今や、なりふり構わぬ「侵略者」と化した中国にどう立ち向かうべきか。『日本復喝!~中国の「静かなる侵略」を撃退せよ~』が発売!

中国漁船群の尖閣領海侵入予告に対し、8月3日の産経新聞で「尖閣の有人化ためらうな」と論陣を張った論説副委員長佐々木類氏による緊急提言!

〈香港は死んだ。日本は、どうする?〉
今や、なりふり構わぬ「侵略者」と化した中国。
ポスト・コロナ時代の「チャイナリスク」と、
われわれ日本人は、どう立ち向かうべきなのか。

現役の産経新聞・論説副委員長が、
さまざまな取材ソースから明らかにする、
日本復活の処方箋とは何か。


米中が本格的な「新・冷戦」へと向かう中、日本だけが惰眠をむさぼるわけにはいかなくなった。このまま座してチベット・ウイグル・香港のように、中国の支配下に置かれるのか。それとも、自由世界の一員として、中国の傍若無人な覇権主義と戦うのか。
本書では、コロナ以前から続く、中国による世界侵略・日本侵略の手口を明らかにするとともに、コロナ禍をも利用して「火事場泥棒」的に世界を支配する、中国の恐るべき戦略を詳細にレポートする。以下はその一例である。

◎日本の頭脳が大量流出! 中国による「千人計画」とは何か
◎ネットはすでに侵略状態? 「五毛党」という名のサイバー部隊
◎中国の侵略を手招きし、日本人同士の対立を煽る国内メディア
◎ますますエスカレートする、中国公安当局による「日本人狩り」
◎IR疑獄はパズルの一片。その裏に隠された、日本侵略の黒幕とは
◎明日の日本!? なぜイタリアは、中国に支配されたのか
◎ヨーロッパ諸国に忍び寄る、中国「一帯一路」の罠
◎WHOだけじゃない、中国に侵略された国際機関の惨状
◎中国の「いやがらせ」に屈しない台湾。コロナ防疫を世界が称賛
◎移民問題は中国問題。今こそ、中国依存からの脱却を!

著者は、本書のタイトル『日本復喝!』に込めた意味を、こう説明する。
〔本書では、今次のコロナ禍を機に、チャイナマネーという禁断の果実に手を出せばどうなるのか、ひとたび国家の舵取りを間違うとどうなってしまうのか。その危険性を紐解くと同時に、ピンチをチャンスに変える発想の転換がいかに重要であるかを訴えた。
本書のタイトルを『日本復喝!』としたのも、まさにこうした理由だ。
目先の利益に目がくらんで国を危うくしてはならない。日本を元気に復活させたいという気持ちから、「喝を入れる」と「復活」という両方の意味を掛けてつけたものである〕

本書には、日本という国が、そして、私たち日本人自身が、巨龍・中国とどう対峙し、どう戦っていくべきなのか、その具体的な方策が書かれている。ぜひ本書を手に取って、この美しい日本を守るための「答え」を見つけてほしい。


■著者プロフィール


佐々木 類(ささき・るい)

1964年、東京都生まれ。早稲田大学卒業。産経新聞・論説副委員長。
大学卒業後、産経新聞に入社。事件記者として、警視庁で企業犯罪、官庁汚職、組織暴力などの事件を担当。地下鉄サリン事件では独自の取材網を駆使し、オウム真理教を刑事・公安両面から追い込むなど、特ダネ記者としてならす。
その後、政治記者となり、首相官邸、自民党、野党、外務省の、各記者クラブでのキャップ(責任者)を経て、政治部次長に。
この間、米紙「USA TODAY」の国際部に出向。米バンダービルト大学公共政策研究所日米センターでは、客員研究員として日米関係を専門に研究した。
2010年、ワシントン支局長に就任。その後、論説委員、九州総局長兼山口支局長を経て、2018年10月より論説副委員長。
尖閣諸島・魚釣島への上陸、2度にわたる北朝鮮への取材訪問など、徹底した現場主義を貫く一方で、100回以上の講演をこなし、論説委員時代には、読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」に出演するなど、産経新聞屈指の論客として知られる。

著書に『静かなる日本侵略』『日本が消える日』(ハート出版)、『日本人はなぜこんなにも韓国人に甘いのか』『DJトランプは、ミニ田中角栄だ!』(アイバス出版)、『新・親日派宣言』(電子書籍)、共著に『ルーズベルト秘録』(産経新聞ニュースサービス)などがある。


■書籍情報

書名:日本復喝! ~中国の「静かなる侵略」を撃退せよ~
著者:佐々木 類
仕様:四六判・並製・256ページ
ISBN:978-4-8024-0104-3 C0031
発売:2020.08.10
本体:1,500円(税別)
発行:ハート出版
書籍URL:http://www.810.co.jp/hon/ISBN978-4-8024-0104-3.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ハート出版 >
  3. 今や、なりふり構わぬ「侵略者」と化した中国にどう立ち向かうべきか。『日本復喝!~中国の「静かなる侵略」を撃退せよ~』が発売!