ワクチン休暇と相談窓口を設置

新型コロナウイルス感染症のワクチンを安心して接種できる環境を整備

法人向けクラウドサービスの開発・販売をおこなう株式会社スタディスト(本社:東京都千代田区、代表取締役:鈴木悟史、以下「スタディスト」)は、従業員が新型コロナウイルス感染症のワクチンを接種する際に取得できる有給の特別休暇を新設しました。また、ワクチン接種に対する不安などを相談できる窓口も設け、産業医と連携して不安解消に努めます。スタディストはこれまで、インフルエンザのワクチンにおいて従業員の接種費用の補助やオフィスでの集団接種を実施してきましたが、特別休暇を付与するのは初めての取り組みです。
■特別休暇の詳細
スタディストでは、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を希望する従業員から申し出があった場合、特別休暇を付与します。詳細は以下の通りです。
  • 対象者:正社員
  • 特別休暇の対象となる日:接種の当日および副反応による体調不良がある場合の接種翌日以降の日
  • 取得可能な休暇の日数:制限なし
  • 対象期間:2021年6月15日 ~ 厚生労働省が定めるワクチン接種期間まで(現状は2022年2月末までの予定)

■相談窓口について
スタディストの従業員は、ワクチンの接種や特別休暇の取得に関して不安なことがある場合、所定のフォームから人事労務担当者に相談することが可能です。内容に応じて産業医とも連携し、不安の解消に努めます。

■今後の展開
スタディストでは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2020年2月から全従業員がテレワークを実施しています。2021年6月現在も9割以上の従業員がテレワークを継続しており、今後も状況に応じて柔軟な勤務体制を確保していく予定です。また、当面のあいだはテレワークをはじめとした対策を継続し、感染症拡大防止に努めます。

ワクチン休暇の申請に関する従業員向けのマニュアル(一部抜粋)ワクチン休暇の申請に関する従業員向けのマニュアル(一部抜粋)


■株式会社スタディスト 会社概要
所在地:東京都千代田区神田錦町1-6 住友商事錦町ビル9階
設立: 2010年3月19日
資本金: 25億3,408万円(資本準備金含む)
代表者: 代表取締役CEO 鈴木 悟史
事業内容: マニュアル作成・共有システム「Teachme Biz」および販促PDCAマネジメントプラットフォーム「Hansoku Cloud」の開発、販売
ウェブサイト: https://studist.jp/

「伝えることを、もっと簡単に。」というミッションのもと、マニュアル作成・共有システム「Teachme Biz」および販促PDCAマネジメントプラットフォーム「Hansoku Cloud」を開発、販売。企業における情報伝達ロスをなくし、「知る、考える、創り出す喜びにあふれた、知的活力みなぎる社会をつくる」というビジョンを掲げるスタートアップ。

Teachme Bizウェブサイト https://biz.teachme.jp/
Hansoku Cloudウェブサイト https://biz.hansoku-cloud.jp/

■報道関係者 お問い合わせ先
株式会社スタディスト
広報:朝倉
電話:050-1744-3760
E-mail:pr@studist.jp
  1. プレスリリース >
  2. スタディスト >
  3. ワクチン休暇と相談窓口を設置