補助金を活用した電気自動車・V2Hの導入支援による「タフな地域コミュニティづくり」

リフェコ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長 山森卓夫 以下、リフェコ)は、補助金を活用した電気自動車・V2H導入を積極的に支援しています。2050年カーボンニュートラルに向けて2035年までに国内販売の新車100%電動化を目指す国の方針にあわせて、電気自動車関連の補助金が拡充されています。そこで電気自動車やV2H導入予定の方へ、経済産業省「令和2年度第3次補正予算クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金」、環境省「令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金」を活用した導入支援に取り組んでいます。電気自動車を扱う自動車販売会社各社と連携して、補助金情報提供や申請手続き等を行っています。
■リフェコによる補助金導入支援実績(2021年7月27日時点)
・補助金申請件数:76件(2020年実績40件)
・主な申請車種:日産リーフ 他
・電気自動車申請容量:3,495.8kWh

■今後の補助金導入支援の見通し
リフェコは、「2021年補助金導入支援目標50件」を達成したため、目標を100件に上方修正しました。今後も目標達成に向けて積極的に支援を続けてまいります。

■補助金の目的
本補助金は、グリーン社会の実現を進めるため、電気自動車・燃料電池自動車等の導入拡大と同時に、日常・非常時ともに活用できる充放電設備/外部給電器の普及や、再エネ電力を使ったゼロカーボンのライフスタイルの普及を促進することを目的としています。

■補助金概要
①経済産業省補助事業
・事業名   :「災害時にも活用可能なクリーンエネルギー自動車導入事業費補助金」
・補助金名  :「令和2年度第3次補正予算クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金」
・補助対象者 :「電気自動車、プラグインハイブリッド車、燃料電池自動車」と「外部給電器/V2H充放電設備」を同時に購入する個人(法人は対象外)

②環境省補助事業
・事業名   :「再エネ電力と電気自動車や燃料電池自動車等を活用したゼロカーボンライフ・ワークスタイル先行導入モデル事業」
・補助金名  :「令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金」
・補助対象者 :「電気自動車、プラグインハイブリッド車、燃料電池自動車」を購入し、かつ「再エネ100%電力調達」を満たす個人、地方公共団体、その他中小法人等(独立行政法人を含む)

◆補助金上限額(万円)

※詳細情報はこちらより→ http://www.cev-pc.or.jp/hojo/r02hosei-cev.html


■電気自動車・V2Hの導入メリット
電気自動車・V2Hを導入することで、太陽光発電などのクリーンエネルギーを電気自動車に充電し、貯めた電気を家庭内に供給することが可能となります。夜間の安価な電力を日中に使用することで経済的なメリットがあるだけでなく、ピークシフトに貢献し、環境的なメリットにも繋がります。また、災害時に非常用電源として使用する事ができるメリットもあります。

■電気自動車・V2Hの導入支援による「タフな地域コミュニティづくり」
本補助金の目的は、リフェコのビジョンである「タフな地域コミュニティづくり」と直結しています。タフな地域コミュニティとは、地域内での「再生可能エネルギーの地産地消」です。電気自動車・V2Hの導入支援により、つくった再生可能エネルギーを「ためる」ことができるようになることから地域内での再生可能エネルギーの安定供給に繋がり、安心して住み続けられる「タフな地域コミュニティづくり」に繋がります。
リフェコのビジョン達成に向けて、本補助金の導入支援を積極的に進めてまいります。


 ・リフェコ株式会社について
設立 :1995年5月
所在地:福岡県福岡市博多区博多駅南1丁目3番11号
代表者:代表取締役社長 山森 卓夫
URL:https://www.lifeco.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
リフェコ株式会社 営業推進部:辻・武田
TEL:092-475-5200 FAX:092-475-5201
受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)
  1. プレスリリース >
  2. リフェコ株式会社 >
  3. 補助金を活用した電気自動車・V2Hの導入支援による「タフな地域コミュニティづくり」