動画とデータの力で営業活動をDX化するSaaSプロダクト「Sales Video Analytics」がSalesforce連携を開始

~営業資料/営業動画/「お礼動画™」の閲覧状況をSalesforce上に自動表示し、営業DXを実現~

株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役:西江肇司、東証プライム:6058、以下ベクトル)の子会社の株式会社NewsTV(以下NewsTV)は、すべての営業活動を動画化し、顧客行動の可視化をすることで、営業の効率化、売上向上に繋げる営業DX化支援サービス「Sales Video Analytics(セールスビデオアナリティクス)」が株式会社セールスフォース・ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一、以下Salesforce)の提供するSalesforceとの連携を2022年7月1日より開始することをお知らせ致します。
Salesforceとの連携により、Sales Video Analytics にて顧客に送付した営業資料/営業動画/「お礼動画™」閲覧データをSalesforce上の取引先責任者ページやリードページに自動表示することが可能となります。

ご利用者はSalesforce上で顧客の閲覧データを可視化することで、資料請求のあった顧客の興味関心事項の把握やリードの効率的な商談化、商談後の顧客検討状況や顧客内共有状況の把握をし、そのデータを基にアクション設計/各種施策の実施を行うことができます。
 
  • 【Sales Video AnalyticsとSalesforceの連携の仕組み】


■Salesforce連携機能詳細
・Salesforceの顧客情報の取り込み
 Salesforceに登録されている顧客情報をSales Video Analyticsに取り込むことが可能となります。
・Sales Video Analyticsにて顧客に送付した情報をSalesforceに自動表示
 送付した動画の視聴回数、視聴時間、視聴日時、PDFのページごとの閲覧秒数など顧客ごとの営業コンテンツへの興味関心度の把握により、最適な方法・内容・タイミングを踏まえた、より効果的なアプローチが可能になります。
 

 
  • 【Sales Video Analyticsの特徴】
サービスサイトURL:https://sales-video-analytics.com/p/lp/
※本サービスは特許申請中(出願番号2022-9160)の当社独自のものです。

Point1.動画を活用した営業活動ができることにより、これまで属人化していた営業コミュニケーションが統一されたフォーマットで展開できるようになる。
Point2.年間2本まで動画を無料で制作。累計3,500案件以上の1秒ごとの離脱データなどの配信分析結果と、BtoB領域における豊富な制作実績を基にした”伝わる”動画構成だから、簡潔で分かりやすい動画制作が可能。
Point3.顧客向けに個別のランディングページを作成し、顧客毎に必要な情報を提供。閲覧回数・日時・動画と資料の視聴秒数などのログデータを計測することで、顧客の状況を把握しそれぞれに適した仮説立案、顧客内での検討状況把握、与件発生タイミングの可視化などが可能に。
Point4.「お礼動画」機能によりメール内に動画を挿入することが可能。電話/文字だけでは伝わらない自社サービスの魅力の伝達や、顧客接点の構築を実現。


NewsTVは、今後も動画とテクノロジーを掛け合わせて更なる技術研究・開発を行い、企業の営業活動を強力にサポートしてまいります。



【株式会社NewsTV 会社概要】

会社名:株式会社NewsTV
住所:東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル17階
設立 :2015年6月10日
代表者:杉浦 健太
事業内容: ビデオリリースの制作・配信事業
URL: https://newstv.co.jp/


 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社NewsTV >
  3. 動画とデータの力で営業活動をDX化するSaaSプロダクト「Sales Video Analytics」がSalesforce連携を開始