ペットロスの涙を笑顔にする。魔法の絵本『ぼくのお母さん』が2月22日(土)猫の日に発売!

パレードブックスは、2020年2月22日(土)に『ぼくのお母さん』(著者:太田真抄子)を全国の書店にて発売いたします。

  • パレードブックス新刊
『ぼくのお母さん』(著・太田真抄子)
猫の〈ぼく〉と飼い主の〈お母さん〉の愛につつまれた幸せな時間を描いた絵本。
「ぼくが天国に行っても、お母さん泣かないで!」
猫にとって、お母さんと過ごした時間は幸せだった。そして「ありがとう」という気持ちで天国に旅立って行く。猫好きのみならず、動物好きの人たちに捧げる、愛がいっぱいの感動作です。

  • 本について  
『ぼくのお母さん』は、一匹の猫が天国から降りてきて、一人の少女からたくさんの愛をもらい、また天国へ帰って行くまでが猫の目線で描かれています。天国で神様が猫に言いました。「キミは、たくさんの愛をもらったね。次はたくさんの愛をみんなにあげておいで」。猫は天国で大好きな少女の笑顔を思い出しながら、次のお母さんとの出会いが訪れるまで一休みします。
 


ペットと飼い主の微笑ましい関係、そして必ず経験するペットとの別れが描かれていますが、この絵本を通して、その別れの先には必ず笑顔があることを感じてほしい、ペットロスに苦しむ人たちを元気にしたいという願いが込められています。
 
  • 著者プロフィール
太田真抄子(おおた・まさこ)
1966年生まれ、愛知県出身。動物病院での勤務の経験から本書を作成。動物保護、自然保護に関心があり、現在、愛猫6匹と暮らしている。

著者コメント
この絵本を読んで、天国へ旅立ったあの子へ、今共に暮らしている子へ、そして未来のペットたちへ、たくさんの笑顔と一緒に再び温かい平和に包まれますように…。一匹でも多くの動物たちの命が新しい飼い主との巡り合いにより、愛され、命を全うできたらと願っています。
動物保護、動物福祉に関しては、日本はまだまだ発展途上であり、保健所で処分される命は後を絶ちません。命の大切さやペットへの愛情を、大人から子どもまで受け継いでいってくれたら幸いです。
 
  • 書籍情報

書籍:ぼくのお母さん
著者:太田真抄子
出版社:パレード
発売日:2020年2月22日
ISBN:978-4-434-26843-4
仕様:B5判変/上製/32ページ
価格:800円+税
Parade Books:https://bit.ly/39jOSWM
Amazon:https://amzn.to/37EG64T
 
  • 出版社情報

 

母体である株式会社パレードはデザイン制作会社。プロの技術と知識により、優れたデザインと高い品質であなたの本づくり&出版をトータルサポートします。

パレードブックスの自費出版
URL:https://www.p-press.jp
TEL:0120-123455
Mail:paradebooks@parade.co.jp

パレードブックスの書籍紹介
URL:https://books.parade.co.jp

【会社概要】
商号:株式会社パレード
大阪本社:大阪府大阪市北区天満2-7-12
東京支社:東京都渋谷区千駄ヶ谷2-10-7
代表取締役:原田直紀
設立:1987年10月20日
資本金:4000万円
事業内容:広告企画・アートディレクション、グラフィックデザイン全般、Webサイト企画・制作、出版事業『パレードブックス』

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社パレード >
  3. ペットロスの涙を笑顔にする。魔法の絵本『ぼくのお母さん』が2月22日(土)猫の日に発売!