「未来の子育て世代」に向けたPRを実践する秋田県にかほ市の大学生インターンコミュニティ「メディアラボ」、8月3日より同市にてフィールドワーク合宿を実施

地元企業や農家を訪問、取材・体験を通じて地域の魅力を発掘

秋田県にかほ市(市長・市川 雄次)は、同市の大学生インターンコミュニティ「メディアラボ」にて、市内フィールドワーク合宿を8月3日(水)〜8月10日(水)の日程で実施します。都市部在住の大学生メンバー8名が、地元企業や農家・地域で活躍する方々を訪問し、「未来の子育て世代」を対象とした情報発信に向け、取材や体験を通じて地域の魅力を発掘します。
  • 「ものづくり・商工」「食」「ジオ」3つの観点で各所を訪問
今回同市を訪問するのは、地方創生やまちづくり、広報・PRなどに興味を持つ大学生インターンメンバー8名。(東京からの大学生6名、秋田の大学生1名、名古屋の大学生1名)「メディアラボ」今年度の活動では、「ものづくり・商工」「食」「ジオ」の3つの観点からにかほ市の魅力を探り、同世代に向けたPR企画を行います。
8月3日からの訪問では、いちじく農園訪問・作業体験、地元企業のインターンシップ参加(職場見学と取材)、和牛農家への取材、鳥海山登山、ジオスポットの訪問、地域おこし協力隊への取材、子育て支援施設の訪問等を予定しています。また、滞在期間中はメンバー個々のSNSで、ハッシュタグ「#マイニカホデイズ」にて情報発信を行います。
インターンシップ参加メンバーによる「note」発信:https://note.com/medialab_nikaho/

<PR活動の軸となる3つのプロジェクト(テーマ)>

●「ものづくり・商工魅力発信」プロジェクト
ものづくりのまち・にかほ市。地元企業を訪問し、商工・ものづくりの観点から街の魅力を探り、同世代に向けた発信を実施するプロジェクト。
 

●「食で繋げるにかほ」プロジェクト
農業(にかほ名産のいちじく・稲作)・水産業など、豊かな食のPRを地元の農家・漁師さんたちと連携し発信するプロジェクト。
 

●「ジオ」プロジェクト
世界ユネスコジオパーク認定(3年後)に向けて始動する鳥海山・飛島ジオパークと共に地域を学び、世界に発信するプロジェクト。SDGsを地域に根付かせるための取り組みも。

 
  • 地域で受け継がれる伝統や想いを、「未来の子育て世代」に発信

秋田県にかほ市では「子ども・子育てに寄り添うまち」の施策を市内外に広くPRし、本市の潜在的な魅力をアピール、さらに移住・定住希望者の拡充を図るシティプロモーションを実施しています。「メディアラボ」はこのプロモーションの一環として、若者が地域の情報発信について学ぶとともに、同市の中で受け継がれている想いや伝統・眠っている価値を発掘し、未来の子育て世代・後世へと繋いでいくことを目的に発足しました。現在、地方創生や都市・地域を繋ぐコミュニティづくりに関心を持つ東京・秋田・名古屋の大学生メンバーが、広報研修・事前調査、にかほ市で活躍する人々へのインタビュー、現地フィールドワークなどのインプット(学び)から、プレスリリースやSNSでの発信、イベントの開催などのアウトプット(発信)まで、メディアを通じた地域の魅力発信、交流・関係人口の創出について実践的に学んでいます。

【参考資料】
第一期となる昨年度は、10月末に東京在住のメンバー4名・にかほ市出身のメンバー1名が同市でのフィールドワークに参加。現地で得た経験・繋がりを活かし、学びのアウトプットとして11月、2月にオンラインイベントを企画運営しました。

● 2021年10月:にかほ市でのフィールドワーク

子育て支援センター訪問子育て支援センター訪問

いちじく農園見学いちじく農園見学

酒蔵見学酒蔵見学

 

農業体験農業体験

※酒蔵(飛良泉)は学習目的として特別に見学させていただきました

●2021年11月、2022年2月:オンラインイベントの企画〜運営

学生企画のイベント告知バナー学生企画のイベント告知バナー

イベントでのメンバー座談会イベントでのメンバー座談会

 

 

  • 日本海と鳥海山に抱かれたまち・にかほ市
にかほ市は秋田県南西部に位置し、南に鳥海山、西に日本海を臨む、山と海に抱かれた風光明媚なまちです。鳥海山の山すそが海岸近くまで延び、海岸部の平野部に人口が集中しています。気候は、秋田県内では春の訪れが最も早い温暖な地域として知られ、降雪量が最も少ない地域です。

秋田県にかほ市秋田県にかほ市

田植え時期の鳥海山田植え時期の鳥海山

日本海・九十九島の夕日日本海・九十九島の夕日

●充実の子育て支援制度で、子どもの成長を万全にサポート
高校生までの医療費無料、0歳からの保育料完全無償化をはじめ、充実した子育て支援制度は高い評価を得ています。(東洋経済「2021年の住みよさランキング」において3年連続で秋田県総合1位)
にかほ市内には、小学校から高校までの公立学校をはじめ、共働き世帯を応援する為に学童保育クラブも整備。保育所、認定こども園もあり、待機児童はゼロです。また、赤ちゃんから高校生までの医療費が無料で、入院時の食事代も半額を助成。妊娠・出産から子育てまで切れ目のない支援に加え、豊かな自然が子どもの伸びやかな成長を支えます。また、秋田県は全国学力・学習状況調査トップクラスであり、恵まれた教育環境が魅力です。

【にかほ市ホームページ】
https://www.city.nikaho.akita.jp

にかほ市マスコット「にかほっぺん」▼

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 秋田県にかほ市 >
  3. 「未来の子育て世代」に向けたPRを実践する秋田県にかほ市の大学生インターンコミュニティ「メディアラボ」、8月3日より同市にてフィールドワーク合宿を実施