スマートスピーカー・音声AIアシスタントの改善パッケージ『VUI診断』 をリリース

Amazon Echo、Google Home、LINE Clovaなどスマートスピーカーのスキル開発者様必見の新メニュー

株式会社ISAOは、スマートスピーカーのスキルのVUI (Voice User Interface) のテスト・改善提案をおこなう新メニューをリリースいたしました。


株式会社ISAO(本社:東京都台東区、代表取締役:中村 圭志)は、新サービスメニュー『VUI診断』 をリリースいたしました。

近年、スマートスピーカーの普及により、VUI (Voice User Interface、音声インタフェース) の重要性が注目されています。
スキル (スマートスピーカーのアプリ) をリリースしたものの、想定ほど使われていない、上手くVUIが作れていないという方に向けた診断・改善パッケージです。

以下のようなお悩みを持った開発者様、企業様へ向けたサービスメニューを提供します。
  • スマートスピーカーのスキルをリリースしたが、設計したシナリオ・対話に自信がない。
  • VUIが大事ということは理解しているけれど、具体的に何をすべきかわからない。
  • エンジニアのみで作っていて、VUIデザイナー・シナリオライターがチームに不在。
  • スキルの特徴にあった言い回し、表現のバリエーションを作りたい。
  • データを分析しながら、PDCAを回して継続改善してくれるパートナーがほしい。

VUI診断は、Amazon Echo  (Alexaスキル)、Google Home (Google アシスタント)、LINE Clovaなど音声AIアシスタントのプラットフォームは問わず、スキル企画・開発サービスと合わせてもご利用いただけます。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
https://kuramane.isao.co.jp/vui/

背景

全世界でスマートスピーカーの2018年出荷台数は1億台に達するとも見込まれ、日経トレンディ 2018年の「ヒット商品ベスト30」で5位にGoogle Home・Amazon Echoが選出されたように、日本での普及も急速に広がっています。
Amazon Alexaだけでも、2,000以上のスキル (2018年12月10日現在) が公開されていますが、スキルを利用しているユーザーは一部に留まると言われています。
対話設計の見直し、言い回しの表現の改善などをサポートすることで、音声体験ならではの覚えにくさ、操作のわかりにくさを克服し、ユーザーとのエンゲージメントを高めるお手伝いができると考えました。

VUIに関する取り組み
 

ISAOでは、「スマートスピーカー・AI音声アシスタント ビジネス活用セミナー & VUI体験ワークショップ」の主催や、マーケターの中嶋あいみによる外部登壇を積極的におこなっています。
スマートスピーカー・VUI初心者に、市場動向や活用方法を伝える活動や、デザイン・スプリントの手法を用いて、スキルの企画から設計、プロトタイプの制作をファシリテート。
IVR (自動応答システム) とは違う、人間らしい対話形式のVUIを設計することの重要性について啓蒙活動をしています。

スマートスピーカースキル企画・開発支援について
 

ISAOは、スマートスピーカーのAmazon EchoやGoogle Home、それを取り巻く音声AIアシスタントやVUI (音声ユーザーインターフェース) のビジネス活用サポートとして、アレクサスキル・Googleアシスタントアプリの企画・開発・運用支援を提供しております。
クラウド活用支援サービス「くらまね」と合わせて、サーバーの設計・構築もワンストップで対応可能です。

会社概要
株式会社ISAO (https://www.isao.co.jp/
代表取締役:中村 圭志
設立:2010年2月3日(創業:1999年10月1日)
資本金:150,000,000円(豊田通商株式会社100%出資)
事業内容:クラウド活用支援、サービス企画/開発/運営、課金/決済代行/認証

本件に関するお問い合わせ
広報担当者名:中嶋
TEL:03-5825-5703 FAX:03-5825-5702 E-mail:pr@isao.co.jp


※Amazon、Alexa はAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

※Google Home、Google アシスタント は、Google LLC の登録商標です。
  1. プレスリリース >
  2. ISAO >
  3. スマートスピーカー・音声AIアシスタントの改善パッケージ『VUI診断』 をリリース