MONETコンソーシアムへの加入のお知らせ

~ 当社の行動支援サービス・技術を活用し、MaaSへの取り組みを強化、積極的に社会貢献に努める ~

株式会社駅探(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:金田直之、以下「当社」)は、2020年8月6日よりソフトバンク株式会社とトヨタ自動車株式会社などの共同出資会社であるMONET Technologies株式会社が設立した「MONETコンソーシアム」へ加盟いたしました。

 

■MONETコンソーシアムについて
自動運転を見据えたMaaS事業開発などの活動を行うことで、次世代モビリティサービスの推進と、移動における社会課題の解決や新たな価値創造を目指すコンソーシアムです。現時点(2020年8月20日時点)では、604社が加盟しています。

■当社加入の目的
現在日本では少子高齢化、過疎地域の拡大、都市への人口や機能の一極集中が進み、公共交通に関わる問題も顕在化しています。こういった状況をうけ、従来の電車やバスだけでなく様々な交通機関を包括したMaaS領域の取り組みも始まっており、社会的な課題として認識されています。
当社では、これまでの乗り換え案内/時刻表/地図を中心とした行動支援サービス(ナビゲーションサービス)を提供してきた経験を活かし、MaaSへの取り組みを強化してまいります。多くの企業や都道府県・市町村、関係省庁の皆様と力を合わせて、我が国におけるMaaSへの取り組みを強化することで、積極的に社会貢献を行ってまいります。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社駅探 >
  3. MONETコンソーシアムへの加入のお知らせ