加賀RICH NEWS 2020 秋号 vol.2

知る人ぞ知る、上質なものが溢れるリッチな加賀の國の魅力を伝える

 石川県は一般的に加賀と能登の二手に分かれており、その加賀エリアの中でも金沢より南のエリア、加賀市、小松市、能美市、川北町、白山市、野々市市、の6市町を『加賀の國』と呼んでおります。『加賀の國』にはリッチな素材がたくさんあります。そんな『加賀の國』の自然、食、文化といった旬の魅力を毎月お届けします。
秋の自然 RICH /加賀の國の紅葉スポットがRICH!

自然あふれる加賀の國が紅葉で彩られる!
秋に訪れたい 加賀の國おすすめ紅葉スポット7選


那谷寺(小松市)

 「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で1つ星の認定を受けた南加賀を代表する美しい寺院です。境内では国の指定名勝で山水画のような「奇岩遊仙境」をはじめ、数多くの重要文化財を見ることができます。散策をしながら「楓月橋」を渡り展望台に登ると紅葉で鮮やかに彩られた雄大な自然を一望することができます。
【住所】石川県小松市那谷町ユ122
【TEL】0761-65-2111
【施設HP】http://www.natadera.com/

鶴仙渓(加賀市)

 山中の温泉街に沿って流れる大聖寺川の渓谷で、その美しさは北陸随一と言われます。約1.3kmの渓谷沿いの区間は遊歩道が整備され、川を眺めながらゆっくり歩くことができます。総ひのき造りの風情あるこおろぎ橋や、S字型の斬新なデザインのあやとりはしなどの人気観光地も、紅葉深まる秋にはより一層美しい姿を楽しめます。
【住所】石川県加賀市山中温泉河鹿町 鶴仙渓川床
【TEL】0761-78-0330
【参考】https://www.yamanaka-spa.or.jp/form

まつさき(能美市)

 江戸時代に創業された、歴史ある温泉旅館。源泉露天風呂や地場の食材を使用した会席料理が評判です。小説「海の鳴る時」の舞台にもなった、明治の文豪、泉鏡花ゆかりの宿とも知られています。風情ある庭園を備え、渡り廊下から四季折々の表情を楽しめることでも知られており、秋の紅葉は格別の美しさです。
【住所】石川県能美市辰口町3-1
【TEL】0761-51-3111
【旅館HP】https://www.matsusaki.jp/?logo

樹木公園(白山市)

 石川県林業試験場内にある公園で、広大な敷地には県内を代表する様々な樹木が植えられています。中でもおよそ130種・900本もある桜は見ごたえ充分。また、園内には林業展示館や日本庭園、芝生広場などがあり、紅葉や森林浴など、四季折々の楽しみ方ができる憩いの場としても広く親しまれています。
【住所】石川県白山市三宮町ホ1
【TEL】 076-272-0673
【参考】https://www.pref.ishikawa.lg.jp/ringyo/about/park.html

荒俣峡(小松市)

 「加能八景」の一つにも数えられる景勝地。蛇行した大杉谷川の流れと、河畔に点在する奇岩や連なる樹々など、渓谷が生み出した自然美に触れることができます。400mほどの遊歩道も整備され紅葉の季節は散策する人で賑わいます。澄んだ水面に鮮やかん紅葉が反射し、渓谷美を演出します。
【住所】石川県小松市赤瀬町
【アクセス】JR小松駅より車で約30分
      JR小松駅より小松バス大杉上町行「荒俣峡」下車

別当出合吊り橋(白山市)

 室堂や白山の主峰・御前峰への登山口。別当谷に架けられていた吊り橋が、 平成16年に土石流によって流出したため、新しく建設されました。以前のものよりも高い位置に架けられており、秋には紅葉で彩られた山肌に向かいながら渡ることができます。
【住所】石川県白山市白峰
【アクセス】 JR松任駅より白山登山バス市ノ瀬直行便乗車
※7月中旬~10月中旬の土日祝日はマイカー規制を実施。
市ノ瀬より「白山登山バス シャトル便」に乗り換えてお越しください。

手取峡谷(白山市)

 手取川の流れが作り上げた美しい峡谷です。黄門橋から対山橋までの約8kmに渡って、約20~30mの高さの断崖絶壁が続きます。黄門橋や不老橋からの眺めがとくに美しいと評判です。両岸に色づく紅葉と澄んだ川の流れの競演に毎年多くの人が訪れる紅葉の名所です。
【住所】石川県白山市釜清水町
【アクセス】JR松任駅より車で40分


秋の旬の味覚RICH /加賀の國のズワイガニ情報がRICH!

カニ本来の旨みが味わえる!“日本一おいしい”と評判の石川県の蟹
2020年11月6日(金)、ズワイガニ漁解禁!

 石川県の冬の味覚の代表と言われるズワイガニ漁が11月6日に解禁されます。なかでも橋立漁港で水揚げされるズワイガニは“日本一おいしい”と太鼓判を押される逸品です。その美味しさの秘密は恵まれた漁場にあります。橋立漁港近くの漁場は砂地であり、また暖流と寒流がぶつかる地点です。そのため、海底は豊かな栄養分に恵まれ、蟹は栄養豊富な餌によって旨みがぎっしり詰まった身に育ちます。味噌の味も格段に濃厚で美味しいことが魅力です。
 橋立港の目前にある「マルヤ水産」では、2階の「食べ処 割鮮しんとく」にて購入後すぐにお好みの調理をしてくれます。活カニは刺し身で、香箱ガニは茹でるのがおすすめです。


秋の日本酒 RICH /加賀の國の秋の新酒ひやおろしがRICH!

米処加賀の國は名酒の宝庫!
いまだけの贅沢なおいしさ!秋の新酒ひやおろし情報


★ひやおろしとは
 冬~春にかけて仕込まれた新酒を、夏の間中、蔵の中で貯蔵・熟成させ、それを秋口に火入れせずに出荷(生詰)するものを「冷やおろし」といいます。外気温が下がった頃に出荷されることから、この名がつきました。別名「秋あがり」「秋晴れ」とも呼ばれ、うま酒として昔から親しまれています。

■常きげん 純米生詰ひやおろし/鹿野酒造

 お米本来の旨みを最大限に引き出し、ふくよかな味わいと香りが特長のお酒です。「常きげん」という名は鹿野酒造4代目当主がある年の大豊作を村人たちと祝う席で「八重菊や 酒もほどよし 常きげん」と一句詠んだことにちなんだものです。
【価格】1800ml 3,080円(税込)
    720ml 1,595円(税込)
【蔵元情報】http://www.jokigen.co.jp/

■菊姫 純米ひやおろし/菊姫合資会社

 新酒独特の荒さが消え、酸と旨みのバランスが整い、口中で柔らかく上品な旨みが楽しめます。菊姫の純米酒の中では熟成が軽めで、原酒ながら飲みやすいお酒です。よく冷やして、またはロックで飲むのがお勧めです。
【価格】1800ml 3,960円(税込)
      720ml 1,980円(税込)
【蔵元情報】https://www.kikuhime.co.jp/

■加賀ノ月 ひやおろし純米吟醸/加越

 白山の凛とした伏流水で醸され、研ぎ澄まされた華のある吟醸香が特徴の名酒。酒造好適米の産地・小松市の酒蔵「加越」は、全国新酒鑑評会で金賞を15回受賞するなど、北陸でも有数の隠れた実力蔵元です。
【価格】720ml 1,650円(税込)
【蔵元情報】http://www.kanpaku.co.jp/

■天狗舞 山廃純米ひやおろし/車多酒造

 特有の酸味と旨味が調和した、豊かでキレの良い香味が味わえます。 天狗舞らしさ と季節ならではの味わいが楽しめる一本。車多酒造は伝統的な技法である山廃仕込に天狗舞独自の技法を加味した造りの蔵元です。
【価格】1800ml 3,080円(税込)
      720ml 1,540円(税込)
【蔵元情報】http://www.tengumai.co.jp/

■手取川 純米大吟醸ひやおろし/吉田酒造

 純米大吟醸の品格を備えた華やかな香りは、開栓後しばらくすると落ち着き、含み香として華やいだ香りが鼻を抜けます。適度な熟成により、程よいコクと上品な米の旨みがしっかりと乗った味わいとキリリとした後味は抜群です。
【価格】1800ml 3,568円(税込)
      720ml 1,733円(税込)
【蔵元情報】http://tedorigawa.com/

■「全国燗酒コンテスト」加賀の國から3作品が受賞!

 温めておいしい酒を選ぶ「全国燗酒コンテスト」にて、加賀の國を代表する3作品が最高金賞、金賞を受賞しました。
・最高金賞
加越(小松市)「加賀吟醸純米大吟醸」(右)
・金賞
鹿野酒造(加賀市)「常きげん山廃純米吟醸」
                       「常きげん山廃吟醸」

■石川オリジナル酒米「百万石乃白(石川酒68号)」誕生

 県内の酒蔵から大吟醸酒に適したオリジナル酒米の育成が要望され、11年の歳月をかけ、開発されました。公募で決定した名前や金沢市在住のデザイナー松澤桂氏によるロゴなど、すべて「石川オリジナル」の酒米です。「百万石乃白」を使用したお酒の情報などは石川県HPをご確認ください。
【石川県HP】https://www.pref.ishikawa.lg.jp/nousei/hyakumangokunoshiro/top.html#sec7
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 加賀の國 >
  3. 加賀RICH NEWS 2020 秋号 vol.2