アドソル日進とマップボックス・ジャパンがパートナー契約を締結

地図によるDXを推進、潜在需要への対応と市場拡大を目指す

アドソル日進株式会社(以下、アドソル日進)と、ワシントン発のユニコーン企業Mapbox Inc.とソフトバンク株式会社が共同出資するマップボックス・ジャパン合同会社(以下、マップボックス社)は、地図によるDXを推進し、市場拡大を図る目的でパートナー契約を締結しました。
2022年7月より、アドソル日進がValue Added Resellerとしてマップボックス社のSaaS型地図開発プラットフォーム「Mapbox」を活用し、地図情報サービスの開発受託業務を行います。アドソル日進が強みを持つ製造業界やエネルギー業界を足掛かりに幅広い業界へ展開し、3年後に100社への導入を目指すとともに、業界特有のソリューションパッケージなどの共同開発も行う計画です。
アドソル日進株式会社(以下、アドソル日進)と、ワシントン発のユニコーン企業Mapbox Inc.とソフトバンク株式会社が共同出資するマップボックス・ジャパン合同会社(以下、マップボックス社)は、地図によるDXを推進し、市場拡大を図る目的でパートナー契約を締結しました。
2022年7月より、アドソル日進がValue Added Resellerとしてマップボックス社のSaaS型地図開発プラットフォーム「Mapbox」を活用し、地図情報サービスの開発受託業務を行います。アドソル日進が強みを持つ製造業界やエネルギー業界を足掛かりに幅広い業界へ展開し、3年後に100社への導入を目指すとともに、業界特有のソリューションパッケージなどの共同開発も行う計画です。
 

地図情報サービスは、様々なデータを地図と紐づけてビジュアライズすることで、空間的・多層的に情報を整理し利活用するサービスです。視覚的に情報の共有や分析がしやすいことから、居住地・行動エリアなど地理的情報等に基づくマーケティング、道路交通情報分析、ハザードマップの作成や設備管理などに活用されてきました。
近年、DXの普及でデータを取得する企業が増え、同時に情報量の増加でその取り扱いが困難になっていることから、地図によるDXの潜在需要が様々な業界で拡大しています。

こうした需要に対応するには、地図情報サービスの新たな用途開発や、導入コストの低減が必要になります。そこで、本パートナーシップに基づき、AIやクラウド、IoTなど最新技術を活用したデータ収集・利活用モデルの設計が可能で地図情報サービスの開発経験が豊富なアドソル日進が、導入のしやすさや拡張性の高さ、豊かな表現力を特徴とするMapboxを用いることで、地図情報サービスの用途を開拓し、ユーザー各社の地図によるDXの推進、ひいては市場拡大を目指します。

<参考情報>

パートナー契約で推進する地図によるDXの事例
下図のようなシナジーを活かし、多くのエンドユーザーを抱える製造業界やエネルギー業界に対して、工場内の動線の可視化や最適なラストワンマイル配送、送電網の可視化や発電所内の危険箇所マッピングなどを提案し、企業競争力の強化、意思決定の迅速化に貢献していく計画です。


Mapboxについて
Mapboxは使う人のニーズに合わせた地図を制作することができるプラットフォームを提供しています。以下の特長から、ヤフー株式会社の「Yahoo! MAP」や株式会社SUBARUの「SUBAROAD」のほか、国内外で多くの企業に採用されています。

1.導入のしやすさ
使い始めるにあたり特別なソフトウェアやサーバーの導入は不要。地図 制作に特化したコーディングスキルを持つエンジニアがいなくても、登録したその日からMapboxのローコードツールと高精度な株式会社ゼンリンの地図を活用し、希望の地図作りを開始することが可能です。

 


2.拡張性の高さ
デザインの自由度を高める数々の機能に加え、地図をスマートウォッチや組込み製品といったデバイスを跨いで利用する、地図上に広告を配信し地図コンテンツを収益化する等々、ビジネスにおける高い拡張性を有しています。また、利用した分だけ課金される従量課金制を導入しており、トライアルから大規模開発まで、無駄なコストを省きつつ利用することが可能です。

3.UI/UXを最大化する豊かな表現力
作成した地図に自社が保有するデータを重ね合わせる、3D地図上で 自由に視点を変える、刻々と変わるデータを地図上に描画しアニメーション化する、など多彩な表現を実現できます。例えば、気象情報などの巨大なデータをリアルタイムで描画するといった高度なデータ処理能力を有しているため、その表現力は滑らかかつ高精細。エンドユーザーのUI、UX最大化に貢献します。

地図情報サービスについて
地図上でのルート検索や店舗検索のほか、ゲームや天気予報といった生活者向けアプリ、カーナビ、メディアのニュース解説画像など幅広い場面で活用されています。また、物流業界のルート効率化、不動産業界や流通業界におけるエリアマーケティングをはじめ、官公庁や農業など様々な業界で業務改善やマーケティング、データの可視化共有などを目的に使われています。

アドソル日進株式会社について
1976年の創業以来、東京・大阪・福岡・仙台・米国サンノゼを拠点に、エネルギー(電力・ガス)、道路、鉄道、航空、宇宙、防災、情報通信、決済などの社会インフラ・システムと、次世代自動車、医療機器、産業機器などのIoT製品向けに、大規模基幹システム、クラウド、AI、サイバー・セキュリティ、無線通信、組み込みOSなどの先進的なIoTソリューションを提供する、ICTエンジニアリング企業です。
デジタル・データへの利活用や、AIをはじめとした最新テクノロジーの活用と研究開発(国立研究機関や各大学)、国内外企業とのアライアンス・共創を通じて、1,000人以上のアドソル・グループ社員とともにDXイノベーションの実現に向け取り組んでいます。
詳しくは、HPをご覧ください。 https://www.adniss.jp/

マップボックス・ジャパン合同会社について
マップボックス・ジャパン合同会社は、2020年に設立された、米国Mapbox Inc.とソフトバンク株式会社の合弁会社です。地図情報サービスの開発プラットフォームにおけるリーディングカンパニーであり、ユーザー企業や代理店企業との共創により、地図を活用した新たな生活体験や業務改善ソリューションを生み出すことで、社会と暮らしの進化を支えています。
当社が提供している地図開発プラットフォーム「Mapbox」は、データビジュアライズの美しさやカスタマイズ性の高さ、そして、セキュリティとコンプライアンスを理由に世界で350万人以上の開発者が使用し、毎月6億人のユーザーが作成された地図を利用しています。Adobe、CNN、IBM、The New York Times、The Weather Channel、GM、Microsoft Power BI、Mastercardなど多様な業種で使われており、国内でもYahoo! MAPやSUBAROADのほか多くの企業で採用されています。
詳しくは、HPをご覧ください。https://www.mapbox.jp/

会社概要
■アドソル日進株式会社
本社:東京都港区港南4丁目1番8号 リバージュ品川
設立:1976年3月13日
代表者:代表者:上田 富三(代表取締役会長 兼 CEO)
事業内容:社会インフラ・先進インダストリー向けICTシステム開発、及びDX・IoTソリューションの提供
証券コード:3837(東京証券取引所プライム市場)
<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
アドソル日進株式会社 ソリューション事業本部 営業部
E-mail : sol-sales@adniss.jp  TEL : 03-5796-3139

 ■マップボックス・ジャパン合同会社
本社:東京都港区虎ノ門1-10-5-11F
設立:2020年3月10日
代表者:高田 徹(最高経営責任者CEO)
事業内容:1. Mapbox Inc.の製品・サービスの日本顧客への再販事業
2. Mapboxの製品をカスタマイズ及び機能拡張した地図関連のプラットフォーム事業
出資者:Mapbox Inc.
ソフトバンク株式会社
  1. プレスリリース >
  2. マップボックス・ジャパン合同会社 >
  3. アドソル日進とマップボックス・ジャパンがパートナー契約を締結