アドウェイズ、XR領域のCreative-techに特化したMawariと資本業務提携

~3Dモデルを活用した全く新しい体験型広告を共同開発、提供開始~

株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役:岡村陽久、以下アドウェイズ)は、AR/VR/MR等のXR領域のCreative-techに強みを持つ株式会社Mawari(本社:東京都渋谷区、CEO:Luis Oscar Ramirez、以下Mawari)と、3Dモデルを活用した全く新しい体験型広告を共同開発、提供を開始いたしました。


昨今のデジタル広告は、テキスト、画像だけでなく、音声や動画を活用し、情報を一方的ではなく双方的に伝えるものへと進化、広告クリエイティブのリッチ化も進んでいます。

この度の資本業務提携により、Mawariの強みであるクリエイティブとテクノロジーを活用した新たな体験型広告「インタラクティブ3Dアド」を共同開発し、当社の100%子会社であるBulbit株式会社が提供する全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」において配信が可能となりました。

「インタラクティブ3Dアド」は、回転、ズーム、色変更などユーザーが実際に触れることができる全く新しい形の体験型広告です。3Dモデルを使用することでプロダクト、ブランド、キャラクターの魅力を、よりリアルに訴求することができます。
 

*ニューBMW 3シリーズのクリエイティブ事例

 「UNICORN」ではアプリデベロッパー様向けに、不正やアドフラウドを除外した上でトラフィックを最適に買い付けられる環境を提供することに尽力しておりましたが、「UNICORN」でしか実現し得ないマーケティング環境をアプリデベロッパー様以外の多くのお客様にもご利用いただけるよう、これまでにない表現方法を実現することで様々なニーズにお応えできるようになりました。
不正やアドフラウドを除く本質的な指標と、機械学習によるハイブリットな広告配信エンジンにより、ブランドイメージを毀損することなく、効率的且つ効果的な広告配信が可能となります。
また、「UNICORN」が提供する広告に触れたユーザーの操作データを取得し、ユーザーエンゲージメントを基にした機械学習による配信調整を行うことで、本当に興味を示したユーザー群へのリーチが可能となります。

アドウェイズグループは、今後も市場のニーズにいち早く対応し、世界各国で効率的且つ実用的な広告マーケティングサービスを提供することで、世界中から「なにこれ すげー こんなのはじめて」と言われるよう、尽力してまいります。

 【UNICORNについて】 https://uni-corn.net/
月間買い付け可能トラフィック2,800億impを超える国内最大級のモバイルアプリ向けの全自動マーケティングプラットフォーム。SSPとのRTB取引の中でリアルタイムにインプレッションの価値を予測し、UNICORN上で展開される各キャンペーンにとって最適な価格での自動入札を実現。

■株式会社mawariについて https://mawari.co.jp/
渋谷を拠点にしたCreative Techカンパニー。インタラクティブ3D広告の開発等を行う。その広告では、外部データから広告のデザインをダイナミックに変更させたり、ユーザーが3D広告に触れたデータを、リアルタイムにデータを取得し分析が可能(開発中)。

□■□株式会社アドウェイズについて https://www.adways.net/
2001年設立。2006年に東証マザーズ上場。国内最大級のアフィリエイトサービス「JANet」「Smart-C」の運営をはじめ、スマ―トフォン向け広告配信サービス「AppDriver」や全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」を展開する。また、アプリやコンテンツの企画・開発・運営など多彩な事業を展開。日本を始め、アジアを中心とした世界各国への海外展開も行なっている。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アドウェイズ >
  3. アドウェイズ、XR領域のCreative-techに特化したMawariと資本業務提携