長崎県五島市は、「世界首長誓約/日本」に署名しました

今後2年以内に、2030年の五島市の温室効果ガスの削減目標及び行動計画を策定し、達成に向けて計画を実施していきます。

五島市は、2018年8月1日(水曜日)、「世界首長誓約/日本」に署名しました。
「世界首長誓約」は、温室効果ガスの削減を目指す世界的な取組みで、EUの温室効果ガス排出削減 目標以上の削減を目指す自治体首長がその旨を誓約し、行動計画を策定するもの。これまでにEUを中心に約7,500の自治体が参加しています。

五島市は「世界首長誓約/日本」に署名しました五島市は「世界首長誓約/日本」に署名しました

2018年8月1日から、「世界首長誓約/日本」として、日本でも取組みが始められ、九州では唯一五島市だけが参加しています。
平成30年8月31日現在、国内での参加自治体は、滋賀県大津市、北海道ニセコ町、長崎県五島市、大阪府豊中市、群馬県南牧村、静岡県三島市、京都府与謝野町の7自治体。五島市は、滋賀県大津市、北海道ニセコ町に次いで3番目の署名でした。

五島市は、今後2年以内に、2030年の五島市内の温室効果ガスの削減目標及び行動計画を策定し、達成に向けて計画を実施していきます。

世界首長誓約/日本とは https://covenantofmayors-japan.jp/about/circumstances
「世界首長誓約/日本」の誓約自治体 https://covenantofmayors-japan.jp/about/signature-municipality-list

【五島市について】
五島市は、長崎市の西約100キロに浮かぶ11の有人島と52の無人島で構成されています。人口は約37,298人(2018年7月末現在)です。

【五島市における再生可能エネルギーの取り組み】
「五島市まち・ひと・しごと創生総合戦略」の基本目標1「五島の恵みを活かし、雇用を生み出す❝しま❞をつくる」に掲げる再生可能エネルギー産業創出プロジェクトに基づき、ウィンドファームの実現やメンテナンス等関連産業の育成及び雇用の創出、潮流発電の実証事業などに取り組んでいます。

五島市まち・ひと・しごと創生総合戦略 
http://www.city.goto.nagasaki.jp/contents/city_ad/pdf/762_02_01.pdf

また、五島市再生可能エネルギー基本構想を策定し、~エネルギーで活力をつくり、エネルギーを生産する「エネルギーのしま~をテーマに、地方創生、雇用・関連産業の創出、企業誘致、環境に優しいまちづくり、新たな自主財源の確保を推進しています。

五島市再生可能エネルギー基本構想
http://www.city.goto.nagasaki.jp/contents/special/index039_4.php

平成28年4月には、五島市崎山町沖で、浮体式洋上風力発電による発電事業がスタートしました(日本初の商用運転)。今後は、その風車から、さらに沖合に10基程度増設する予定です。
また、奈留瀬戸では潮流発電の実証事業が行なわれています。

【再生可能エネルギーの導入状況】
<平成29年度>
風力発電設備 39基※ 発電量:20,660Mwh/年
太陽光発電設備 1,355基 発電量:47,804Mwh/年
水力発電設備 1基 発電量:631Mwh/年

※内訳
・浮体式洋上風力発電設備…1基
・大型陸上風力発電設備…11基
・小型陸上風力発電施設…27基)


【五島市の再生可能エネルギー電力自給率(推計値)】
40.1%(平成29年度)

浮体式洋上風力発電「はえんかぜ」浮体式洋上風力発電「はえんかぜ」

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 五島市 >
  3. 長崎県五島市は、「世界首長誓約/日本」に署名しました