アドビ、Adobe Acrobat DC、Acrobat Reader、Adobe Scanの新機能を発表

組織やデバイスの境界を超えたクラウドベースのドキュメントコラボレーションを促進

【2019年10月18日】※当資料は、2019年10月15日に米国で発表された資料(https://theblog.adobe.com/adobe-adds-new-pdf-capabilities-to-acrobat-reader-and-scan/)の抄訳です。
Adobe(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は本日、Adobe Acrobat DC、Acrobat Reader、Adobe Scanの新機能を発表しました。
アドビは昨年、Acrobat DCのクラウドベースのドキュメントコラボレーションを容易にする「共有レビュー機能」を発表しました。(https://www.adobe.com/jp/news-room/news/201810/20181002-adobe-redefines-what-is-possible-pdf.html
この度、これをさらに強化し、必要な人とより迅速な連携を支援する新機能をAcrobat DC、Acrobat Reader、Adobe Scanの800万人以上のユーザーに提供します。働き方改革が企業の重要な経営課題となる中、モバイルデバイスとクラウドを活用して、組織やデバイスの境界を超えた柔軟なコラボレーションをしやすくすることで、ドキュメントワークフローの変革と業務効率化を支援します。

新機能の詳細は下記の通りです。

Acrobatモバイル版アプリでのPDF編集がスマートフォンでも可能に
これまでモバイルデバイスでのPDFの編集はタブレットに限定されていましたが、今回iOSおよびAndroid OSのスマートフォンでの編集も可能になりました。Acrobat Pro DCの利用登録を行えば、さらにテキスト編集、書式設定、画像の追加・回転・サイズ変更などもタッチパネル操作で簡単に行えます。移動中に契約書の日付を修正する必要がある場合や表記ミスに気付いた場合、画像やテキストをプレゼン直前に変更したい場合などでもスマートフォンで手軽に修正できます。

 PDFファイルへのアクセス性を高める星付け機能
「星付け機能」は、重要なファイルや頻繁に使うファイルに星を付けることにより見つけやすくする、メールや写真、音楽アプリの「お気に入り」に似た機能です。星を付けたファイルは自動的にドキュメントクラウドにアップロードされ、モバイルデバイスからのアクセスが可能になります。Acrobat DCに保存された星付きファイルは、どんな端末でもホームから簡単に開くことができます。

 


 



共有機能の強化:必要な人と迅速に共有@メンション
関係者によるレビュー(校閲)を行う際に、「@メンション」で簡単にレビュー依頼を送信することが可能となりました。レビュー中に特定の担当者のフィードバックが欲しい場合に便利な機能です。

 


 

Adobe Scanの消しゴムツール
Adobe Scanでの撮影時の紙の折り目、汚れなどの不要な要素を消去できます。PhotoshopやLightroomに使用されている画像処理技術を応用しています。クリエイティブ製品で培われたアドビの先進的な画像処理技術を3,500万人以上のAdobe Scanユーザーに無償で提供します。


 


ファイルの圧縮やパスワード保護をワンクリックで実行
従来、設定画面が複雑だったファイル圧縮機能やパスワード保護がよりシンプルな操作で実行できるようになりました。ファイルメニューに「ファイルサイズを圧縮」と「パスワードを使用して保護」が追加され、ワンクリックでこれらの作業が可能です。
<ファイルの圧縮をワンクリックで実行>

 



<パスワード保護をワンクリックで実行>

 



フォーム作成機能の強化
Acrobatのフォーム作成機能が強化されました。従来は、既存の文書ファイルまたはスキャナーから読み込んだファイルをもとにフォームを作成する必要がありましたが、新たに白紙からフォームを作成することが可能となります。さらに、フォームおよびフォームフィールドへのテキストの追加・編集が強化されています。

Boxとの本格統合
Boxとの統合強化により、数か月以内にBox上でもAcrobatの協業機能および編集機能をすべてご利用いただけるようになります。これにより、アプリの切り替えや別のアプリを開く必要がなくなり、あらゆる端末で生産性を向上することができます。

Adobe Document Cloudについて
Adobe Document Cloudは、最高品質のPDFソリューションであるAcrobat DC、あらゆるデバイスから書類への電子サインを実現するAdobe Sign、およびAdobe ScanやAdobe Acrobat Reader DCなどのモバイルアプリを中心に構成されています。AcrobatはAcrobat Readerとともに、10億台を超えるデスクトップおよびモバイルデバイスで使用されている、世界で最も広く普及しているソフトウェアの一つで、現在Document Cloud上では年間60億件以上の電子署名および電子サインが処理されています。Deloitte 、Diners Club、MasterCard、Perkins Cole、The Royal Bank of Scotland、Verizonなどのグローバル企業が顧客体験をデジタル化するためにDocument CloudとAdobe Signを採用しています。世界中のさまざまな組織が、米国、英国、ドイツ、日本、オーストラリアにデータセンターを有するDocument CloudおよびAdobe Signを採用し、あらゆる場所で迅速かつ安全なモバイル電子署名を実現しています。

Acrobat Pro DCは「PCWorldエディターズチョイス2019」(https://www.pcworld.com/article/3215096/adobe-acrobat-pro-dc-review.html)を受賞しています。

アドビが本年8月にフォレスター コンサルティングに委託した調査(The Total Economic Impact of Adobe Acrobat DC:https://offers.adobe.com/en/na/marketing/landings/acrobat_dc_tei.html)によるとAcrobat Pro DCは、修正作業を削減できるPDF変換・編集機能、送信・追跡による文書管理機能、スピーディーな署名プロセスを実現する電子サイン機能、外出先での作業を可能にするモバイル版Acrobatなどの各種デジタル化機能により、ユーザーの時間を年間最大65時間節約できることが明らかにされています。

▼プレスリリースはこちらよりダウンロードいただけます。
https://www.adobe.com/content/dam/acom/jp/news-room/pdfs/201910/20191018_adobe-new-pdf-capabilities-to-acrobat-reader-and-scan.pdf

アドビについて
アドビは、世界を変えるデジタル体験を提供します。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイト(https://www.adobe.com/jp/)に掲載されています。

©2019 Adobe Inc. All rights reserved. Adobe, Adobe Creative Cloud, Adobe Document Cloud, Adobe Experience Cloud, and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe Inc. (or one of its subsidiaries) in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アドビ システムズ 株式会社 >
  3. アドビ、Adobe Acrobat DC、Acrobat Reader、Adobe Scanの新機能を発表