4月1日から「全国の宅急便センター」と「セールスドライバー」への支払い時に6種類のQRコード決済を導入!

ヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:栗栖利蔵、以下、ヤマト運輸)は、4月1日から全国の宅急便センターとセールスドライバーへの決済手段として、新たにQRコード決済を導入し、さらなるキャッシュレス化の促進により、お客さまの利便性を向上します。なお導入するQRコード決済はau PAY、d払い、LINE Pay、メルペイ、PayPay、楽天ペイ、の6種類となります。
1.導入開始日
      2021年4月1日(木)
2.利用可能となるQRコード決済種別
      au PAY、d払い、LINE Pay、メルペイ、PayPay、楽天ペイ

3.QRコード決済の利用例
      以下の商品の運賃や料金を支払う際、これまでの現金・電子マネー・オンライン決済に加えて、新たに
  QRコード決済が利用可能となります。
    (1)宅急便、宅急便コンパクトなどの運賃お支払い
    (2)クロネコボックスなど包装資材の料金のお支払い
    (3)トイレットペーパーなど生活用品の料金お支払い
        ※ヤマト便の保険料、宅急便コレクト(代引き)のお支払いにはご利用できません。

 今後も引き続きヤマト運輸を利用されるお客さまの利便性向上に向け、さまざまな取り組みを進めてまいります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヤマトホールディングス株式会社 >
  3. 4月1日から「全国の宅急便センター」と「セールスドライバー」への支払い時に6種類のQRコード決済を導入!