人を設立し、訪日外国人観光客向けの旅行体験商品によるインバウンド事業を開始しました。JTB、小田急電鉄、JR西日本、JR九州ほか多数のパートナーと提携し、180か国以上に広がるKlookユーザーに日本の魅力をアピールしています。2019年4月には日本語版サービスをリリースし、日本人向け海外旅行商品を提供開始。2020年6月に国内の旅行・レジャー商品をリリースし、インバウンド・アウトバウンド双方で培った商品ラインナップや強みのテクノロジーを生かして、日本人の国内旅行市場も強化しています。

【Klook Travel Technology Limited 会社概要】
社名:  Klook Travel Technology Limited(クルック・トラベル・テクノロジー・リミテッド)
本社:  香港 (22/F, Kinwick Centre, 32 Hollywood Road, Central, Hong Kong)
代表者:  共同創業者兼CEO, 林照圍(英語名:イーサン・リン)
設立:   2014年9月
資本金:   約747億円(7.2億米ドル)
事業内容: 旅行・レジャー予約サイト「Klook」の開発および運営
URL:   https://www.klook.com/

【Klook Travel Technology合同会社 会社概要】
社名 :  Klook Travel Technology合同会社
日本本社 :  東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F WeWork
設立:   2017年9月
資本金 :  2,500万円
事業内容:  旅行・レジャー予約サイト「Klook」の開発および運営
URL:  https://www.klook.com/ja/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Klook(クルック) >
  3. Klookがイーティックスデータファームと戦略的業務提携