地域の人手不足をキッカケに関係人口を創出するマッチングプラットフォーム『おてつたび』が、プレシリーズAの資金調達を実施しました。

エンジニアやセールス等の体制を強化し、全国に拡大していきます。

旅先で地域の困りごとをお手伝いすればするほど旅費がリーズナブルになるマッチングプラットフォーム『おてつたび』を運営する株式会社おてつたび(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:永岡里菜、以下「おてつたび」)は、株式会社NOWをリードインベスターとして、栖峰投資ワークス株式会社、地域創生ソリューション株式会社、食の未来ファンド(kemuri ventures)、第一勧業信用組合、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社、小林 俊仁氏より第三者割当増資による資金調達の完了したことをご報告いたします。

 

  • おてつたび、とは

「おてつたび」は、日本各地の素敵な地域へ行く人が増えて欲しいという想いから生まれたサービスであり、地域の人手不足等の困りごと(収穫時の農家やハイシーズン時の宿泊施設等)をお手伝いする事により報酬を得ながら旅行をする事が可能なため、行きたかった地域にいく際のボトルネックになりがちな旅費を軽減する事が可能な点が特徴です。自分のスキルや得意分野を活かすことができるお手伝いもあります。お手伝いを通じて地域の方と関係性を作り、再び同じ地域へ訪れる旅行者も全体の6割と非常に高くなっており、関係人口※拡大の一助を担っています。引き続き人手不足を人と人との出逢いに変え、地域の関係人口(ファン)創りに努めていきます。

https://otetsutabi.com/

 

※「関係人口」とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、地域や地域の人々と多様に関わる人々のことを指します。(出典:総務省「関係人口ポータルサイト」

 

 
  • 今回の資金調達の背景

おてつたびは、「日本各地にある本当にいい人、いいもの、いい地域がしっかり評価される世界を創る」をビジョンに「誰かにとっての”特別な地域”を創出する」をミッションに立ち上げたHR×トラベルテックのベンチャー企業です。現在、おてつたびに登録する旅行者は広告宣伝費を一切かけずに口コミ中心に拡大しており、受入先である地域の事業者(農家や旅館等)も全国の自治体や農協、ANAや小田急電鉄、JTB等の大手企業と連携しながら44道府県まで拡大しています。

新型コロナウィルスの影響を受け、短期的には地域へ移動がしにくい状況が続きましたが、東京は4カ月連続で転出者の方が多い転出超過年になっており、地域への注目度は今後益々拡がっていくと考えます。今後のWITH/AFTERコロナを見据えサービスの拡大及び機能追加を積極的に行うために資金調達を実施しました。
※日本経済新聞(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66677790W0A121C2L83000

◎参考リリース
『おてつたび』が、全国の旅館・ホテル約4,000施設が加盟するJTB協定旅館ホテル連盟と連携。人手不足をキッカケに宿泊施設のファンが出来る世界を共に作ります。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000029.000036175.html

『京丹後市観光公社と『おてつたび』が連携!全国初となるコロナ禍における安心・安全の人材不足解消モデルを共に作ります』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000027.000036175.html

 

  • 今回の資金用途

以下の体制を強化するために、一緒の未来を目指す仲間を募集しています。ビジョンやミッションに共感して頂いた方は是非エントリーください。
・セールス:https://www.wantedly.com/projects/526190

・エンジニア:https://www.wantedly.com/projects/526169

 

◎採用情報はこちら

https://www.wantedly.com/companies/company_1381802
◎代表の想いはこちら
https://note.com/nohouse_ceo
 

  • 資金調達の引受先

・株式会社NOW(Founder Foundry 1号投資事業有限責任組合)
・栖峰投資ワークス株式会社(イノベーションディスカバリー1号投資事業有限責任組合)
・地域創生ソリューション株式会社(ALL-JAPAN観光立国ファンド投資事業有限責任組合)
・kemuri ventures合同会社(食の未来1号投資事業有限責任組合)
・第一勧業信用組合、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(かんしん未来第2号投資事業有限責任組合)
・小林 俊仁
 

  • 投資家からのコメント
・株式会社NOW 共同代表取締役 梶谷 亮介


「おてつたび」は大変「思いのあるインターネットサービス」で、代表の永岡さんを始めとしたチームメンバーの地域の方々や地域創生にかける思いは、本当に素晴らしいと感じております。我々としては、今後、インターネットサービス、特にC向けサービスにおいて「思いの有無」という点は、成功のために大事な要素だと考えており、「おてつたび」には大変期待をしております。
また、地域創生というテーマは実際は難易度が高いテーマで、様々なチャレンジが各所で行われておりますし、これまでも多数のスタートアップが取り組んで来ましたが、なかなか大きな成功事例が出てきていないのが現実だと思います。しかし、「おてつたび」は、永岡さんを始めとしたチームメンバーの情熱がサービス展開にも現れ、多数の大手企業をも巻き込み始める等、徐々に形にもなりつつあり、日本初の地域創生で大成功したスタートアップになれる可能性を秘めており、今後を大変楽しみにしております。

 

・栖峰投資ワークス株式会社 プリンシパル 川村 邦光氏


「おてつたび」は地域の方々と、地域と触れ合いたい少しでも役に立ちたいという大学生や社会人を繋ぐ、とても素敵なサービスです。かつての日本の原風景やそこに息づく人々の生活を、現代の社会では体感しづらくなり失われつつあると感じています。新型コロナウィルスの影響により、その傾向は拍車をかけているように思います。そのような、かつては、すぐ傍に身近に存在していた温もりのある人々の交流や魅力ある地域の豊かさを、永岡さんは「おてつたび」というサービスを通して、もう一度振り返って欲しいとの想いを抱いています。この想いに共感する地域の方々と旅行者によって素晴らしいコミュニティが形成されてきました。そして、そのようなサービスを、永岡さんをはじめとする個性豊かで朗らかなチームによって一つ一つ実現に向けて取り組んでいます。日々の生活に溶け込む「おてつたび」。そんな未来が訪れることを私たちも強く信じ、全力でサポートしていきたいと思います。


 

・地域創生ソリューション株式会社 投資運用第二部マネジャー 中野聡一朗氏

 

地域創生ソリューション株式会社 投資運用第二部マネジャー 中野聡一朗氏今回、おてつたび社の調達ラウンドに参画できましたこと大変嬉しく思っております。「おてつたび」の、お手伝いをきっかけとしたまだ見ぬ地域の観光需要の創出という新たな着眼点は、地域創生のための新たな価値提供を行うと同時に、関係人口という形で地域への更なる波及効果も期待できます。これに永岡社長の丁寧なブランディングも奏功し、地域や観光に新たなインパクトを与えていけると考えております。これからの更なる成長をご一緒できること楽しみにしております。


 

・食の未来ファンド(kemuri ventures)代表パートナー 岡田博紀

 

食の未来ファンドの想い・ミッションの一つに、「食ビジネスの人材不足解消」があります。おてつたびサービスは、旅人・副業・多拠点生活などと一次産業を組み合わせることで、一次産業の人材不足解消を行っています。僕も実際におてつたびサービスで農家さんに「ジャングル開墾」に行き、事業者・ワーカー・地域にとって三方良しのサービスであることを実感しました。これから益々楽しみなサービスです!強い想いと実行力のある永岡社長を、フードテック特化型ファンドらしく、経営面と事業面でサポートを行っていきます。今回ご一緒させていただく他株主の方々との共創も楽しみです。

 

 

・かんしん未来2号ファンド 第一勧業信用組合 総合コンサルティング部


今回株式会社おてつたびさまと出会い、“地方の魅力を地方だけに留めたくない、広げたい”という熱い想いに共感し、出資させて頂きました。わたしたち第一勧業信用組合は“地方創生“に力を入れており、全国の金融機関や行政等と連携しております。そのわたしたちのネットワークと株式会社おてつたびさまが繋がり、地方を元気にして頂けること、キラキラとした日本を創って頂けることを期待しております!!

 
 
・株式会社はんぽさき 代表取締役 小林俊仁

 

地方の側から見れば、繁忙期の短期的な人手不足問題の解決策として。 都会の側から見れば、地域に触れつつ稼ぎながら旅行するための手段として。 コロナにより東京が転出超過になるという追い風もあり、地方と都会両方の課題解決の交点に存在する「おてつたび」には強く期待しています。

 

  • おてつたび代表永岡里菜からのコメント
β版をローンチしもうすぐで2年ですが、この2年間で自治体との連携も増え、若い子が町を歩いているだけで「おてつたびで来た子?」と住民の方から声をかけられる地域も出てきました。他にもおてつたび先に就職した方や、おてつたびで日本の農業に触れ就農を決意した方も現れており、様々な化学反応が生まれてきています。また、新型コロナウィルスの影響でテレワークやリモートワーク、オンライン授業等が生活の一部としてなじみつつあり、現在おてつたび先でオンライン会議やオンライン授業を受けている社会人や学生も増えており、コロナウィルスの前後の変化を直に感じております。
私達は少子高齢化・人口減少社会の中、都心や地方等の地域間で人を取り合うのではなく、人をシェアする事で共存できる世界を作りたいと思いサービスを立ち上げ、この2年間で着実に確実に前へ進んでいると実感していますが、まだまだ目指す世界は果てしなく遠いです。今回新たに参加頂いた様々な強みや人脈を持つ心強い株主の皆様にサポート頂きながら、引き続き「どこそこ?」と言われがちな自分の出身地である三重県尾鷲市のような地域にも人が来る未来のインフラ作りをチーム一丸となって必ず創り上げたいと思います。

▼お問合せ先
おてつたび MAIL:info@otetsutabi.com

<会社概要>
会社名 :株式会社おてつたび
代表者 :代表取締役CEO 永岡里菜
所在地 :〒150-0001東京都渋谷区神宮前5丁目53−67

設立 :2018年7月

URL  :https://otetsutabi.com/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社おてつたび >
  3. 地域の人手不足をキッカケに関係人口を創出するマッチングプラットフォーム『おてつたび』が、プレシリーズAの資金調達を実施しました。