【いばらきスポーツタウン・マネジメント】M-SPO(まちなか・スポーツ・にぎわい広場)内アリーナネーミングライツ契約締結

『M-SPOアリーナ』→『ユードム アリーナ』へ

この度、株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント(本社:茨城県水戸市、代表取締役社長:山谷拓志、以下「茨城ロボッツ」)の100%子会社である株式会社いばらきスポーツタウン・マネジメント(本社:茨城県水戸市、代表取締役社長:川﨑篤之、以下「ISTM」)では、ISTMが管理・運営するM-SPO(まちなか・スポーツ・にぎわい広場)内アリーナにつきまして、株式会社ユードム(本社:茨城県水戸市、代表取締役社長:森 淳一、以下「ユードム」)様とネーミングライツ契約を締結し、アリーナ名称を『M-SPOアリーナ』から『ユードム アリーナ』へ変更することとなり、4月22日(月)、『ユードム アリーナ』(水戸市南町3-6-8)にてネーミングライツ契約に関する記者会見を行いました。

M-SPO内のアリーナに関しましては、本日2019年4月22日(月)より、正式名称『ユードム アリーナ』へ変更となります。


■株式会社ユードム 代表取締役社長 森 淳一 コメント


本日こうして地元市街地のど真ん中に看板を掲げることができ、とても光栄でございます。今回のネーミングライツの目的は、「地域貢献」と「知名度の向上」です。地域貢献に関しましては、これまでも水戸ホーリーホックさんの支援や、水戸市立中学校全校への当社製CO2測定器を寄贈するなどの活動をしてまいりました。今回、水戸の街中活性化にもご尽力されている茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメントさん、ならびにいばらきスポーツタウン・マネジメントさんへのご支援を通じて、街中ににぎわいを取り戻すという点でも、地元に貢献したいという思いからネーミングライツ契約をさせていただきました。

また、当社はB2Bのビジネスで、一般的にはほとんど知られておりません。しかしながら今後は地域に根付くIT企業として、多くの地元のお客様のビジネスにITで貢献し「茨城でITを相談するならユードム」というブランドを構築していきたいと考えております。まずは、聞いたことある会社だなとか、見たことあるなというところから認知していただき、営業活動に繋げていければと考えております。副次的な効果としては、ユードムのシンボル的な建物が街のど真ん中に存在することにより、ユードムグループ社員の帰属意識や結束がより高められることも期待しています。

 
■株式会社いばらきスポーツタウン・マネジメント 代表取締役社長 川﨑篤之 コメント


この度、株式会社ユードム様の多大なご支援によりM-SPOの多目的アリーナの名称が新たに「ユードム アリーナ」と決定いたしました。街の真ん中にある芝生の広場「南町自由広場」と「ユードム アリーナ」がつながりあい、多くの人に愛され、子どもたちの記憶に残る街の風景となることを強く願っています。

特にこのアリーナでは数多くのROBOTSバスケットボールスクールやU15バスケットボールチームの活動が活発に行われ、元気な声が響くなかで子どもたちが真剣に練習にうちこんでいます。ユードム様はキャッチフレーズとして「技術と人間力」を掲げておられます。私たちのとりくみもスポーツを通じた技術力と人間力の向上に努めていることから、親和性も高く、ともにパートナーとして連携の幅も広げていけるものと嬉しく思っております。今回のネーミングライツをはじめ、M-SPOサポートカンパニー様のご協力は地域をこの場所から元気にしていく大きなエンジンです。この輪をますます大きくしながら、みんなの想いを集め、力に変え、さらに魅力的な空間となれるよう、今後ともいばらきスポーツタウン・マネジメントはチャレンジを進めてまいります。

■株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント 代表取締役社長 山谷拓志 コメント


この度、株式会社ユードム様のご支援によりM-SPOアリーナの名称が「ユードム アリーナ」となりましたことを大変喜ばしくまた誇らしく思っております。あらためまして株式会社ユードムの代表取締役会長 皆川 藤孝様、代表取締役社長 森 淳一様ほか皆様に厚く御礼を申し上げます。ユードム様ほかM-SPOの維持発展にご支援ご協賛を頂いております各企業様とともに、水戸市の中心市街地をより一層活性化することができるよう、また茨城ロボッツもその一助となれますよう努めて参る所存です。これからも「まちなか・スポーツ・にぎわい広場(M-SPO)」ならびに「茨城ロボッツ」にご期待をいただけましたら幸いです。


【ユードム アリーナについて】
ROBOTSバスケットボールスクールやサイバーダイン茨城ロボッツ・U15の練習のほか、各種スポーツイベントやクリニックなど、『スポーツで街中ににぎわいを』をテーマに、バスケットボールそしてスポーツを通じて地域の子どもたちの可能性を広げる、子どもたちが楽しめるイベントを開催しております。また、サイバーダイン茨城ロボッツのイベント開催や選手の個人練習などもおこなわれ、プロスポーツチームを身近に感じることができる場所となっています。黄門まつりや格闘技イベント、マルシェ、地域の幼稚園の運動会など、街を元気にする催しにご利用をいただいています。今後も、スポーツイベントはもちろん、街中を盛り上げるイベントをたくさん開催していきたいと思っております。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント >
  3. 【いばらきスポーツタウン・マネジメント】M-SPO(まちなか・スポーツ・にぎわい広場)内アリーナネーミングライツ契約締結