外気温35℃の環境下でマイナス20℃を8時間保持するワクチン専用定温輸送システム「i-Medisys Cool」発売

保冷ボックスの予冷なし(室温維持)での対応可能

日本で初めてウレタンフォームの生産を始めた高分子素材のリーディングカンパニーである株式会社イノアックコーポレーション(代表取締役:井上聰一、名古屋本社:愛知県名古屋市・東京本社:東京都品川区、以下イノアック)は、ワクチン専用定温輸送システム「i-Medisys Cool(アイ・メディシス クール)」の発売をお知らせします。

新たに発売する「i-Medisys Cool」は、
  1. 定温ボックス<外箱>
  2. EPSボックス<内箱>
  3. 蓄冷剤
  4. バイアルホルダー<検体収納板>
の4点がセットになったワクチン専用定温輸送システムとなります。

未だ終息が見えない中、厚労省と各自治体を中心にワクチン接種に向けた安全かつ確実な配送網の整備が急ピッチで進められております。

イノアックにおける保冷/定温輸送用製品の開発製造の歴史は長く、医療用は約10年前、食品用は約30年前から多種多様なソリューションを開発製造してまいりました。社会情勢を踏まえ、現在要求されている保冷機能を担保しつつ、短期間で大量の製造が可能なワクチン専用定温輸送システムが必要と判断。

イノアックはこれまで培ってきた経験とノウハウを最大限に活かし、先日発売した定温輸送システム「i-Medisys(アイ・メディシス)」に加え、マイナス20℃での輸送に対応する「i-Medisys Cool」を新たにラインナップに追加しました。
 
  • 「i-Medisys Cool」の仕様
定温ボックス<外箱>
・素材:サーマックス🄬(断熱材)
・サイズ:内寸205×275×165mm       
・重量:1,300g

EPSボックス<内箱>
・素材:EPS
・サイズ:内寸:100×200×80mm
・重量:60g

蓄冷剤
・商品名:クールワン(CA-251P-25)
・サイズ:150×200×15mm
・重量:270gx10枚(合計重量:2,700g)
※凍結時に白くなるため、視認性に優れています。                                          

バイアルホルダー<検体収納板>

・素材:PEライト       
・サイズ:95×190×23mm      
・収納数:Φ16.5mm×4列×9列(36個/ホルダー)
・重量:10.5g×2個(合計重量:21g)
 
  • 保冷性能試験の概要
〇測定環境:35℃
〇予冷条件:23℃(室温)

・外箱、内箱とも室温に24時間以上放置
・寒剤:凍結庫温度マイナス35℃ x 12時間以上(完全凍結状態)
・検体ダミーサンプル:36個(水)3ml(ビンサイズ:Φ16×H31mm)×72本をマイナス70℃で予冷

 
  • 本プレスリリースに関しまして
〇本リリースに記載されている会社名および製品名は、イノアックの商標または登録商標です。
〇プレスリリースに掲載されている内容・製品の仕様・意匠・その他の情報は、発表時点での情報です。予告なく変更する場合があります。予めご容赦ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社イノアックコーポレーション >
  3. 外気温35℃の環境下でマイナス20℃を8時間保持するワクチン専用定温輸送システム「i-Medisys Cool」発売