学生サークル「TSUNAGU」五島SDGs体験ツアー9/23~開催五島(長崎・五島市)の取組みを大学生が体験!

大学生が長崎で働くことの価値や意義を再発見できる機会を地元ローカル局が応援

 株式会社長崎国際テレビ(本社:長崎市、代表取締役社長:川畑年弘、以下NIB)は、長崎県の「学生サークル形成事業」を運営する一環として、このたび2泊3日の体験ツアー「五島SDGs体験ツアー」(以下本企画)を、2022年9月23日から開催します。九州最西端の島に位置する五島市は、2年連続人口の「社会増」を達成しているとともに、地の利を活かした新しいビジネスが創出されています。また、陸上風力発電や太陽光発電の導入のほか、浮体式洋上風力発電の日本初の商用運転が行われている日本屈指の「再エネ先進地」です。 「社会的課題の解決」と「経済発展」の両立を目指す五島市の先進的な取り組みを、大学生に体験してもらうことで、⻑崎で働くことの価値や意義を再発見する機会醸成。また、豊かな自然や文化・市民との交流を通して、将来的に長崎出身の若者が地元に就業する選択機会を作ります。

昨年ツアーの様子(21年10月対馬市)昨年ツアーの様子(21年10月対馬市)

「学生サークル形成事業」のイベント、五島SDGs体験ツアーとは
 本企画は、長崎県の「学生サークル形成事業」として行われるイベントの一つです。「社会的課題の解決」と「経済発展」の両立を目指す五島市の先進的な取り組みを、大学生に体験してもらうことで、⻑崎で働くことの価値や意義を再発見する機会を作ります。また、ツアー中の宿泊先に民泊を利用するなど、豊かな自然や文化・市民との交流を通して、将来的に長崎出身の若者が地元に就業する選択機会を醸成します。

 【五島市SDGs体験ツアー概要】
●日時:2022年9月23日~2泊3日
●場所:五島市福江島他
●人数:19名
●対象:学生サークル「TSUNAGU」加入者
●主なコンテンツ
・ゼロカーボンシティ推進、浮体式洋上風力発電施設「はえんかぜ」見学
・持続可能なマグロ養殖、「ツナドリーム五島」(豊田通商グループ)見学
・関係人口のハブとなる島内ワーケーション施設の利用
・五島のありのままの暮らし・文化にふれる、民泊体験
・島の恵みを食す、BBQ体験

昨年ツアーの様子(21年10月対馬市)昨年ツアーの様子(21年10月対馬市)


 学生サークル形成事業「TSUNAGU」とは
 主に福岡県の⼤学に在籍する⻑崎県出⾝学⽣を中⼼とした学⽣を対象に団体を形成し、イベントや活動を通して、⻑崎で働くことの価値や意義を再発見する機会を醸成する長崎県の事業です。2020年7月からサークル名を「TSUNAGU」とし始動。60名近くの学生が在籍し、月例のオンラインイベントや福岡での交流会を催しています。

公式Facebook:https://www.facebook.com/tsunagu.ngs
公式Instagram:https://www.instagram.com/tsunagu_ngs/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社長崎国際テレビ >
  3. 学生サークル「TSUNAGU」五島SDGs体験ツアー9/23~開催五島(長崎・五島市)の取組みを大学生が体験!