6月24日より全社で「エコバッグもってます運動」開始グループ全従業員(総勢6,500名)にオリジナルエコバックを支給

アート引越センターでお馴染みのアートコーポレーション株式会社は、経済産業省による2020年7月1日からのレジ袋全面有料化の呼びかけに応じて、当社グループ従業員(総勢6,500名)に対しオリジナルエコバックを支給し、6月24日よりその利用を促進する「エコバッグもってます運動」をグループ全社で開始いたします。
アート引越センターでお馴染みのアートコーポレーション株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:  寺田 政登)は、経済産業省による2020年7月1日からのレジ袋全面有料化の呼びかけに応じて、当社グループ従業員(総勢6,500名)に対しオリジナルエコバックを支給し、6月24日よりその利用を促進する「エコバッグもってます運動」をグループ全社で開始いたします。

当社では、誰もが健康的な生活を送ることができる社会を実現したいという思いのもと、ごみゼロの引越を目指し、紙資源を使わず梱包できる、エコ楽ボックスシリーズの開発、ダンボールのリユース(再利用)など、環境に配慮した取り組みを進めています。この度のオリジナルエコバック支給も、SDGs達成に向けた当社の新たな取組として、昨今問題となっている海洋プラスチックごみなどの原因となる使い捨てプラスチック資源を少しでも削減することを目的としています。

当社には、引越スタッフや営業担当者など、オフィス外での業務を主とする従業員も多いため、勤務時間の休憩中にコンビニエンスストアやスーパーなどに立ち寄って買い物をする際に利用できるよう、エコバッグはマチが広く、コンパクトなサイズに致しました。

また、この「エコバッグもってます運動」を通し、従業員によるレジ袋削減の意識を高め、環境問題を身近に感じてもらうとともに、SDGs実現に繋がる活動に参加しているという実感を持ち、SDGsの意義とその必要性への理解を深められるものと考えています。

 当社は、今後も引越をはじめ、暮らし方を提案する企業として、SDGsへの取り組みを通じ、持続可能な世界の実現をめざしてまいります。

【実施概要】

支給日:2020年6月24日(水)
※本年7月1日から全国でプラスチック製買物袋の有料化が予定されております。

対象:当社グループの全従業員

対象者数:6,500名

支給物:オリジナルエコバック
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アートコーポレーション株式会社 >
  3. 6月24日より全社で「エコバッグもってます運動」開始グループ全従業員(総勢6,500名)にオリジナルエコバックを支給