第3回アレルギー対応スイーツコンテスト 『夢のハッピーミルクレープ』がついに商品化~小麦と大麦の食物アレルギーをもつ小学3年生が発案~

一般社団法人日本環境保健機構(東京都中央区日本橋堀留町1-11-5 2F、代表理事:尾崎美賀子)が主催する「第3回アレルギー対応スイーツコンテスト」において、 キッズ部門の入賞作品『夢のハッピーミルクレープ』が商品化されました。
アレルギー対応スイーツコンテストは、「食物アレルギーがあってもなくても、みんなが笑顔になれるスイーツ」の啓発を目的として2018年からはじまりました。5歳~12歳を対象としたキッズ部門は、卵・乳・小麦を使用しないケーキの絵を自由に描いて応募できます。第3回目を迎えた本年、キッズ部門の応募総数 27点から 2作品が選ばれました。

 夢のハッピーミルクレープを発案した 鵜浦 楓(うのうら かえで)さんは小学3年生。小麦と大麦のアレルギーを持っています。「断面がカラフルで、切った瞬間うわ~!って嬉しくなるような、アレっ子でも食べられるフルーツのミルクレープを食べてみたいです。」というコメントとともに、夢のハッピーミルクレープを描いてくれました。


<日本幼児食協会が運営する Deli&cafe TOKINIHAにて商品化>
商品化にあたり、一般社団法人日本幼児食協会が運営するカフェ Deli&cafe TOKINIHA(愛知県名古屋市中川区八熊3−20−12)協力いただきました。生クリームを使わない代わりに豆乳ホイップを使用し、独自の製法によりコクのある味わいに仕上げています。4種類のフルーツを合わせることで、コクと酸味のバランスがとれた、絶妙な美味しさのスイーツになりました。

<第7回みんなのEXPO2021(アレルギー)にて販売開始>
夢のハッピーミルクレープは、2021年10月26日に実施された第7回みんなのEXPO2021(アレルギー)内で販売を開始。店頭受取り・冷凍配送の両方に対応し、限定40台の販売となります。

▶︎販売ページ(https://ws.formzu.net/sfgen/S95850238/

<第3回アレルギー対応スイーツコンテストについて>
主催:アレルギー対応スイーツコンテスト実行委員会
一般社団法人 日本環境保健機構

共催:東京製菓学校
食品産業新聞社

後援:一般社団法人 環境アレルギーアドバイザー支援ネットワーク
一般社団法人 日本幼児食協会
一般社団法人 グルテンフリーライフ協会

協力:八芳園

協賛:いかほ秀水園
Deli&cafe TOKINIHA

<本件に関するお問い合わせ先>
第3回アレルギー対応スイーツコンテスト 2021実行委員会(広報担当:村田愛)
TEL:08031200316
MAIL:allergysweetscontests@gmail.com
公式サイト:https://usapen.info/sweetscontests/

<一般社団法人 日本環境保健機構の概要>
・設立=2013年(平成25年)8月
・事業内容=環境由来の健康問題に関する調査研究、専門家の育成および資格認定制度運営
・代表理事=尾崎美賀子
・所在地=東京都中央区日本橋堀留町1-11-5、吉泉ビル2階
・電話番号=03-6869-8270
・ファクス=03-6869-8272
・URL= https://jeho.or.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人日本環境保健機構 >
  3. 第3回アレルギー対応スイーツコンテスト 『夢のハッピーミルクレープ』がついに商品化~小麦と大麦の食物アレルギーをもつ小学3年生が発案~