【美容師・ネイリスト・アイリストにアンケート】回答者の8割が働き方を変えようと検討中、その約半数がフリーランスを検討中と回答

コロナ禍による不安から、美容師・ネイリスト・アイリストの今後のキャリアプランに対する意識が高まる

株式会社GO TODAY SHAiRE SALON(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大庭邦彦、以下当社)は、コロナ禍における美容師・ネイリスト・アイリストの働き方やキャリアへの意識の変化に関してアンケート調査を実施いたしました。

■アンケート調査概要

調査期間:2021年9月21日〜9月29日

調査対象:GO TODAY SHAiRE SALON 公式LINE登録者 対象

有効回答者数:210名

■アンケート調査結果

Q.1
新型コロナウィルス感染症の拡大を受けて自身のキャリア観に変化がありましたか?


Q.2
新型コロナウィルスの拡大を受けて働き方を変えようと思ったことはありましたか?


コロナ以降、美容室は不要不急の外出ではないと定義されていたものの、外出・遠出や人混みを控える動きによって美容室の利用者数には大きな影響がありました。

美容室へ通う頻度が減り、美容室選びに通いやすさ、自宅からの近さを重視する傾向が強くなり、コロナ前後で美容室を選ぶ基準が変化したと言われています。

都内では苦しい経営を強いられた美容室も少なくなく、実際にコロナの影響で退職せざるを得えなかった状況に陥ったと回答した人もいました。

このような状況下で将来や生活への不安、自身のキャリアを再考するきっかけになった人が全体の7割を占めることがわかりました。

Q.3
Q.1の質問で「変化があった」と答えた人のみ回答
働き方の選択肢として考えた選択肢をお答えください。

 

 



Q.4
現在、転職・独立・フリーランスなどの働き方を検討していますか?



Q.5
Q.1のご質問で①②「変化があった」とご回答した方がご回答ください。
意識変化の理由としてどのようなものがあったか回答ください(自由記述)

ー いつなにがあるかわからないから自分で自分を守らなきゃいけないとおもった。
ー 自分でどうにかしなきゃいけない事に気づいた。
ー いつまでも雇われる立場ではいられない、と思った。
ー 1つのキャリアだけでは今後は厳しい時代になると感じる。また、美容師を楽しく長く続けて行く為には他にも収入源を作れた方が良いと感じている。
ー 時間の拘束が無駄に感じてきた。暇な時間になぜ店舗に滞在しなければならないのか、他に自分にプラスになる事に時間を使いたいと思った。

働き方の選択肢として「フリーランス」と回答した人が全体の53%でした。

自由記述では先の状況が見えない中で、自分自身でキャリアや強みを作っていかなければならない美容師と両立できる別の仕事を得たいという回答が多くありました。

そのために自分が時間をコントロールできることが重要だと考え、働く場所や時間を自分で選択することができるフリーランスの働き方を検討する美容師が増えていることが推測できます。

また、その他の回答には「一つの業種に絞らないで働くのも良いと思った」と言ったパラレルキャリアを検討する声もあり、既存の枠組みに囚われず自分らしい働き方を模索する考えが現れていることがわかりました。

実際にGO TODAY SHAiRE SALONで活躍するクルーの中にはコスメブランド立ち上げ×美容師や、IT企業×美容師など、美容師だけではなくマルチに活躍の場を広げているモデルケースとなる人も増えています。

自身のスキルアップへの意識と、自己研鑽や別の仕事をするための時間を確保したいという気持ちは下記のコロナ後におけるキャリア観の変化に関する質問にも現れています。
 

Q.6
場所や時間を自分で選べる働き方に魅力を感じた。


そう思う 78%
どちらかと言えばそう思う 20%
合計 98%

Q.7
今後の働き方を考える上で最も重要だと考える条件は何ですか?


働く場所・環境を見直しをする中で、自身のスキルアップや資格取得のための時間を取りたいと考える人は全体の96%にも登りました。

美容師の方の意識が大きく変化をし、働き方の多様性が今後広がっていくことが予測できます。

■株式会社GO TODAY SHAiRE SALON 取締役副社長・代表美容師 大池基生 コメント
近年類を見ないほどの混沌とした状況が続いていますが、このような社会情勢が変化するときは、長期的な視点で自身のキャリアを振り返るきっかけになります。

これは美容室業界においても同様で、本アンケート結果でも、約7割の方にキャリア観の変化が生じており、そのうち半数以上が「働き方の選択肢としてフリーランスを検討している」と回答しました。

また、今後の働き方を考える上で最も重要な条件として「自分の実力が活かせる」「稼げる」「休みが取れる」が8割を占め、より自分らしく、より効率的に、より自由に楽しく働ける環境を求める方が多い傾向が明らかとなりました。

GO TODAY SHAiRE SALONは、美容師・ネイリスト・アイリストをエンパワーメントし、個人の持つ能力や魅力を解き放ち、理想的な働き方を実現するプラットフォームです。

今後も、ビューティシャンの皆様に寄り添いながら、テクノロジーの力で新たなサロンを生み出し、共に育み成長していきます。

■GO TODAY SHAiRE SALONについて
株式会社GO TODAY SHAiRE SALONが運営するシェアサロン「GO TODAY SHAiRE SALON」は、フリーランスの美容師・ネイリスト・アイリストのためのシェアサロンプラットフォームです。

全国28店舗に500名以上の美容師・ネイリスト・アイリストが登録し、ゆったりとした個室空間(一部オープン席あり)と充実した設備の店舗で、それぞれのライフスタイルやスキルに合わせた生産性の高い働き方を実現しています。

また、今回の調査結果でも明らかとなった「新しいキャリア形成」や「スキルアップや資格取得のための時間確保」にも最適な環境となっています。

詳しくは、GO TODAY SHAiRE SALONのHPをご覧ください。
https://www.sharesalon.co.jp/

■会社概要
会社名:株式会社GO TODAY SHAiRE SALON

所在地:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 1-14-34

代表者:代表取締役 大庭邦彦

設立日:2016年10月13日

資本金:1,103,250,000 円(資本準備金含む)

URL:https://www.shairesalon-go.today/

事業内容:シェアサロンプラットフォーム『GO TODAY SHAiRE SALON』の運営

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社GO TODAY SHAiRE SALON >
  3. 【美容師・ネイリスト・アイリストにアンケート】回答者の8割が働き方を変えようと検討中、その約半数がフリーランスを検討中と回答