オープンイノベーション版人気企業ランキング 有望スタートアップ企業が選ぶ「イノベーティブ大企業ランキング2019」 結果を発表

​イノベーションリーダーズサミット<略称:ILS>実行委員会(運営:株式会社プロジェクトニッポン)は昨年度に引き続き、経済産業省と共同で、日米のベンチャーキャピタリストなど107名によって選出された有望スタートアップ企業約1,000社を対象としたアンケート調査を実施。 スタートアップとの連携を通じたオープンイノベーションに積極的な大企業の人気ランキング調査「イノベーティブ大企業ランキング」の2019年度版を取りまとめましたので、上位30社を発表いたします。
https://ils.tokyo/news/201906_01.php
報道関係各位

2019年6月20日
ILS (イノベーションリーダーズサミット) 実行委員会
経済産業省 新規事業創造推進室

オープンイノベーション版 人気企業ランキング
有望スタートアップ企業が選ぶ「イノベーティブ大企業ランキング2019」 結果を発表


イノベーションリーダーズサミット<略称:ILS>実行委員会(運営:株式会社プロジェクトニッポン)は昨年度に引き続き、経済産業省と共同で、日米のベンチャーキャピタリストなど107名によって選出された有望スタートアップ企業約1,000社を対象としたアンケート調査を実施。 スタートアップとの連携を通じたオープンイノベーションに積極的な大企業の人気ランキング調査「イノベーティブ大企業ランキング」の2019年度版を取りまとめましたので、上位30社を発表いたします。

本調査は、我が国の大企業のオープンイノベーション状況を俯瞰的に指標化することを目的に、昨年から開始した年に1回の調査になります。イノベーティブ大企業ランキング100位までの企業名や、スタートアップ全業界別ランキング(全20業界)の詳細は、ILS公式サイト(http://ils.tokyo/)にて資料請求を受付けいたします。

■調査結果サマリー
  • 前回調査に続き、スタートアップ投資に積極的なKDDIソフトバンクトヨタ自動車がトップ3を維持
  • パナソニックJR東日本デンソーが、昨年から順位を上げて、新たに10位圏内へランクイン
  • 業界別では、三井化学富士フイルム、三菱UFJ銀行関西電力などが、専門領域で存在感を示す


■質問内容と調査結果
Q.あなたがオープンイノベーション活動に積極的であると感じる、大企業名を挙げてください(3社以上5社まで)

イノベーティブ大企業ランキング2019 : 総合上位30位

 

イノベーティブ大企業ランキング2019 : スタートアップ業界別 (全20業界の内、主要6業界抜粋)

※    得票率が同率の場合、本アンケートと同時に調査を行っている「個別企業評価」(オープンイノベーションの活動測定因子1~4の観点による個別評価)の結果に基づいて、評価の高いものから順位付けを行っています。

※    スタートアップ業界別ランキングは、ILSが定める20業界に属するスタートアップの回答を得票率の高い順で順位付けを行っています。

 

【本レポートの詳細について】

総合100位までのランキング、およびスタートアップ業界別ランキング(全20業界)の詳細については、ILS公式サイトで資料請求をいただいた企業へ進呈しております。

 

→ ILS公式サイト( http://ils.tokyo/ )より資料請求へ


■「イノベーティブ大企業ランキング2019」 調査概要

Ⅰ.調査対象 : 過去3年間に開催されたILS(2016-2018)において、国内外の主力VC(ベンチャーキャピタル)等、約100機関で構成されるILSアドバイザリーボードの推薦を受けて、ILSのメインイベントである大企業とスタートアップの新事業協業マッチングプログラム「パワーマッチング」に参加した国内有望スタートアップ全998社の経営者
Ⅱ.調査方法 : インターネット調査(ILS専用サイト上の入力フォームによる回収)
Ⅲ.調査期間 : 2019年5月15日~2019年5月31日
Ⅳ.有効回答 : 483社(回答率48%)
Ⅴ.調査主体 : イノベーションリーダーズサミット運営事務局、経済産業省
Ⅵ.設問項目 : 企業名の自由連想と、連想された企業に対する個別評価
 Q1.あなたがオープンイノベーション活動に積極的であると感じる大企業名(国内に本社を置く)を挙げて
   ください。(3社以上・5社まで)
 Q2.Q1で挙げた企業に関して、以下の観点からあてはまると感じるものを選んでください。
   (各項に対して“そうだ”から“ちがう”まで4段階で評価)
  Q2-1.[戦略・ビジョン] オープンイノベーションを戦略やビジョンとして明確に打ち出している
  Q2-2.[人材・組織文化] オープンで柔軟なコミュニケーションがとれる人材や組織風土がある
  Q2-3.[実行力] 提携やファイナンスの体制・制度、協業の実行やマネジメントの能力がある
  Q2-4.[実績・コミット] スタートアップの成長に直結する資本業務提携の実績に富み、協業へのコミットを有する


■ILS (イノベーションリーダーズサミット) とは 公式サイト:http://ils.tokyo/
大手企業のアセットとベンチャー企業のアイデアやテクノロジをマッチングし、グローバルイノベーションを生み出すことを目的に経済産業省後援のもと発足したオープンイノベーションカンファレンス。

昨年10月開催の第6回ILSでは、前回比約63%UPの11,003名が来場。メインの新事業マッチングプログラム「パワーマッチング」は、国内外の主力VC(ベンチャーキャピタル)等約100機関で構成されるILSアドバイザリーボード推薦による555社のスタートアップと、128社の大手企業が2,697件のマッチング商談を実施し、その中から1,026件の協業案件が創出された。

参考:「イノベーティブ大企業ランキング 2018 TOP100」
https://www.dreamgate.gr.jp/InnovationLeadersSummit/asset/images/pdf/20180308-100.pdf
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社プロジェクトニッポン >
  3. オープンイノベーション版人気企業ランキング 有望スタートアップ企業が選ぶ「イノベーティブ大企業ランキング2019」 結果を発表