株式会社LightblueTechnologyはヒューマンセンシングAIで労働災害ゼロの社会を実現し、労災を過去の遺物とします!

株式会社LightblueTechnologyは、ヒューマンセンシングAI・動作解析AIを用いてあらゆる労働災害の根絶を目指しています。

※本プレスリリースは4月1日実施のエイプリルドリームプロジェクトにて発信されています。通常のプレスリリースとは異なり、企業・団体がいつか叶えたい「夢」の内容の発信です。

当社は、「April Dream 4月1日は、夢の日。」に参加しています。このプレスリリースは株式会社LightblueTechnologyのApril Dreamです。


■労災という切実な問題を先端技術で解決する

労働災害は、労働災害に遭われたご本人だけでなくご家族まで不幸になるとても切実な問題です。今、日本では1日に約350人が労働災害に遭っています。
(平成31年・令和元年の「休業4日以上の死傷災害」は125,611 人。厚生労働省平成31年・令和元年「労働災害発生状況」より。)

特に建設業や製造業では労働災害の発生件数はまだまだ多く、その分野で働いている人やその家族にとっては不安があることと思います。しかも、その分野での就業者は65歳以上の比率が2007年と比べて倍増しています。
(※2007年約7%⇒2020年約14%。内閣府「高齢化白書」より)

人口減少、少子高齢化が進む現代では、労働災害防止の対策の必要性は益々高まっています。

こうした中で、株式会社LightblueTechnologyは、「先端技術を用いて労働環境を向上させる」というミッションを掲げ、「労災ゼロ」を目指してAI開発を進めています。

ひと昔前に「天然痘」は人に対して猛威を振るい、多くの方が命を落としました。しかし、ワクチン開発という技術革新によって「身近な脅威」から「歴史の教科書で紹介されるような過去の遺物」へと認識が変化していきました。今では、子供たちは過去のものとして天然痘を知ることでしょう。

これと同じように、AI開発という技術革新によって「労働災害」が「歴史の教科書で紹介されるような過去の遺物」へと変化していく。この「夢」を達成するため、私たちはAI開発に取り組んでいます。

■ヒューマンセンシング技術で危険行動を検知

私たちが開発したヒューマンセンシングAI技術は人の動作にフォーカスして動作解析を行い、人間に代わって映像を通して人の状態や危険な物を判断することができます。ヒューマンセンシングAIは人間が見守るのと同じように、リアルタイムで人の映像から骨格やその変化を読み取り、現場作業者が危ない行動をしていないか・危険物に不用意に近づいて危ない状態になっていないか、を検知することができます。また、こうしたデータを蓄積して分析、工程改善に使う事もできます。

ヒューマンセンシングのイメージは以下の動画からご覧いただけます。
https://youtu.be/u2s7YdQ7Gzs
ヒューマンセンシングAIを用いて、例えば人と重機の接触防止といったテーマにも取り組めます。(清水建設様と共同開発)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000038247.html

他にも、階段における不安全行動、手すり不保持や階段の一段とばし、よそ見などの自動検知・自動アラートシステムの構築等にも取り組みました。(中部電力様に技術提供)

また、「先端技術を用いて労働環境を向上させる」を達成すべく、リアルタイムで音声を録音し文字起こしができる日本で初めてのWeb会議向け議事録作成支援ツール「Texta」も開発しました。
これを用いることで会議の議事録作成にかかる無駄な時間を大幅に削減し、業務を効率化することができます。

(プレスリリース)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000027.000038247.html
(サービスページ)
https://textalp.lightblue-tech.com/

このようなサービスにご興味がありましたら、以下弊社HPよりお気軽にご連絡ください。
https://www.lightblue-tech.com/contact/
■株式会社Lightblue Technologyについて
Lightblue Technologyは、Deep Learningを中心としたAIアルゴリズムを社会実装することで、「先端技術を用いて労働環境を向上させる」ことをミッションとする会社です。
人にフォーカスした画像解析AI「ヒューマンセンシング」によって現場作業員の活動を数値データ化&見える化し、業務効率の改善や安全性向上を、短期間でかつ容易に実現できるソリューションや、情報抽出に特化した言語処理AI「Texta」によって、議事録や要約作成を支援するソリューションを提供。
労働災害の防止、製造ラインの作業管理等の労働現場の問題、オフィスワークのDX化や働き方改革等にお悩みのお客様にご愛顧いただいております
名称:株式会社Lightblue Technology
設立:2018年1月
代表者:園田 亜斗夢
所在地:〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-28-5 axle御茶ノ水 P203
公式HP:https://www.lightblue-tech.com/
「April Dream」は、4月1日に単に笑えるネタではなく実際に企業が叶えたい夢を発信する、PR TIMESによるプロジェクトです。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Lightblue Technology >
  3. 株式会社LightblueTechnologyはヒューマンセンシングAIで労働災害ゼロの社会を実現し、労災を過去の遺物とします!