東京ウイスキー&スピリッツ コンペティションにてバカルディ エイト、ロイヤル・ブラックラ12年が金賞受賞

バカルディ ジャパン(代表取締役社長 前田 章子)が輸入し、サッポロビール株式会社(代表取締役社長 髙島英也)が販売するバカルディの8年熟成ダークラム「バカルディ エイト」、およびシングルモルト スコッチウイスキー「ロイヤル・ブラックラ12年」が、今年初開催となる東京ウイスキー&スピリッツ コンペティション(TWSC)にて、金賞を受賞しました。

 

TWSCはウイスキー文化研究所代表である土屋守氏を実行委員長とし、全国の名バーテンダー、マスター・オブ・ウイスキー、ウイスキー講師、スピリッツの輸入・販売・製造業関係者、業界誌記者などから選任された180名の審査員がブラインドテイスティングで審査するスピリッツの品評会で、日本人の繊細な味覚や深い知識、情熱をもって、高品質なウイスキー・スピリッツを選び、広めることを目的としています。

日本のバー業界の有識者により選ばれた「バカルディ エイト」と「ロイヤル・ブラックラ12年」にこれからもどうぞご期待ください。

商品についてはこちらをご参照ください。
https://www.bacardijapan.jp/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. バカルディ・ジャパン株式会社 >
  3. 東京ウイスキー&スピリッツ コンペティションにてバカルディ エイト、ロイヤル・ブラックラ12年が金賞受賞