都内最大手のハイヤー・タクシー会社、日本交通 新型コロナウイルスワクチン職域接種実施を決定

エッセンシャルワーカーであるタクシー乗務員を中心に1万人規模で実施

日本交通株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:若林泰治、以下「日本交通」)は、職域での新型コロナウイルスワクチン接種を開始する政府発表方針に沿い、ワクチンの職場接種に協力することを決定いたしました。日本交通独自の健康保険組合である「日本交通健康保険組合」との連携のもと、政府方針に沿った運営体制を確認し、政府よりモデルナ社製ワクチンの配布を受け次第接種を実施する予定です。ハイヤー・タクシー乗務員を中心に1万人規模の実施となります。

タクシー事業者は緊急事態宣言下においても「国民生活・国民経済の安定確保に不可欠な業務を行う事業者」として国土交通省より事業の継続が求められています。ハイヤー・タクシー業界において率先してワクチン接種に取り組むことで、新型コロナウイルス感染症の早期収束に貢献しつつ、社員、お客様共により安全・安心に乗車できるハイヤー・タクシーの運行に努めてまいります。

開始予定日: 2021年6月21日(月)開始に向けて準備を進めています。
接種場所: 本社(東京都千代田区)、銀座営業所(東京都中央区)、板橋営業所(東京都板橋区)、赤羽営業所(東京都北区)、千住営業所(東京都足立区)、加島営業所(大阪市西淀川区)を予定
対象者: 日本交通ならびに日本交通グループ関連会社(業務提携会社を含む)の従業員(約15,000人)とその家族のうちの接種希望者を予定
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本交通株式会社 >
  3. 都内最大手のハイヤー・タクシー会社、日本交通 新型コロナウイルスワクチン職域接種実施を決定