SANU、シリーズA総額19億円の調達実施。累積調達金額が約50億円に到達

2024年20拠点200棟に向け、事業拡大と人材採用を強化へ

環境循環型のセカンドホーム・サブスクリプションサービス「SANU 2nd Home(サヌ セカンドホーム)」を提供する株式会社Sanu(本社:東京都中央区、代表取締役:福島 弦、以下「SANU」)は、シリーズAセカンドクローズで8.5億の調達を実施し、シリーズAラウンド調達総額は約19億となりました。今回の調達により、創業からの累計資金調達額は、不動産開発資金ならびに融資を加えて約50億円となります。

シリーズA セカンドクローズにおいては、金融機関・不動産ディベロッパーから、スポーツアパレルメーカーまで、事業連携を促進するVC・CVC各社を引受先とする第三者割当増資を実施しました。サービス開始約7か月の現時点で、会員待ちの人数が3,600名を超える中、2024年に20拠点200棟の運営体制を目指し、更なる事業拡大と採用強化への取り組みを推進します。

 

 
  • 今回(シリーズAセカンドクローズ)の引受先  
※敬称略、順不同
・SBI インベストメント 株式会社
・三井不動産株式会社(※1)
・株式会社And Doホールディングス
・GOLDWIN PLAY EARTH FUND (※2)
・株式会社サムライインキュベートの運営ファンド
・みずほキャピタル株式会社
・静岡キャピタル株式会社

(※1) 出資は31VENTURES Global Innovation Fund 2号(グローバル・ブレインが運用する三井不動産のコーポレートベンチャーキャピタル)
(※2) 株式会社ゴールドウインベンチャーパートナーズとイグニション・ポイントベンチャーパートナーズ株式会社との共同運用ファンド
※シリーズ A ファーストクローズ(約10億円調達で2022年4月実施)の引受先  : ジャフコ グループ株式会社、株式会社アカツキ、ケネディクス株式会社、ヒューリック株式会社のCVCファンド、その他個人投資家
 
  • 1)SANU 2nd Homeの現状
都市から⾃然に繰り返し通う新しいライフスタイルをさらに多くの⽅へ。「SANU 2nd Home」は初期費⽤無料・⽉額5.5万円で「⾃然の中にある家と暮らし」を提供するサブスクリプションサービスです。
リアルとテクノロジーを融合しブランドの世界観を通じて新しいライフスタイルの提案を行っています。

SANU 2nd Home独自の建築モデルとテクノロジーの活用で着実且つスピード感をもって拠点開発を進め、サービス開始約7ヶ月目である2022年7月に初期目標である7拠点50棟が完成・運用を開始いたしました。都心に住みながら日本各地の美しい自然へ繰り返し通う、新しいライフスタイルが続々と広がっています。

 
  • 2)資金調達の背景
「Live with nature. / 自然と共に生きる。」をコンセプトに掲げるSANUは、⼈が⾃然と調和し、楽しく健康的にこの地球で暮らし続けるために必要なことを、基幹事業である「SANU 2nd Home」のサービスを通じた新しい⽣活様式の提案として社会に発信しています。
SANU 2nd Homeは、2021年4月のサービスリリース直後から大きな反響をいただき、初期会員枠が即時完売。2021年11月のサービス開始を経て、現時点(2022年7月5日)ではサブスク入会を待つウェイティング登録者数が3,600名を突破しました。

SANU 2nd Homeを定期的に利用し、自然に触れ、自然を身近な存在として捉えていくこと。その結果、自然を大切にする気持ちが育まれ、人と自然が共生する社会の実現に繋がると考える私たちにとっては、「SANU 2nd Home」がある暮らしを1日でも早く、1人でも多くの方に味わって欲しいと考えています。この度の調達資金をもって、さらに拠点開発を加速・会員枠を増やすと同時に、SANUの一員として未来のライフスタイルを共に創る仲間を募集します。
  • 3)今後の広がりと、SANU 2nd Home独自のモデルについて
 
【今後の広がりについて】
SANU 2nd Home独自のモデルで、2年後には首都圏周辺を中心に20拠点200棟へ、さらにその後は全国、そして世界へ拡大予定です。日本各地の美しい自然の中に「もう一つの家」を持て、多くの方がセカンドホームへアクセスできるような社会を目指します。

 

 

【SANU 2nd Home独自のモデル、3つのポイントについて】
▼独自の環境配慮型建築モデルとテクノロジーの融合で軽やかに展開するSANU 2nd Home


▼point1:建築
アップデート可能なSANU CABINの開発、加速する多拠点展開を支える独自の“プロダクト”建築
○建築を“プロダクト”として捉えた建築の開発をADX社(建築設計・施工のパートナー企業)と実施。50平米のミニマルなキャビンは、全て同じ基本デザインで各拠点に展開する。キャビン内の細かな仕様はユーザーの声を元にアップデートが可能。実際に、ユーザーからの要望を受け、愛犬と泊まれるキャビンも開発した。
○プレファブ工法で現場の建設期間を短縮、スピーディーな開発と周辺の環境への負荷を低減。(=建築物の一部又は全ての部材をあらかじめ工場で製作し、建築現場で建物として組み立てる建築工法。)
○ SANU CABINを構成する部材の1つ1つをコンピューターでデータとして管理。釘やボンドなどの使用を最少化し、部材の交換が容易になることで、長い間メンテナンスしながら使い続けることができる。

SANU CABIN SANU CABIN

 

プラモデルのように現場で組み立てる建築プラモデルのように現場で組み立てる建築

▼point2:テクノロジー
スマホひとつで完結するシームレスな体験、国内初 独立型施設の多拠点・無人運営を実現

○複数地域に分散した宿泊施設を無人運営することは、国内でも初の試み。​
○会員登録から予約、チェックイン/チェックアウトという一連の流れをすべてスマートフォン一つで完結でき、まさに自分のセカンドホームとして、気軽でシームレスな滞在を提供。
○不動産の売買・賃貸の旧来型の事業モデルから、ワンクリックで「自然の中にある家と暮らし」をサービスとして提供するこれまでにない、Place as a Service事業。移動やオフィスなどのサービス化の潮流に続いて、日本でも大きなポテンシャルが予想される「セカンドホーム・別荘」市場において、不動産のサービス化を仕掛ける。

▼point3:サステナビリティー

SANU 2nd Homeが広がるほど自然が再生する仕組み、カーボンネガティブを目指して

○独自の環境再生型プログラム「FORESTS FOR FUTURE」を、ADX社・釜石地方森林組合との連携の下で実行し、日本の森を豊かにしていくための国産木材活用、その土地の生態系への負荷が少ない高床式基礎杭工法、実質再生可能エネルギー電力の利用など環境負荷を最小限にしたキャビンを独自に開発。
○今回の7拠点50棟の収益の一部より7500本の木(SANU CABIN 50棟分に相当)を東北・釜石地方の森林に植林する計画を進めることで、建設で排出するCO2を超えたCO2吸収(=カーボンネガティブ)を実現します。キャビンを作れば作るほど自然環境にとってプラスになる「リジェネラティブ(自然再生)」な仕組みを実践していきます。

※独自の環境再生型プログラム「FORESTS FOR FUTURE」の詳細については下記のプレスリリースをご覧ください。https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000060549.html
 
  • 4)ファウンダー並びに代表取締役CEOよりコメント
<ファウンダー 本間貴裕よりコメント>
先日、新しく株主になって頂いた会社の方とフライフィッシングに行ってきました。魚の話、川の話、そして作りたい未来の話。とても充実した、明るい時間でした。尊敬する方々と事業を、そして人生をご一緒できるのを大変嬉しく思います。年に一度の株主総会が楽しみで仕方ない!そんな会社に育てていきたいと思います。

<代表取締役CEO 福島弦よりコメント>
“最高の仲間たち”、僭越ながらそう表現したいような素敵な皆さんに、SANUの株主になっていただき、嬉しい限りです。出資をする側と受ける側という関係ではありますが、同時に「Live with nature. /自然と共に生きる。」という理念を共に追う同志でもあると思っています。SANU FAMILYとして一丸になって事業の拡大に向けて取り組んで参りたいと思います。
 
  • 5)「Live with nature./自然と共に生きる。」を掲げるSANUでは働く仲間を募集しています
CFO、CSO (Chief Sustainability Officer)、CS統括マネージャー、プロジェクトアーキテクトマネージャーを中心に、SANUと共に未来を作り、未来の生き方を考えるチームメンバーを募集しています。


SANUは会社の存在自体がサステナブルのその先にある「リジェネラティブ(自然再生)」な活動に繋がることを目指すと同時に、海外展開も視野に入れまずは日本で新たな市場の確立をさせ、社会的インパクトの追求をし続けます。更なる拡大に向け日々ビジネスと向き合う一方で、社員男女比率は半々でお子さんを持つ社員も多く、それぞれのライフスタイルを楽しむフラットな組織です。SANUの掲げる「Live with nature. / 自然と共に生きる。」に共感し、この美しい自然を楽しみながら未来に繋がる新たな挑戦を一緒に取り組む仲間をお待ちしております。
 

■「Live with nature. / 自然と共に生きる。」を掲げるSANUとは
採用サイトURL: https://sa-nu.com/careers
SANUのビジョン・ミッション・カルチャー・組織制度については、
サイト内の「会社紹介資料(URL: https://speakerdeck.com/sanu/sanu-company-profile )」をご覧ください。

■募集職種
チーフ・ファイナンシャル・オフィサー (CFO)
  詳細URL:https://recruit.jobcan.jp/sanu/show/cxo/1043468
チーフ・サステナビリティー・オフィサー(CSO)
  詳細URL:https://recruit.jobcan.jp/sanu/show/cxo/1043471
チーフ・オペレーティング・オフィサー(COO)
  詳細URL:https://recruit.jobcan.jp/sanu/show/cxo/1139350
カスタマーサクセス統括マネージャー
  詳細URL:https://recruit.jobcan.jp/sanu/show/ops/1043469
プロジェクトアーキテクトマネージャー
  詳細URL:https://recruit.jobcan.jp/sanu/show/bizdev/1043463
開発推進マネージャー
  詳細URL:https://recruit.jobcan.jp/sanu/show/bizdev/1043467
マーケティング統括マネージャー
  詳細URL:https://recruit.jobcan.jp/sanu/show/marketing/1043474

その他職種も採用中です、その他はこちらをご覧ください
・採用サイト: https://sa-nu.com/careers
・Wantedly:https://www.wantedly.com/companies/company_2996430
 

  • 6)SANUの沿革・会社概要
・2019年11月 ライフスタイルブランド「SANU」 創業
・2021年4月   SANU 2nd Homeサービスリリース 初期会員募集開始(初期会員枠は即時完売)
・2021年10月 SANU 2nd Homeウェイティング登録(先着順)受付開始
・2021年10月 SANU 2nd Home 独自の環境再生型プログラム「FORESTS FOR FUTURE」発表
・2021年11月 SANU 2nd Homeグランドオープン「白樺湖 1st」「八ヶ岳 1st」開業
・2022年3月 「山中湖 1st」開業
・2022年4月 「北軽井沢 1st」開業
・2022年6月 「河口湖 1st」開業
・2022年6月 「白樺湖 2nd」開業
・2022年7月 「八ヶ岳 2nd」開業 7拠点50棟完成
 
  • 株式会社Sanu
「Live with nature. / 自然と共に生きる。」
SANU <サヌ> は、⼈と⾃然が共⽣する社会の実現を⽬指すライフスタイルブランドです。
⼈が⾃然と調和し、楽しく健康的にこの地球で暮らし続けるために必要なことを、新しい⽣活様式の提案を通じて⼈々に発信していきます。真⾯⽬に、未来の⽣き⽅を考える。明るく、私たちのライフスタイルを変えていく。 それがSANUです。
会社名:株式会社Sanu
代表者:福島 弦
所在地:〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町14-7 SOIL NIHONBASHI
会社ページ:https://sa-nu.com/
SANU 2nd Home 公式サイト:http://2ndhome.sa-nu.com/
公式Facebook : https://www.facebook.com/sanuofficial/
公式Instagram:https://www.instagram.com/sanu_com/
公式LinkedIn:https://www.linkedin.com/company/sanuofficial/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SANU >
  3. SANU、シリーズA総額19億円の調達実施。累積調達金額が約50億円に到達