(社)中部盲導犬協会へ盲導犬育成費を寄付

株式会社ニデック 創業50周年

 眼科医療機器メーカーである株式会社ニデック(本社:愛知県蒲郡市、代表取締役社長:小澤素生)は、目に携わる企業として、創業50 周年の記念事業の一環で、8 月7 日(土)に社会福祉法人 中部盲導犬協会(名古屋市)へ盲導犬育成費100 万円を寄付しました。
 8 月7 日(土)に弊社内で開催しました50 周年式典に、中部盲導犬協会の協会役員の方々と盲導犬1 頭(エーデル号)のご臨席をいただき、贈呈式をおこないました。

写真左:弊社代表取締役社長 小澤 素生、写真中央・右:中部盲導犬協会の方々とエーデル号写真左:弊社代表取締役社長 小澤 素生、写真中央・右:中部盲導犬協会の方々とエーデル号

  • 寄付の背景
 現在日本では、多くの方が盲導犬の助けを必要とされていますが、まだまだ不足している状態です。盲導犬育成費用のうち、約10%は国や行政からの補助金、残りの約90%は社会の皆さまからの寄付や募金でまかなわれています。今回の寄付金は、盲導犬の育成にご活用いただく予定です。1 人でも多くの希望者の方へ盲導犬が届くことを、社員一同願っております。

 弊社は、今後も社会的課題の解決に向けた取り組みを通じて、持続的な社会の発展を目指します。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ニデック >
  3. (社)中部盲導犬協会へ盲導犬育成費を寄付