「SAKETIMES」2020年5月の純PVが100万を突破、今後の日本酒専門WEBメディアとしての展開に関して

日本酒に特化した事業を展開する株式会社Clear(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:生駒龍史、以下「当社」)は、当社が運営する日本酒専門WEBメディアSAKETIMES( https://jp.sake-times.com/ )にて、2020年5月の月間純ページビュー(自社サイト内のPV)が102万5778PVとなったことをお知らせします。

※純PV・UUは、Googleアナリティクスによる速報値(2020年6月1日現在)

SAKETIMESは、2014年6月に日本酒専門WEBメディアとしてローンチ。酒蔵の紹介や杜氏・蔵元へのインタビューから、酒器やペアリングなどの楽しみ方、専門用語の解説など、日本酒体験を豊かにする、あらゆる情報を毎日配信してきました。2020年5月は102万PVとサイト開設以来、過去最高の数字を更新しました。

これまでも今後もメディアとしての数字を追うだけではなく、編集部一同、さらに上質なコンテンツづくりを追求し、読者の方々がもっと日本酒を知りたくなるような情報を配信していきます。どうぞご期待ください。

◆ SAKETIMES編集長 小池潤のコメント


日本酒専門WEBメディア「SAKETIMES」は、2020年5月に月間100万PVを超えました。

昨年から景気後退への懸念がささやかれ、新型コロナウィルスの影響もあって、多くのWEBメディアが閉鎖を余儀なくされています。そんな状況の中で、SAKETIMESが堅調に成長し続けられているのは、私たちの活動に共感し応援してくださる、酒蔵をはじめとした日本酒の関係者や読者の方々のおかげです。本当にありがとうございます。

WEBメディアの価値は、PV(閲覧数)やUU(読者数)などの単純な数字だけは測れません。しかし、日本酒というニッチなカテゴリーを専門に扱い、その魅力を世界中の人々に伝えていきたいと努める私たちにとっては、SAKETIMES発信の日本酒情報がどれだけ多くの人に届いたのか、それは非常に重要な指標です。

SAKETIMESは、季節要因による上下はあれど、サービスリリースからの6年間、右肩上がりの成長を遂げてきました。日本酒産業に関わっていると、「日本酒は1970年をピークに消費量が下がっている」「日本酒ブームは終わった」「日本酒は衰退産業である」というネガティブな声を聞くことがしばしばあります。しかし、SAKETIMESの成長そのものが、社会の日本酒への興味・関心の増大を物語っています。

SAKETIMESがこれまでに配信した日本酒の記事は4,300本以上。それは、その数だけ、日本酒の魅力が存在するということに他なりません。しかし、日本酒にはまだ世の中に知られていない財産が、そして、まだ誰も見たことのない明るい未来が無数にあります。過去にも未来にもポテンシャルを秘めているこの日本酒に、私たちは無限の希望を感じずにはいられません。伝統文化としての日本酒、未来ある産業としての日本酒、そして、だれかの喜びや安らぎとなる日本酒の魅力を世界に発信すべく、私たちはこれからも日本酒と真摯に向き合い続けることを約束します。

SAKETIMESはまだ成長過程のメディアです。関係者のみなさま、読者のみなさま、そしてこれからの日本酒ファンのみなさま、今後ともSAKETIMESをどうぞよろしくお願いいたします。

◆ 今後の展開に関して
SAKETIMESはリリースから6年間で、日本酒ファンや業界関係者の方々に広く信頼していただけるメディアに成長しました。リリース当初、ミッションに掲げていた「日本酒の情報流通の革新」に関しては、一定の成果を上げることができたという自負があります。

しかし、国内外ともに、日本酒の魅力はまだまだ広まりきっていません。日本酒の魅力をさらに広く伝えていくためには、今後、自社メディアでの発信だけでなく、時代に即したさまざまな媒体での発信や、メディアとしての役割にとらわれない新しい挑戦をしていく必要があると感じています。昨年12月からスタートしたオンライサロン「SAKETIMESサロン(https://community.camp-fire.jp/projects/view/213128)」や、2020年5月から取り組んでいる「note (https://note.com/saketimes)」でのコンテンツ配信もその一環です。

2020年6月19日に6周年を迎え、7年目に入るSAKETIMESは今後、YouTubeチャンネルでの動画コンテンツの制作をはじめとした「分散型メディア」としての取り組みや、読者の方々に「美味しい」の体験を提供するECの開設など、単純なWEBメディアとしての役割を超えて、「日本酒の未来をつくる」ために必要なアプローチに取り組んでいきます。

◆ 会社概要
会社名:株式会社Clear
所在地:東京都渋谷区渋谷2-4-3 2F
設立:2013年2月
代表:生駒龍史
URL:http://clear-inc.net
事業内容:
- 日本酒専門WEBメディア「SAKETIMES」(https://jp.sake-times.com)の運営
- 海外向け日本酒WEBメディア「SAKETIMES International」(https://en.sake-times.com/)の運営
- 高級日本酒ブランド「SAKE100」(https://sake100.com)の運営

◆ SAKETIMESについて
国内最大級の日本酒専門WEBメディアです。日本酒の"伝え手"として、酒蔵の紹介や杜氏・蔵元へのインタビュー、注目銘柄のレビュー、イベントのレポート、飲食店や酒屋の紹介、酒器やペアリングなどの楽しみ方、専門用語の解説など、日本酒体験を豊かにする、あらゆる情報を配信しています。独自のライターネットワークを活かし、実際に現場へ足を運んで取材した1次情報を中心に掲載しています。酒蔵をメイン顧客とする記事広告を主な収益源とし、ユーザー体験を第一に考えたコンテンツを設計しています。一般の日本酒ファンだけでなく、業界関係者にもご覧いただいています。
URL:https://jp.sake-times.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Clear >
  3. 「SAKETIMES」2020年5月の純PVが100万を突破、今後の日本酒専門WEBメディアとしての展開に関して