不動産投資クラウドファンディング運営の「FUEL」、株式会社髙島屋の金融子会社と業務提携契約を締結

専用ウェブサイトで厳選した投資案件をご紹介:今夏開始予定

不動産投資クラウドファンディングのプラットフォームを提供するFUEL(フエル)株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:細澤聡希、徳毛雄一、以下「FUEL」)は、株式会社髙島屋(東証一部:8233、以下「髙島屋」)の金融子会社である髙島屋ファイナンシャル・パートナーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:峯山敦、以下「TFP」)と業務提携に関する合意書(以下「業務提携契約」)を締結いたしましたのでお知らせいたします。

■業務提携契約締結の目的
この度の業務提携契約締結により、FUELとTFPはソーシャルレンディング事業(貸付型クラウドファンディング)を協同して推進いたします。現在、TFPをファンド事業者とする専用ウェブサイトの開設等に向けて準備を進めております。本事業においては、専用ウェブサイトを通じて、FUELとTFPがプロの視点で独立した審査を実施した投資案件を、個人を中心とした幅広い投資家の皆さまへ提供してまいります。サイト開設およびファンド募集は本年夏ごろを予定しており、サービス開始に際してはFUELコーポレートサイトにてお知らせいたします。

髙島屋は百貨店事業、商業開発事業に次ぐ第三の柱として金融事業を強化しております。昨年6月には、TFPが資産形成や資産継承などのご相談を承るとともに、金融商品などの取り扱いを行うファイナンシャルサービス事業を開始いたしました。
髙島屋は、この度のFUELとの業務提携によりソーシャルレンディング事業に新規参入することで、金融事業の収益及びグループとしての顧客接点の拡大を図ってまいります。また、少子高齢化社会や再生エネルギーなど、企業の社会性の高い資金ニーズやお客様の資産形成ニーズに応えるとともに、社会的課題を解決する事業への融資を通じて社会貢献にもつなげてまいります。

FUELは本事業にあたり、専用ウェブサイトの構築や運営、ファンドの審査や販売、管理、および投資口座(※)管理等を手掛けることとなります。
※FUELが運営するクラウドファンディングサイト共通の投資口座(FUELアカウント)

■事業スキーム
専用ウェブサイトを通じて資金を募集し、TFPが組成するファンドへ投資家が出資。調達した資金を活用してTFPが貸付事業を行います。

■髙島屋ファイナンシャル・パートナーズ ソーシャルレンディングの特徴
- 厳選された投資先
  • 貸付先は「上場企業」もしくは、「事業規模・資本関係・ガバナンス・外部監査体制等を総合的に判断し、上場企業に準ずると当社が判断した企業(またはそれらが運営する特別目的会社)」だけを厳選しています。
  • FUEL とTFPそれぞれがプロの視点で独立した審査を実施。2社の厳格な審査をクリアした投資案件だけをお客様にご紹介します。
- 会的課題の解決に取り組む事業を中心に選定
  • 「高齢化社会」「地方創生」といった社会的課題に取り組む企業を応援する投資案件も多く取り扱っていきます。
  • 第1号の投資案件として、サービス付き高齢者向け住宅をご紹介する予定です。当案件は、賃貸住宅一括借上事業(サブリース)を運営する日本管理センター株式会社(東証一部:3276)との提携によるもので、募集開始は本年夏ごろを予定しております。

■FUELについて
運営するクラウドファンディングサイトを通じて、これまで機関投資家などに限定されていた上場企業が手掛ける不動産や不動産事業への投資機会を、個人を中心に幅広い投資家層へ提供しています。1つの口座から複数のファンド事業者へ投資できるのが特徴で、2020年2月のサービス開始以降、2つのクラウドファンディングサイトで募集された累計15本のファンドを運用しています。今回の業務提携契約により、FUELが運営するクラウドファンディングサイトは合計3サイトとなります。今後も運営サイトや提供ファンドの拡充を進め、個人の皆様の資産運用の多様化や企業の新たな資金調達の機会を支援してまいります。

- FUELによるファンド運営の特徴
  • 1つの投資口座(FUELアカウント)から複数サイトへの分散投資(①「FUELオンラインファンド」、②「CRE Funding」、③「タカシマヤのソーシャルレンディング」)
  • 1万円以上1円単位の投資による効率的な資産運用
  • FUELがファンド事業者から独立した立場で厳格に審査したファンドのみを提供

■髙島屋について
1831年に創業。ブランド価値の源泉である百貨店業をコア事業に、国内15店舗、海外4店舗を展開しております。190年にわたって築きあげてきた信頼と優良な顧客基盤を生かし、商業開発業、金融業、建設業などのグループ事業を展開し、200年企業に向けて安定的・持続的な経営をめざしています。

■髙島屋ファイナンシャル・パートナーズについて
髙島屋ファイナンシャル・パートナーズ株式会社は、株式会社髙島屋の金融事業を担うグループ会社です。
髙島屋グループは、生活を彩る上質な商品に加え、ファイナンシャルサービスを百貨店の品揃えの一つとし、モノ・コト両面から、お客様が豊かな人生を過ごすためのサポートを行っております。
前身の髙島屋クレジットは、髙島屋のカード会社として、1986年に設立されました。2020年に髙島屋保険と合併して、社名を髙島屋ファイナンシャル・パートナーズに変更。同時に「金融商品仲介業」「信託契約代理店業」を開始して、髙島屋グループの金融業のプラットフォーム統一を実現しました。
金融業を担う髙島屋ファイナンシャル・パートナーズでは、髙島屋のホスピタリティー精神を基本に、お客様の資産形成に向けたファイナンシャルサービスを提供し、お客様の`いま´と`未来´の豊かで安心な生活づくりに貢献することをめざしています。

【会社概要】
会社名:FUEL株式会社
URL:https://www.fuelgr.co.jp/
代表取締役:細澤聡希、徳毛雄一
所在地:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目22番9号 AD-O渋谷道玄坂2階

【本件に関するお問い合わせ先】
担当:小川喜之
電話番号:03-6455-2840
E-mail:info@fuelgr.co.jp

【手数料、リスク等の表示】
1. 手数料等
口座の開設、管理および投資に際しての手数料等はいただいておりません。
お客様が負担する営業者報酬は、ファンド残高ごとに決められた料率(0%~3%)について、ご負担いただきます。実際の料率についてはファンドによって異なりますので、契約締結前交付書面等をご確認ください。
2. リスク等
本出資持分は、元本が保証されているものではなく、対象債権の債務者の財務状態や為替、金利の変動等を原因として、本出資持分の価値が低下することにより損失が生じる可能性があります。
本出資持分は、中途解約や売却は制限されており、流動性が低い金融商品です。
3. 商号、登録番号、および加入協会
商号 :FUEL株式会社
登録番号:関東財務局長(金商)第2123号
加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. FUEL株式会社 >
  3. 不動産投資クラウドファンディング運営の「FUEL」、株式会社髙島屋の金融子会社と業務提携契約を締結