神戸市の若者のエピソードをもとに、等身大の神戸の魅力を伝えるショートフィルム 「僕たちは震災を知らない」 震災前後に神戸で生まれた25歳の若者が紡ぐ絆の物語

令和2年1月14日(火)公開YouTube動画 URL https://youtu.be/4NuSRodB7RA

 神戸にゆかりのある25歳前後(23歳~26歳)の若者を対象とした同窓会プロジェクト「BE KOBE #25(ビーコウベ ニジュウゴ)」をきっかけに、25歳前後の世代が主役となって、神戸市の魅力を等身大で伝えるショートフィルムを制作いたしました。阪神・淡路大震災から25年の節目を迎えることを契機として、令和2年1月14日(火)から、インターネットを通じて公開いたします。



 ショートフィルムは「大切な人との絆」をテーマに、神戸にゆかりのある若者のエピソードを紡いでストーリー化。昨年末の12月28日に開催された同窓会イベントの様子を撮影し、実際のシーンとして使用、等身大の神戸の魅力を発信することを目指しました。
 復興とともに歩んできた世代に向け、いまある神戸の街並みや、友人や家族との交流を通じて、「当たり前のありがたさ」を感じていただきたいと考えています。

ショートフィルム概要
◆ タイトル 「僕たちは震災を知らない」
◆ 公開日 令和2年1月14日(火)
◆ 公開先 https://youtu.be/4NuSRodB7RA

◆ ストーリー
震災の年に神戸で生まれた、若者たちの物語。主人公は晴海。遠距離恋愛中の恋人、陸とすれ違い、仕事や日々に悩んでいた。そんな中、友人の爽・司とともに神戸市の同窓会に行くことになり、久しぶりに陸とも再会する。そこで陸や友人たちの想いに触れることになり…。
若者たちは震災を通じて何を学び、どう向き合っているのか。震災25年を迎える神戸で、25歳の若者たちが同世代や親世代の想いに触れ、大切なことを見つけていく。

出 演: 梶原みなみ・井神崚太・大野佑紀奈・栫良太
主題歌: 「この街の歌」

◆ 作品の見どころ
神戸出身の若手俳優を起用
神戸市出身の若手俳優2名を起用し、神戸の若者が自然に物語に入り込める演技を目指しました。

現在の神戸の街並みを、さりげなく魅力的に描き出す
神戸の若者から、思い出の場所や景色を聞いて、撮影場所をピックアップ。美しい神戸の街並みを舞台に、冬の神戸らしいシネマライクな映像に描き出しました。

実際に神戸市で開催された同窓会イベントでシーン撮影
昨年末の12月28日に開催された同窓会イベントにショートフィルムのカメラが入り、実際のイベント参加者である神戸の若者たちとの交流のシーンを撮影しました。

◆ 出演者コメント

梶原 みなみ : 神戸市生まれ、神戸市育ち/湊 晴海 役

ショートフィルムについてのコメント:
生まれ育った神戸での撮影は、見慣れた景色も特別に感じられ、とても幸せでした。
昨年の1月17日に、神戸で毎年開催されている追悼行事を、東京にも中継して関東圏の被災者も参加できる催しがありました。私も参加しましたが、初めての試みだったようで、関わっている人たちが試行錯誤して作りあげていました。
その姿を見て「伝えるってこういうことなんだ」と感じ、私も自分なりの方法で試行錯誤して、地道に伝えていくことをやっていきたいと思いました。

 

井神 崚太 : 神戸市生まれ、神戸市育ち/藤木 陸 役

ショートフィルムについてのコメント:
自分の故郷で仕事ができて、とてもうれしいです。震災の記憶がほとんどない僕らだからこそ、震災を風化させないように、次の世代にも語り継いでいくことが必要だと思っています。
神戸では、小さい頃から、家族でルミナリエに行っていました。子どもの時は父親に肩に乗せてもらい、大きくなれば友人と一緒にと、いろんな人とこの景色や思いを共有できたのは、僕の一番の思い出です。

◆実際に神戸市で開催された同窓会イベントの様子


ストーリーボード


 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 神戸市 >
  3. 神戸市の若者のエピソードをもとに、等身大の神戸の魅力を伝えるショートフィルム 「僕たちは震災を知らない」 震災前後に神戸で生まれた25歳の若者が紡ぐ絆の物語