ウェアラブルIoTのミツフジ、生体情報技術を活かしたストレス可視化ソリューション「hamon for stress」を販売開始

 

ミツフジ株式会社(本社:京都府精華町、代表取締役社長:三寺 歩)は、「職場環境の見える化」を実現することを目的としたストレス可視化ソリューション、「hamon for stress」のサービスを3月より販売開始いたします。ストレスチェックが2015年に義務化されてから、多くの企業がストレスチェックを実施しており、さらに近年は改革への取り組みの一環として「健康経営」に取り組む企業が増えています。職場環境の改善活動の加速を受け、ミツフジでは「職場ストレスによる休職0を目指して」をテーマに、独自の生体情報センシング技術を用いて、これまで可視化しにくかった「ストレスの定量化」を可能にし、「職場環境の見える化」を実現します。

【背景】 
多くのストレスチェックでは点数集計の分析を元に、ストレス改善につながる対応策が実施されているのが現状ですが、例えば人事評価を気にして正直に回答しない、または自分ではストレスに気が付いていないなど、ストレスの状態を測定する一時的なアンケートだけでは見えてこないストレスがあることが考えられ、誤った判断を誘発してしまうリスクがあります。そこでミツフジは、従来のストレスチェックによる主観データに加えて、生体情報(バイタルデータ)を元にした客観的なデータで、メンタルヘルスにおける社内改善を目指すソリューションをご提案いたします。

【本サービスの特徴】
1.生体情報(バイタルデータ)により、ストレスチェックだけでは見えなかったリスクを可視化
2.客観的な分析レポートをもとに高ストレス者はストレス対策メニューを実施
3.企業向け総合評価レポートをもとに対策、継続利用でPDCAサイクルを実現
これらにより、企業の休職者関連のコスト削減だけではなく、企業イメージの向上、生産性・創造性の向上にも繋がり、結果企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても大きな成果が期待できると考えられます。ミツフジは、従業員のメンタルヘルスの向上や職場の活性化を支援し、企業の健康経営に貢献してまいります。
 


【サービス内容】
セットメニュー(1ID当たり)
①hamonウェア3着
②トランスミッタ―1台(充電用USBケーブルtypeBは別途ご購入が必要)
③クラウドサービス料   
④ストレス対策メニュー(ストレスチェック57項目、医師による診断や、肩こりメニューなど含む)
⑤バイタルデータによる環境・個人分析レポート

【会社概要】
社名:ミツフジ株式会社(京都府精華町)
業務内容:ウェアラブルIoT製品向け導電性繊維「AGposs®」「AGfit™」、及びウェアラブルIoT製品「hamon®」の開発、製造、販売
特徴:国内外大手企業の多くが採用するウェアラブル電極センサーを自社開発
沿革:
昭和31年 三寺冨士二が西陣帯工場として創業
昭和55年 導電性繊維の用途開発を始め、導電性ネット、テープなどを開発・販売
平成14年 銀メッキ繊維のブランド”AGposs®"を立ち上げ、商標登録。
平成20年 国際宇宙ステーションにおける宇宙飛行士の下着素材にAGposs®が採用。
平成27年 第1回ウェアラブルEXPOに出展。
平成28年 着衣型センサーを使ったIoTウェアラブルデバイスの自社ブランド「hamon®」を発表
平成29年 世界最大の家電見本市「CES2017」にhamon®を出展
平成30年 第48回繊研合繊賞 「ニューフロンティア賞」受賞 
               Forbes JAPAN主催Small Giants Award「大賞」及び「カッティングエッジ賞」受賞 

【コーポレートサイト】:http://www.mitsufuji.co.jp
【hamon®公式サイト】 http://www.hamon.tech
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ミツフジ株式会社 >
  3. ウェアラブルIoTのミツフジ、生体情報技術を活かしたストレス可視化ソリューション「hamon for stress」を販売開始