アイデア満載&誰でも撮れる「映え婚PHOTO 9選」を吉岡里帆さんがレクチャー!~3人に1人はウエディングフォトの「撮影指示書」作成!イマドキの花嫁は写真を大切にする“映え婚”~

「映え婚」HOW TO MOVIE 5種にも注目!アールイズ・ウエディング オリジナル撮影指示書「フォトアイデアシート」無料DL開始!

 

「映え婚PHOTO 9選」と「映え婚」HOW TO MOVIE一例「映え婚PHOTO 9選」と「映え婚」HOW TO MOVIE一例

海外・国内(沖縄)リゾートウエディングブランド「アールイズ・ウエディング」を展開する株式会社グッドラック・コーポレーション(本社:東京都品川区 代表取締役:堀田和宣)は、女優の吉岡里帆さんを起用し、映えるウエディングフォトとして「映え婚PHOTO 9選」を本日9月2日(月)から公式サイトで公開します。
当社は、リゾートウエディングの真の価値は、大切な人たちとともに感動し、楽しむ“特別な旅“ととらえています。今回、その特別な旅に欠かせない「写真」を思う存分楽しめるようサポートします。

イマドキの花嫁の結婚式は“映え婚”!
20~30代の花嫁に実施した「卒花約100人に聞く結婚式にまつわる」調査では、自身の式で力を入れたこととして「写真撮影」(19.5%)がトップに。57.4%は「SNSに投稿」した。 (※卒花…結婚式を終えた花嫁のこと。)

吉岡里帆さんのレクチャーMOVIEも公開!アイデア満載&誰でも簡単「映え婚PHOTO 9選」
「映え婚PHOTO 9選」は、「#親友ブーケ」「#スマホ鏡面」「#フォトスプラッシュ」「#LEDカーテン」「#ダブルメモリー」などの全9種。オリジナリティあふれるウエディングフォトが、身の回りにあるアイテムとアイデアで誰でも簡単に撮影可能。例えば「#ダブルメモリー」では、新郎・新婦の子ども時代の写真を用意し、顔の近くに写真を寄せて撮影しますが、今回実際に吉岡里帆さんも子ども時代の写真と一緒に撮影しています。さらに吉岡里帆さん自ら撮影のポイントを実践した「映え婚」HOW TO MOVIE 5種にも注目です。
それぞれの写真は、SNS上で参考にするウエディングフォトを探す花嫁が「やってみたい!」と思えるようなキャッチーなハッシュタグで表現しています。

花嫁の3人に1人が作成のウエディング「撮影指示書」とは?
写真を重視している花嫁の必須アイテムが「撮影指示書」。ロケーションやヘアメイクなど、事前に、撮影するスタッフとすり合わせるための資料です。前述の調査によると3人に1人が自身で制作しているという結果に。一方で「作り方が分からなかった」(23.2%)「時間がとてもかかった」(22.0%)「よくみるアングルばかりになった」(20.7%)と苦戦している様子が伺えます。
この結果から、これから結婚式を迎えるプレ花嫁の皆様に向けて、誰でも無料で使用可能なアールイズ・ウエディング オリジナル撮影指示書「フォトアイデアシート」のダウンロードを開始します。「フォトアイデアシート」はカップルの理想の撮影をサポートするためのツールとしてお使いください。
当社は、リゾート地へのご出発から到着、現地でのウエディング、その後のハネムーンやゲストの現地での過ごし方など皆様が心ゆくまでお楽しみいただけるよう、今後もリゾートウエディングにおけるトータルサービスを更に展開・拡大してまいります。

■アールイズ・ウエディング「映え婚」サイトhttps://www.arluis.com/arluis-specialphoto/
※「映え婚PHOTO 9選」もこちらから

■「映え婚」HOW TO MOVIE 5種

 


<「映え婚PHOTO 9選」&「映え婚」HOW TO MOVIE紹介>
【#親友ブーケ】
ゲストと協力して思い出をもっと華やかに!
お祝いに駆けつけてくれたゲストたちをブーケの花に見立てる撮影方法。
遠近法をうまく使って、楽しい一枚に。

【#スマホ鏡面】
簡単テクでロマンチック!
晴れの日、スマホの液晶画面を上に向けて、チャペルを反射させて撮影。チャペル撮影も一工夫することで、
オリジナリティある写真の出来上がり。

【#ヴェールフィルター】
ヴェールをかぶせるだけでドキッとする写真に
カメラマンと向かい合って立ち、2人で距離を保ちながらヴェールで覆い、ヴェールにつつまれた状態で撮影。
純白のフィルターが花嫁の表情を一層美しく魅せてくれます。

​【#フォトスプラッシュ】
リゾートならでは!水しぶきがキラキラ
ゲストが新郎・新婦とカメラマンの間で水鉄砲を撃ち合います。
水しぶきがぼやけてキラキラして、まるで光の粒に包まれているような、幻想的な写真に。

【#LEDカーテン】

ちょっと上級!スマホを持ってダッシュ!
スマホのLEDライトなど、灯りを持ったゲストが新郎・新婦の周りを囲むように走ります。シャッタースピードは長めに設定。
難しい夜の撮影でも、素敵な写真に。

 


【#彼越し目線】
表情次第でキュートにもセクシーにも
新婦が新郎の肩越しにレンズを覗き込んだら、その顔にピントをあわせるだけ。
新郎・新婦、それぞれに撮影して、二枚一組にするのもよし。



 


【#アンブレラパーティ】
雨の日でもOK?!なウエディングフォト
ゲストが傘を差し、新郎・新婦を囲む。脚立など少し高い目線からパシャリ。
ふたりで見上げても、見つめ合っても特別な写真になること間違い無し。



 


【#ダブルメモリー】
お互いの子どもの時の写真で盛り上がる!
新郎・新婦の子ども時代の写真を用意。顔の近くに写真を寄せ、向かい合ったり、のぞいてみたりするだけでオリジナルなものに。撮影中は、当時の思い出話に花が咲くはず。
吉岡里帆さんも実際の幼少期の写真と一緒に撮影しています。

 


【#スマホムードライト】
スマホがあればOK!まるで映画のポスターみたい
ゲストがスマホのライトを点灯させて、新婦の向こうからカメラにむけて逆光になるように立つ。モノクロモードで撮影すれば、映画のポスターのような写真に仕上がります。

 

 


公開日:2019年9月2日(月)

掲載場所:東京メトロ 新宿スーパープレミアムセット
日程:2019年9月2日(月)~9月8日(日)








掲載イメージ

<吉岡里帆さんインタビュー>
Q.撮影を終えての感想を教えてください。
どのショットもアイデア満載ですぐに真似できる撮影方法ばかりで、私もいろいろな人に薦めたいです。撮影中に参考にしてくれる花嫁さんの事を考えると、私もわくわくしました。

Q.一番お気に入りの“映え婚”ショットを教えてください。
「ダブルメモリー」です。幼い時の写真を用意して並んで撮るだけなので簡単に実践でき、背景を変えても楽しめそうです。子どもの頃の写真は見たことがない写真も出てきたりするので、お互いを見直す時間になるかなと思います。今回の私の写真は多分、2、3歳 の時のものだと思います。歯が生え始めたのが気になって、いじっているところを父親にアピールしている写真で、不意打ちショットだと思います(笑)。結婚式の準備期間で、また2人の距離が縮まりそうだなという意味でもとても良いなと思いました。 他にも、「花火シャワー」は、お友達が自分の周りを廻って撮影してくれるので、一緒に撮る感覚があって新鮮でした。結婚式の写真は「白背景で明るく」というイメージを持っていたのですが、夜の暗いシチュエーションでこんな素敵な写真が撮れる!というアイデアが新しいですし、撮影していてもすごく楽しかったです。

Q.苦戦した撮影はありますか?
「ヴェールフィルター」が、意外と難しかったです。写真はすごく綺麗な雰囲気ですけど、実際は、カメラマンさんとの息を合わせるのが大変ですし、レースの綺麗な影が落ちるにはかなり光量が必要なので、まぶしい顔になるのを花嫁さんがどれだけ我慢できるか?という戦いはあると思います。

 Q.最近のプレ花嫁さんは、撮影指示書を準備し撮影に臨むそうです。吉岡さんから何か撮影のアドバイスはありますか?
綺麗に撮られよう、かわいく映らなきゃと、意識しすぎると良い写真が撮れないことが多い気がします。あとは撮影現場ってその場にいる人たち同士の関係性がすごく写真ににじみ出るように思います。楽しい現場は自然と笑いがこみ上げてくるんです。なので私はカメラマンさんと喋ったりして、なるべくコミュニケーションをとるようにしています。いきなり撮ってもらうのは委縮してしまうかもしれないので、撮影の際に、会話して仲良くなるのもいいかもしれないですね。

Q.撮影の舞台、「沖縄」はいかがでしたか?
過去にも撮影で訪れたことはありますが、式場は初めてでした。沖縄の式場は、やっぱりチャペルから海が見えたり、暖かい気候でリゾート感があって、「沖縄ならでは」という感じがしていいなと思いました。そして、国内なので、身体に負担無く、すぐに行けてリゾート感が出せるのは、沖縄のメリットだなあ、と思います。

<アールイズ・ウエディングオリジナル撮影指示書「フォトアイデアシート」 使用方法>
「撮影指示書」を自分で作る上で一番面倒なのが自分でお手本にしたい写真を発掘してくること。
SNSや雑誌に無数にあるウエディングフォトの中から自分のお気に入りを見つけるのはとても時間と手間がかかります。
そこでアールイズ・ウエディングオリジナル撮影指示書「フォトアイデアシート」は、下記のポイントで、カップルの理想のウエディングフォト撮影をサポートします。
 

ポイント① あらかじめ当社の方で、豊富なウエディングフォトストックの中からお手本になる写真をセレクトしてあります。

ポイント② それらのお手本写真が、シーン別に分類され「フォトアイデアシート」にレイアウトされています。
ポイント③ お客さまは、PDF形式の「フォトアイデアシート」をダウンロード&印刷をするだけ。その中からお気に入りの写真を選びつつ、さらにご自身でもアイデアがあれば、そのアイデアに近いアングルやイメージの写真も追加で持っていき、カウンターにてプランナーと相談してください。

■アールイズ・ウエディングオリジナル撮影指示書「フォトアイデアシート」
https://www.arluis.com/arluis-specialphoto/
※こちらからダウンロードください。

「撮影指示書」とは?
ロケーションやヘアメイクなど、事前に、撮影するスタッフとすり合わせるための資料。

吉岡里帆さんレクチャーの「映え婚」
ウエディングフォトを網羅


サロンで相談するステップも記載で安心

先輩花嫁の映えるウエディングフォトを掲載。一から写真探しの手間がなくなります。簡単に自身のイメージを膨らませることが可能!


<「結婚式にまつわる」調査について>
■調査トピックス
結婚式で力を入れたこと第1位は「写真」、もっと力をいれた方がよかったこと第1位は「動画」

Q.結婚式で力を入れたこと、もっと力を入れた方がよかったこと<MA>(n=108)
力を入れたこと第1位は「写真撮影」(19.5%)、思い出を形に残したい花嫁が多数。一方で、今後は動画への要望も多く、もっと力を入れた方がよかったこととして「動画撮影」(20.3%)をあげた

Q.もっと力を入れた方がよかったと答えた理由<FA>(n=108)
(写真と答えた人)
撮りたいポーズや背景をもっとピックアップしとけばよかったなと思いました。
(動画と答えた人)
自分達でyoutuberのように携帯で動画を撮りました。でもさすがに撮れる範囲に限界があったので、プロに頼んでもよかったかなと思いました。
(ブライダルエステと答えた人)
写真や動画を見直すと、もっとダイエットを頑張ればよかったなと後悔します。  ブライダルエステも通いましたが今の方が肌が綺麗なことも 後悔です

結婚式でやってよかったこと第1位は「写真撮影へのこだわり」、「前撮り」も第3位に

Q.結婚式でやってよかったことを教えてください<MA>(n=108)
「写真撮影へのこだわり」(13.7%)、「前撮り」(12.5%)と写真にまつわるこだわりが上位に。その他に「食事へのこだわり」(13.0%)「式費用の節約」(10.6%)という意見も。

Q.結婚式でやってよかった理由<FA>(n=108)
(写真と答えた人)
写真にこだわることによって思い出が綺麗に残り、いつでも新鮮な気持ちで思い返せます。
(動画と答えた人)
動画は記念になりました。結婚記念日に新鮮な気持ちになれます。

約3人に1人が「撮影指示書」を自作し、式の撮影イメージを伝えている!

何かしら結婚式の撮影のイメージを自身で準備をして伝えた人
「「撮影指示書」を作った」+「イメージを画像で見せた」=44.4%


Q.式中撮ってほしい写真のイメージをカメラマンにどのように伝えましたか?SA>(n=108)
33.3 %の人はプロのカメラマンに「お任せにした」と答えた一方で、「撮影の指示を紙にまとめて伝えた」(29.6%)、「画像データを見せた」(14.8%)と明確な撮影イメージをもって伝えた方が多数いることが分かった。
特に3人に1人は「撮影指示書」(ロケーションやヘアメイクなど、事前に、撮影するスタッフとすり合わせるための資料。)を作っていることが分かり、撮影に対していの熱量が伺えた。

「作り方が分からない」「時間がかかった」など困った点も、情報収集は「Instagram」が人気


Q.撮影指示書に関して困ったこと難しかったことはありましたか。<MA>(n=32)
「作り方が分からなかった」(23.2%)「時間がとてもかかった」(22.0%)「よくみるアングルばかりになった」(20.7%)と苦戦していう様子が伺える。



Q.イメージを伝える際に何を参考、また情報収集をしましたか<MA>(n=70)
「Instagram」(38.4%)がトップ。
「雑誌」(22.4%)と根強い人気。





プロカメラマンの撮影には満足も、“こうすればよかった”という意見も


「とても満足」+「どちらかといえば満足」=93.6%


(左)Q.写真撮影(プロカメラマンによる)の内容は満足できましたか?<SA>(n=108)
(右)Q.(プロカメラマンの)出来上がった写真を見てもっとこうすればよかったと思うことはありますか。今後式をする人へのアドバイスとして教えてください。<MA>(n=63)

自身の努力「姿勢・スタイル」(32.1%)が第1位だったものの、カメラマンとのコミニケション不足である「カメラマンにもっと明確な撮影イメージを伝えればよかった」(26.4%)や「自分らしい写真を心がければよかった(不自然)」(9.4%)などが上位となった。

プロカメラマンに撮影を頼むのは当たり前!?

Q.プロカメラマンによる撮影をお願いした理由を教えてください。<MA>(n=108)
半数以上が「一生の思い出に残るので」(53.7%)。「式場にすすめられた」(13.8%)かたもいるものの、プロカメラマンの撮影に満足が高いことから結婚式をする人にはお勧め。





Q.(プロカメラマンや友達も含む)撮影した写真はSNSで投稿しましたか?<SA>(n=108)
約6割がSNSに投稿!





調査まとめ:

  1. 結婚式の「写真撮影」に力を入れた、こだわった人は多数。今後は「動画」への需要も。
  2. 3人に1人はプロカメラマンへの撮影イメージを伝える「撮影指示書」を制作。
  3. 半数以上はSNSに投稿済み。

イマドキ花嫁は「写真撮影」を重視する“映え婚”

■調査概要
調査タイトル:
「卒花約100人に聞く結婚式にまつわる」
調査方法:インターネットによるアンケート調査
調査時期:2019年8月
調査実施:株式会社グッドラック・コーポレーション

調査対象:20~30歳代女性 108名
(1)3年以内に結婚式をした
(2)結婚式に親族以外の友人も招待した
(3)プロのカメラマンに写真撮影を依頼した
(4) Instagram、Facebookなど 何かSNSを使用している

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グッドラック・コーポレーション >
  3. アイデア満載&誰でも撮れる「映え婚PHOTO 9選」を吉岡里帆さんがレクチャー!~3人に1人はウエディングフォトの「撮影指示書」作成!イマドキの花嫁は写真を大切にする“映え婚”~