乾汽船の取締役の違法行為差止め仮処分申立てのお知らせ

(東証第一部証券コード:9308)

アルファレオホールディングス合同会社(以下「当社」)は、昨日、会社法360条に基づき、東京地方裁判所に取締役の違法行為差止め仮処分申立てを致しました。
 乾汽船株式会社(以下「乾汽船」)の取締役会は、2020年5月27日に、当社に対して情報提供要請(以下「本情報提供要請」)を行うことを決議しました。そして、2020年6月19日に開催される乾汽船の定時株主総会(以下「本総会」)では、乾汽船取締役会による当社に対する本情報提供要請を承認するか否かの議案(第3号議案)が付議されます。これを受けて、当社は、下記の理由により本情報提供要請及び第3号議案を付議することが法令違反かつ定款違反である旨を主張し、取締役の違法行為差止め仮処分を申立てました。 

・取締役の違法行為差止め仮処分を申し立てた主要な理由
①   本情報提供要請で要請される情報は、買収防衛策が発動された際に要請される情報とほぼ一致しており、第3号議案は、実質的には「買収防衛策発動の要件を満たさない者に対する買収防衛策発動」であると考えます。当社の株券等保有割合は約29%であり、「大規模買付者」に該当しないため、買収防衛策の発動の要件を欠いています。

②   特定の株主に対して、多数決を以て、情報提供を強制しようとするものであり、株主平等原則に違反し、特定の株主の権利を侵害するものです。

③   当社は、投資運用業者・投資顧問会社ではなく、スチュワードシップ・コードを受け入れる立場におかれていないにもかかわらず、乾汽船は、当社がスチュワードシップ・コードを受け入れているという誤った情報に基づき、当社に本情報提供要請を行おうとしています。

④   当社は、昨年10月28日に乾汽船取締役会からの質問に対して回答書を提出しており、既に十分な情報を提供しています。当該回答書は、今でも、乾汽船のウェブサイトで開示されています。また、昨年11月以降、当社との対話を拒絶してきたのは乾汽船取締役会の方です。

以上

新たに開示すべき事項が発生した場合は、アルファレオホールディングス合同会社ウェブサイト(https://www.alphaleo-hd.jp/)に掲載致します。

(お問い合わせ先)
アルファレオホールディングス合同会社
E-mail: management@alphaleo-hd.jp


Notice of filing of injunction against unlawful action of directors of Inui Global Logistics

(TSE First Section, Securities Code: 9308)

Today Alphaleo Holdings G.K. (“Alphaleo HD”) has filed the injunction case with Tokyo District Court against unlawful action of directors of Inui Global Logistics under Article 360 of the Companies Act of Japan.

The Board of Directors of Inui Global Logistics (“Inui”) has resolved on May 27, 2020 to request Alphaleo HD to provide information (the “Request for Information”). At the Annual General Meeting of Shareholders of Inui (the “AGM”) to be held on June 19, 2020, a proposal on whether or not to approve the Request of Information by Board of Directors to Alphaleo HD (Proposal No. 3) will be discussed and voted. In response to this, asserting that it is in violation of laws and regulations and the Articles of Incorporation for making Request for Information and putting Proposal No. 3 on agenda, Alphaleo HD has filed an injunction for the unlawful acts by directors based on the following reasons.

The main reasons why Alphaleo HD filed the injunction case.
(1) The information requested in the Request for Information is almost the same as the information requested when the Inui’s takeover defense plan is invoked, and in effect, the Proposal No.3 is to invoke “the takeover defense plan against a person who does not meet the requirements for triggering the takeover defense plan”." Alphaleo HD holds approximately 29% of outstanding shares, and does not fall under the category of “large-scale purchaser”, so it does not meet the requirements for triggering takeover defense plan.

(2) It is illegal to enforce the Request for Information to particular shareholder(s) by a majority vote, violating the principle of equality of shareholders and the rights of particular shareholder(s).

(3) Although we are not an investment manager/advisory company and are not in a position to accept the Japanese stewardship codes, Inui is trying to make the Request of Information by disseminating the false information that Alphaleo accepted Japanese stewardship codes.

(4) On October 28, 2019 (last year), we submitted our answers to the questions from the Inui’s board of directors, and already provided them with sufficient information. The answers are disclosed on the website of Inui. Since November last year, it is the Inui’s board of directors who has refused to talk with us.

When we have any new items necessary to be disclosed, we will post them on the website of “Alphaleo Holdings GK” (https://www.alphaleo-hd.jp/).

(Contact Information)
Alphaleo Holdings GK
E-mail: management@alphaleo-hd.jp
  1. プレスリリース >
  2. アルファレオホールディングス合同会社 >
  3. 乾汽船の取締役の違法行為差止め仮処分申立てのお知らせ