アット東京、大阪に新たなデータセンターを開設、2020年4月に運用開始予定

~関西のネットワーク拠点としてキャリアニュートラルなデータセンターサービスを提供~

株式会社アット東京(本社:東京都江東区、代表取締役社長:中村晃、以下アット東京)は2020年4月、関西地区に新たなデータセンター「DC12」を開設いたします。

DC12は関西のネットワーク集積拠点である大阪の堂島エリアにおけるNTTテレパーク堂島内に開設する、キャリアニュートラルなデータセンターです。

昨今、自然災害の甚大化によるBCPやクラウド活用の進展によるネットワークの冗長化に向け、お客さまからの関西地区のデータセンターに対する連携ニーズが高まっています。

アット東京では、2020年1月に金融機関のお客さま向けに関西中央センター(略称:KC1)の開設も予定しており、お客さまの利便性ならびにクラウドをはじめとするサービス事業者の皆さまからのさらなるご期待におこたえするために、今回、関西地区のネットワーク拠点となるデータセンターとして、新たにDC12を開設することといたしました。

お客さまは、首都圏でのネットワーク集積拠点である中央センター(以下、CC1)とDC12を一緒にお使いいただくことにより、効率的なネットワーク構築及び運用を実現することができます。

【DC 12 概要】
データセンター名称:DC12
所在地      :大阪市堂島
サービス提供形態 :ハウジングサービス
利用開始時期   :2020年4月(予定)

本データセンターの開設により、アット東京は日本でのクラウドビジネスのプラットフォームとなるデータセンター事業者を目指します。
柔軟なコネクティビティとサービス相互接続のプラットフォームとして、また、国内外のデータセンター間連携ネットワークを支えるグローバルハブとして成長することで、お客さまが新たなビジネスを創出できる環境づくりをしてまいります。


※本文に記載されている会社名及び製品名、会社名およびロゴは該当する各社の商号、商標または登録商標です。

※本ニュースリリースに記載された情報は発表日現在のものです。サービス・商品の料金、サービス内容や仕様、その他の情報は予告なしに変更されることがありますことを、ご了承ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 アット東京 >
  3. アット東京、大阪に新たなデータセンターを開設、2020年4月に運用開始予定