株式会社 大宣システムサービスにマネジメントシステム統合プログラムにおける最高レベル「プレミアム・ステージ」の証明書を発行

最多6規格に基づく統合マネジメントシステムを構築

一般財団法人日本品質保証機構(本部:東京都千代田区、理事長:小林 憲明)は、株式会社 大宣システムサービス(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:大嶋 芳明)の統合マネジメントシステムを、当機構独自のサービスであるマネジメントシステム統合プログラムにおける基準で評価し、最高レベル「プレミアム・ステージ」であることを証明しました。
統合マネジメントシステムに含まれるのは6規格であり、当機構として最多です。

<マネジメントシステム統合プログラムに含まれる規格>
ISO 9001:2015 / JIS Q 9001:2015(登録番号:JQA-QMA15115)
ISO 14001:2015 / JISQ 14001:2015(登録番号:JQA-EM7170)
ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014(登録番号:JQA-IM0227)
ISO/IEC 20000-1:2011 / JIS Q 20000-1:2012(登録番号:JQA-IT0043)
ISO 22301:2012 / JIS Q 22301:2013(登録番号:JQA-BC0003)
JIS Q 15001:2006(登録番号:JQA-KP0012)
 

▲株式会社 大宣システムサービス 大嶋 芳明 代表取締役社長(左)と当機構理事 福井 安広▲株式会社 大宣システムサービス 大嶋 芳明 代表取締役社長(左)と当機構理事 福井 安広

 

一つの組織内において、ISO 9001やISO 14001など複数のマネジメントシステムを運用する形態が増えるなか、マネジメントシステム全体を統合し、効率的・効果的に運用することが課題になっています。
当機構は、マネジメントシステムの統合の程度を「ステージⅠ」「ステージⅡ」「プレミアム・ステージ」の3段階で評価し、それぞれの段階に向けたサポートを行うマネジメントシステム統合プログラムを提供しています。

株式会社 大宣システムサービスは、2005年にBS 7799(現 ISO/IEC 27001)に基づくマネジメントシステムを構築した後に、ISO/IEC 20000、BS 25999(現 ISO 22301)、ISO 9001、ISO 14001、JIS Q 15001と取り組みを拡大してきました。
対象規格の拡大はマネジメントシステム運用の煩雑化を招く懸念がありますが、同社はマネジメントシステムを会社経営の重要な要素ととらえ、本来業務と一体の仕組みを構築することで、効率的かつ効果的な統合マネジメントシステムを構築しています。
このたびの「プレミアム・ステージ」は、このような同社の取り組みを高く評価した結果です。

▼当機構のマネジメントシステム統合プログラム
http://www.jqa.jp/service_list/management/plural/


【株式会社 大宣システムサービス】
1969年4月設立。大阪、東京、徳島に拠点を構え、企業向けにBPOサービス(基盤システム開発、システム運用、データサービス、アウトプットサービス、メーリングサービスなど)を提供するほか、CTIシステムの開発・提供など幅広い事業を展開する。

【一般財団法人日本品質保証機構(JQA)】
1957年の設立から、一貫して日本のものづくりとサービス産業の発展を、検査や試験、検定や認証サービスで支えてきた日本の代表的な認証機関。1990年代からISO認証の普及啓発に努め、ISO 9001、ISO 14001、ISO 27001をはじめとする各種マネジメントシステム規格の認証件数は国内最多の実績を誇る。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般財団法人日本品質保証機構 >
  3. 株式会社 大宣システムサービスにマネジメントシステム統合プログラムにおける最高レベル「プレミアム・ステージ」の証明書を発行