北海道ろうあ連盟への寄付について

 世界75カ国にて200以上の施設を展開するハードロック・インターナショナル(本社:フロリダ州・ハリウッド、会長:ジム・アレン)の日本法人、ハードロック・ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:アド・マチダ)は、北海道在住の視覚障害をお持ちの方々を支援するため、北海道ろうあ連盟に寄付を行いました。
 

 


 ハードロック・ジャパンは、2019年2月4日から2月11日の間に行われた第70回さっぽろ雪まつりの大雪像に協賛しました。雪まつり期間中に開催したコンサート「Hard Rock Family Live」に、あらゆる人に音楽を楽しんでいただくことを目的に、音楽をリアルタイムで色と振動に変換するデバイス「サウンドハグ」を導入し、北海道ろうあ連盟を通じてご招待した北海道在住の聴覚障害をお持ちの方々にコンサートをお楽しみいただきました。このたび、ハードロック社がさっぽろ雪まつりの出展ブースにて販売したオリジナルハードロックグッズの収益金を、北海道ろうあ連盟へ寄付いたしました。

 ハードロック・インターナショナルグローバル・ソーシャル・レスポンシビリティ部門のバイスプレジデントのポール・ペリザーリは、今回の寄付について以下のようにコメントしています。「少しでも北海道ろうあ連盟の皆様にお役立ていただければ大変嬉しいです。ハードロック・ヒールズ財団は、世界中でさまざまな社会貢献活動を行ってきました。今年1月に北海道で行われたライブへのサウンドハグ導入も、ハードロックの目指す、“すべての人が共に”音楽を楽しみたいという精神に基づくものでした。今後も、北海道の皆様のコミュニティの一部となって、様々な活動を共にさせていただけたら幸いです。」

 また、北海道ろうあ連盟の理事長の山根昭治氏は、今回の寄付について以下のようにコメントしています。「聞こえない人に音楽の新しい楽しみ方としてサウンドハグを使った企画は北海道で初めてでした。サウンドハグを体験した参加者から『聞こえる人と一緒になって音楽を楽しめた』と感謝とお礼のメッセージが届いています。当事者団体だけでは運営できないことをハードロック・ジャパン様の協力で実現できました。またこのような多大な寄付の申し出は北海道ろうあ連盟の運営に大きな励みとなります。今後も聴覚障害者の方が聞こえる人と同じステージで音楽を楽しむ価値観を創出する行動を共にしたいと思います。大変ありがとうございます。」

 ハードロック・インターナショナルは企業スローガンである、“Love All, Serve All (全ての人を愛し、全ての人に尽くそう)”の精神の元、世界中で様々な慈善活動を支援しています。聴覚障害をお持ちの方も隔てなく、ハードロックの提供する音楽を始めとするエンターテインメントをお楽しみいただきたいという想いから、今後も様々な支援をしてまいります。

 ハードロック・インターナショナルについての詳細は、サイトよりご覧ください。 www.hardrock.com

■北海道ろうあ連盟について
北海道ろうあ連盟は昭和24年7月に創立し、今年で創立70周年を迎えます。北海道ろうあ連盟は全道に24の加盟団体を持ち、約1,200名の会員で構成する団体です。聴覚障害者の社会参加に大切な手話通訳派遣や手話通訳者を育てる事業等を行っています。また北海道ろうあ連盟が主催者として、6月に全道ろうあ者夏季体育大会、9月に全道ろうあ者大会を北海道各地で毎年開催しています。北海道ろうあ連盟は「手話は言語」であると長年、手話の社会認知を求めてきました。その結果、2018年4月に北海道手話言語条例と意思疎通支援条例が制定され、道内の24自治体が手話言語条例を制定しています。しかし、社会には手話のできる方がまだまだ少なく、聴覚障害者に対する理解も十分とは言えません。社会がまだ「手話は言語」の理解が普及していないため手話通訳者の身分保障が低く、なり手が少ないのが現状です。手話言語条例が広がることで、手話を身近に感じる市民が増えることで聴覚障害者の社会参加が広がります。すべての聴覚障害者がお店や病院に行ったとき「コミュニケーションの障壁」がなくなることで、聴覚障害者に対する理解や合理的配慮の促進が社会に広がることを北海道ろうあ連盟は願っています。いつでもどこでも誰もがコミュニケーションのできる社会であってほしいと北海道ろうあ連盟は「完全参加と平等」が生きる社会を目指しています。

■ハードロック・インターナショナルについて
ハードロック・インターナショナル(以下、HRI)は現在、計75カ国において185軒のカフェ、27軒のホテル、11軒のカジノなどを運営する国際的に高い認知を獲得している企業の一つです。エリック・クラプトンのギターに始まり、ロック・ポップ音楽界のミュージシャンの記念品を多数所有しており、世界各国の施設で展示しています。また、コレクターも多いアパレルや音楽関連のグッズのほか、著名アーティストのコンサートやイベント会場としても使用される「Hard Rock Live」でも広く知られています。HRIは全てのハードロックブランドの国際商標を所有し、「ハードロックカフェ」をロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコ、シドニー、ドバイなどの主要都市にて所有あるいは運営(フランチャイズ契約も含む)しています。また、世界中にあるハードロックホテルなどの所有あるいは運営(フランチャイズ契約も含む)も行っております。親会社であるザ・セミノール・トライブ・オブ・フロリダが所有・運営するタンパとハリウッドの大型リゾートを筆頭に、アトランティックシティ、バリ、カンクン、デイトナビーチ、デサルコースト、イビザ、オーランド、深セン、サンディエゴなどの世界中の様々なロケーションで施設を運営しています。さらに今後は、イギリスのピカデリーサーカス、オックスフォードストリート、ネパールのカトマンズ、日本の京都、インドのチャンディーガルに「ハードロックカフェ」、アムステルダム、ベルリン、ブダペスト、ダブリン、ロンドン、ロスカボス、マドリッド、モルディブ、ニューヨークシティ、オタワ、サクラメント、大連、海口に「ハードロックホテル」の開業を予定しています。2018年には、Forbesが選ぶ「米国で女性にとって最も良い雇用者」のひとつに選ばれました。また、今年4月には、Forbesが選ぶ「米国の最高の雇用主」のひとつに選ばれました。
URL: https://hardrock.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ハードロック・インターナショナル >
  3. 北海道ろうあ連盟への寄付について