全心連「ウクライナ交流センター」、8月1日より名称変更

~心のケアメニューを拡充~

 日本で唯一の心理カウンセラーの業界団体である一般社団法人全国心理業連合会(東京都渋谷区、代表理事:浮世 満理子、以下「全心連」)は、2022年5月に開設した「ウクライナ交流センター」での心のケアメニュー拡充にあたり、8月1日から名称を「ウクライナ「心のケア」交流センター」に変更することになりましたのでお知らせします。
■背景・目的
 全心連ではウクライナから避難されてきた方々や、在日ウクライナの方々に対する心のケアとして、情報共有を行う環境をつくることがひとつの支援になると考え、日本の親子とウクライナの親子が気軽に交流できる「ウクライナ交流センター」を2022年5月に東京都と大阪府に開設しました。これまでの心のケアを目的とした催しにおいて、人と人とがつながることでウクライナの方々の安心、メンタルヘルスに貢献できることを実感致しました。
 全心連が行ってきた東日本大震災の心のケアなどにおいて、いったん生活が落ち着いたころにフラッシュバックが起こることがわかっています。ウクライナから避難されてきた方への支援においても、生活支援より、個別でのカウンセリング依頼が増えて参りました。このため、名称を「ウクライナ「心のケア」交流センター」に変更し、ウクライナから避難してきた親子に対する心のケアメニューをより拡充致します。引き続き、本交流センターに協力いただいている在日ウクライナ人スタッフ、東日本大震災等での心のケアの経験がある「話を聴くプロ*(全心連公認プロフェッショナル心理カウンセラー)」、ボランティアスタッフとの連携により、ウクライナの方々が少しでも安心いただけるよう取り組みます。

2022年7月16日「アートワークショップ」2022年7月16日「アートワークショップ」

■心のケアメニュー拡充について
 8月1日から、全心連「ウクライナ「心のケア」交流センター」では、今までの活動に加えて以下を行って参ります。
  1.  ウクライナ避難民による、ウクライナ避難民の方への相談対応(ピアカウンセリング)
     ウクライナから避難されてきた方のうち、希望される方にカウンセリングスキルなどについてのセミナーを実施し、スキルチェックに合格された方をUKRピアカウンセラーとして全心連が認定します。UKRピアカウンセラーはオンラインで、ウクライナから避難されてきた方が母国語で話せる話し相手として、困りごとをお聴きします。惨事(戦争)ストレスによるトラウマや深い悩みなどは、全心連の「話を聴くプロ」との心理カウンセリングを受けるよう勧め、予約の取り方をお伝えします。
  2. 子どもの心のケアの強化と、心理カウンセリング体制の強化
     特に感情が不安定になっている子どもたちが多いことを受け、本交流センターの開設時から協力いただいている、株式会社アイディアヒューマンサポートサービスが開講する「アイディアメンタルトレーニング個別塾」との連携により、子どもの心のケアを強化します。
     また、「ウクライナ「心のケア」交流センター」での対面での心理カウンセリングに加え、オンラインで心理カウンセリングを受けることができる体制を整えます。
  3. 無料での日本語教室
     日本語教室を希望される方には事前に、申込フォームで年齢、日本語レベル、日本語学習経験、目的、勉強に来れる日などを事前にお答えいただきます。回答内容に添った日本語指導ができる人を手配し、定期的に日本語教育を行います。
  4. スポーツ教育を通じた日本文化の理解とチームワークの形成
     これまで実施してきた「みんなで食卓を囲む会」に加え、みんなでスポーツをすることにより、心身の健康を図るとともに、日本の親子との交流を行う中で相互理解と教育を行います。
  5. 生活支援の充実
     生活が安定することは、精神安定には欠かせないものです。日本での生活がいったん落ち着いた時に、ウクライナから避難されてきた方々が仕事を見つけていけるような機会を、自治体や企業の協力のもと設けます。経営者向けにセミナーを行い、ウクライナ避難民の状況や仕事をするときの条件面等の配慮事項を伝える取り組みも行います。

■「ウクライナ「心のケア」交流センター」について

ウクライナ「心のケア」交流センターウクライナ「心のケア」交流センター

 一般社団法人全国心理業連合会が運営する、日本の親子とウクライナの親子が気軽に交流でき、「話を聴くプロ」が心のケアも行える場所として、2022年5月2日に東京・渋谷、2022年5月13日に大阪・梅田に「ウクライナ交流センター」が開設されました。ウクライナ避難民の方々が心の安らぎを得られる、安心できる場を設けることを目的とし、日本での困りごと相談・情報提供、日本の子どもたちとウクライナの子どもたちの交流、「話を聴くプロ」による心のケア・リラクセーションサポートを、一般社団法人プロフェッショナル心理カウンセラー協会後援、株式会社アイディアヒューマンサポートサービス協力のもと行っています。2022年8月1日より、名称を「ウクライナ「心のケア」交流センター」に変更し、心のケアメニューを拡充しています。

「ウクライナ「心のケア」交流センター」ひまわり
URL:https://www.mhea.or.jp/ukraine-himawaricenter/
<東京・渋谷>
 開設日時(在日ウクライナスタッフが対応します):火曜・金曜 10時から16時、土曜 12時から15時
 場所:アイディアヒューマンサポートサービス ココロゴトSalon内
 https://www.idear.co.jp/school/school-info/?id=486#access
 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-9-10 KDC渋谷ビル1階
 050-3612-7559
 ukraine@mhea.or.jp
<大阪・梅田>
 開設日時:不定期
 場所:アイディアヒューマンサポートサービス 大阪梅田サロン内
 https://www.idear.co.jp/school/school-info/?id=490#access
 〒530-0057 大阪府大阪市北区曽根崎1-4-5 エステムプラザ梅田202号

■「話を聴くプロ*」とは?

話を聴くプロ(プロフェッショナル心理カウンセラー)話を聴くプロ(プロフェッショナル心理カウンセラー)

 「話を聴くプロ」とは、全心連が公認する心理カウンセラーの全国統一認定資格「プロフェッショナル心理カウンセラー」の有資格者のことです。現場で役立つプロの心理カウンセラーは、相談者の心の声を丁寧にお聴きし、寄り添い、受け止め、対話を通して心のサポートを行っていきます。相談者を知識で判断することではなく、相談者を受容し、まず、すべてを聴くことが大切であることから、プロフェッショナル心理カウンセラーの愛称として、「話を聴くプロ」という名前をつけました。
 プロフェッショナル心理カウンセラーは各団体で認定を出す心理カウンセラー資格とは違い、プロの心理カウンセラーとして必要な要素を検討し、社会人が心の専門家をめざすことを応援する資格として構築されました。心理学の知識や各種スキル、現場実習実績に加え、社会経験や倫理観、カウンセラー自身の自己成長といったものが総合的に判断されて取得することができます。

■団体概要
一般社団法人全国心理業連合会(全心連)

一般社団法人全国心理業連合会一般社団法人全国心理業連合会

 心理業の健全な発展と誰もが安心して心のケアサービスを受けられる文化の創造をめざして2010年12月16日に発足した心理カウンセラーの業界団体です。産業・災害対策・福祉等幅広い分野の第一線で活躍している心理カウンセラーや、心理カウンセリング、メンタルトレーニングサービスを提供する企業・団体によって運営され、統一認定資格の制度構築、不適切な基準や表現を行っていると思われる企業への是正勧告等を行っています。
 また、2011年からは、東日本大震災の震災ケアのために「TeamJapan300」というボランティアプロジェクトを立ち上げ、2022年3月まで、被災地において自治体への協力のもと、被災者に対する心のケアボランティア活動を継続して行いました。

<活動内容>
◇全国統一認定資格「プロフェッショナル心理カウンセラー上級・一般」、「ストレスチェックコンサルタント」の制度構築と運営
◇不適切な基準や表現を行っている企業/団体への是正勧告
◇被災地支援等ボランティアプロジェクト

団体名 : 一般社団法人全国心理業連合会
代表理事: 浮世 満理子
所在地 : 東京都渋谷区渋谷1丁目11番3号3階
URL  : http://www.mhea.or.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人全国心理業連合会 >
  3. 全心連「ウクライナ交流センター」、8月1日より名称変更