《峨眉山だけが》公演:峨眉山に「劇の幻の城」を創りあげる



(《峨眉山だけが》演出の現場写真)

伝統的な古い村落、大型な実景劇場観客様が歩きながら劇を鑑賞することで、「雲の間」を通り、「天上」と「人世」を漫遊し、郷愁が溢れた中国伝統文化を味わい…….9月6日の夜、楽山市が主催する第六回四川国際観光交易博覧会開幕する際に、王歌の新作峨眉山だけが峨眉山初演迎えます。

《峨眉山だけがは「雲の上」、「雲の中」、「雲の下」三つのデーマを通じて、「室内劇」や「靜態観賞」の即成概念を打ち壊し、劇場を周辺の村落と融合して、室内から室外に移動しながら劇を鑑賞するスタイルを作り出しました。「雲の上」は臨場感がある体験型の鑑賞劇で、六つの大きな空間に仕切られ歩き回りながら劇を体験することで、時空を通り抜け、異なるストーリの中を通り過ぎ、雲の上に立って世間を俯瞰する;「雲の中」は園林の劇場で、白い小石と水霧が雲海を作りたて、瓦で一つ一つの屋上を組み立てる、雲海が屋上を覆うように、演出者がその中を通って、観客と出会う;「雲の下」は古い村落の劇場で、生生しい村の景色で、人々の人生、お別れや郷愁を観客に再現します。

話によると、《峨眉山だけがプロジェクトは峨眉山の下にあった古い村落を保留し、7.8万平方メートルの大型な実景劇場を作り出した。その中、「雲の下」劇場は移転された古い村落の遺跡から改造され、お庭27個、建物48軒、部屋395個と歴史感がある部品4355点を保留した。そのレンガ、や街から峨眉山の歴史文化、人文の物語、民族の特色等を劇中で再現、臨場感たっぷりに、観客を引き込む。(撮影新華網黎濤)

新華網四川有限公司
黎濤
電話: +86189 0813 8299
メール: litao@news.com
ウェブサイト: http://www.sc.xinhuanet.com

新華網四川有限公司は四川省楽山市の広報業務に携わっています。
 
  1. プレスリリース >
  2. 四川省楽山市 >
  3. 《峨眉山だけが》公演:峨眉山に「劇の幻の城」を創りあげる