単身高齢者等の見守りができるIoT電球「ハローライト」のテスト導入を開始

電球の点灯動作を登録先にメールで通知、離れて暮らす家族等が安否確認可能に

ホームネット株式会社(東京都新宿区、代表取締役 藤田潔)と、ビレッジハウス・マネジメント株式会社(東京都港区、共同経営責任者 岩元龍彦、工藤健亮)は、ハローライト株式会社(東京都千代田区、代表取締役 鳥居暁)が開発した、LEDとSIMを一体化して点灯がわかるIoT電球「HelloLight(以下ハローライト)」のテスト導入を2019年11月30日より順次開始いたします。


実施概要
・実施開始日       :2019年11月30日
・対象物件          :ビレッジハウス大谷10 戸(埼玉県さいたま市見沼区大字大谷1780)

ハローライト概要
ハローライトは、LEDとSIMが一体化している世界初(※1)のIoT電球です。通常の電球をハローライトに交換することで、電球1つで点灯状況の通信が可能となり、24時間の点灯と消灯をチェックし、その動きがない場合に限り翌日にメールにて通知を行います。(特許出願済:特開2016-218969)また、Wi-Fiルーター、電源コンセントや設置工事が不要です。電球の点灯と消灯だけで安否確認をする為、プライバシーも守られ、単身高齢者の自然な見守りに役立ちます。(※1) 株式会社ソラコムが提供する“SORACOM IoT SIM”を採用したLEDとSIMの一体型の電球は世界初になります。

ハローライト紹介サイト    :https://hellolight.jp/
ハローライト紹介動画       :https://youtu.be/zy-h9Vnklrk
 


取り組み背景
ビレッジハウス・マネジメントは、旧雇用促進住宅を一括取得し「ビレッジハウス」へリブランディング、リノベーションのうえ、全国47都道府県で1,063物件、105,067戸の賃貸住宅「ビレッジハウス」を運営、管理する国内最大級の賃貸住宅サービス会社です。また、「セーフティネット住宅情報提供システム」への物件登録も全国トップクラスであり、低所得者層を含む全ての人へ安心安全な賃貸住宅を積極的に提供しています。

ホームネットは、全国24カ所の都道府県で「居住支援法人」の指定を受け、2016年より住宅確保要配慮者の入居支援サービスとして週2回の安否確認に入居者死亡時の費用補償を付帯した「見まもっTELプラス」を提供しておりますが、日常生活において自然に見守りができる入居支援サービスとして「ハローライト」を採択する予定です。高齢者のストレスを軽減させる自然な見守りが実現できるハローライトを普及させることで、入居者や家主等が共に安心できる環境構築に尽力して参ります。

ビレッジハウス・マネジメント株式会社概要
設立                     :2016年12月21日
本社所在地            :〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル4階
共同経営責任者      :岩元 龍彦、工藤 健亮
URL                     :https://www.villagehouse.jp/

ホームネットグループ概要
設立                    :1991年12月(ホームネット㈱)
本社所在地           :〒169-0072 東京都新宿区大久保3-8-2 新宿ガーデンタワー13階
代表取締役           :藤田 潔
URL                    :https://www.homenet-24.co.jp/(ホームネット㈱)

当グループは不動産オーナー向け家賃債務保証サービスを通した高齢者の居住支援、24時間365日体制での地域密着型見守りサービス、ICTによる定期巡回・随時対応サービス支援による高齢者の生活支援、更に家財整理や葬儀相談による終活支援を通じ、厚生労働省が提唱する「地域包括ケアシステム」の構築を支援することで、「空室問題」と「高齢者住居問題」の解決に寄与します。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ホームネット >
  3. 単身高齢者等の見守りができるIoT電球「ハローライト」のテスト導入を開始