上野正博がOutbrain Japan 株式会社のマネージング・ディレクターに任命

アジア太平洋・日本地域のビジネス急成長に伴い
CriteoやBuzzfeed Japanの元代表の上野正博が
Outbrain Japan株式会社のマネージング・ディレクターを就任
オープンウェブ上でのネイティブ広告体験を提供するディスカバリー・プラットフォームのリーディングカンパニーOutbrainは、日本時間2020年10月15日に、上野正博を日本オフィスのマネージング・ディレクターに任命したことを発表しました。上野は日本地域における同社のビジネスを主導し、成長を促進していきます。

Outbrainに参画する以前、上野はCRITEO株式会社(Criteo) 代表取締役兼アジア太平洋地域最高責任者、BuzzFeed Japan株式会社(BuzzFeed) 代表取締役、Sojernアジア太平洋地域担当バイスプレジデントを歴任しました。Criteoでは、4人の従業員からスタートさせ、6カ所のオフィスに250人以上の従業員を擁するまでにAPAC事業を成長させ、同社の全世界の売り上げの20%以上を占めるまでに事業拡大に成功しました。

Outbrainの共同最高経営責任者であるDavid Kostmanが次のように述べています。「当社の継続的なイノベーションとデジタル広告全体のエコシステムの両方にとって極めて重要な時期に、上野をOutbrainに迎えられることを大変嬉しく思います。上野はパブリッシャーとデジタル広告主の両サイドでの豊富な経験に加え、卓越した実績を持ち、周囲から高い評価を受けています。日本におけるOutbrainのさらなる成長を大きく牽引してくれるものと思います」

「上野とは長年の知人で、彼の経験と幅広いマーケットに対する知見に、常に感銘を受けていました。Outbrainが大幅な成長を記録しているタイミングで就任する上野は、今までのノウハウを活かし、日本の事業を指揮してくれることになります。彼がデジタル広告業界に残した数多くの実績は、Outbrainが向かう方向性とは非常にマッチしており、我々の一員になってくれたことに嬉しく思います」と、Outbrian最高収益責任者のEytan Galaiがコメントしています。

上野は就任するにあたり次のように述べています。「Outbrainの仲間入りを大変嬉しく思っています。業界屈指の開発力、イノベーション力を持つOutbrainにいつも注目していました。グローバルのみならず、特に日本マーケットの中で、パブリッシャー様・広告主様・代理店様に定評あるOutbrain商品とサービスは大きな可能性を持っています。また、個人的には、長期にわたる海外生活を経て、再び日本のパブリッシング及び広告業界の友人とお会いできることを楽しみにしています」

上野の就任は、Outbrain JapanがAERAdot.様及び楽天Infoseek様とのパブリッシャーパートナーシップを立て続けに更新し、安定的にネットワーク成長を伸ばしているタイミングです。予定されているの複数の新ソリューションのローンチ、Outbrain Japanの次なるステージへの事業成長が上野の就任後の初期目標となります。

【Outbrainについて】
Outbrainは、オープンウェブ上でのディスカバリー体験とネイティブ広告フィードを提供しております。世界の1/3のインターネット人口がOutbrainのフィードを通してコンテンツを閲覧しています。多くのブランド様から信頼頂き、数千ものパブリッシャーニュースサイトに統合され、収益化とパフォーマンス管理にご活用いただいております。Outbrainはニューヨークに本社をおき、55ヵ国で事業を展開し、世界18の都市にオフィスを構えています。 
会 社 名:Outbrain Japan 株式会社
代 表 者:マネージング・ディレクター 上野正博
所 在 地:東京都渋谷区恵比寿西1丁目20−5 SAビル 9F
U  R  L : https://www.outbrain.com/jp/
Facebook : https://www.facebook.com/outbrainJP/
 
  1. プレスリリース >
  2. アウトブレインジャパン株式会社 >
  3. 上野正博がOutbrain Japan 株式会社のマネージング・ディレクターに任命