新規4社の通信回線販売代理店との業務提携開始

ワイヤレス・リモートサービスを提供する株式会社ワイヤレスゲート(本社:東京都品川区 代表取締役社長CEO:濵 暢宏、以下 当社)は、新たに通信回線販売代理店4社※1との業務提携を開始致しました。
  • 通信回線販売代理店との提携強化の背景
情報通信機器の世帯保有率において固定電話の保有率が過去10年で20%程度(約977万世帯)減少しております※2。スマートフォン及びモバイルWi-Fiルーターなど固定電話の代替サービス普及が一因であり※2、今後もこの傾向は継続するものと当社は考えております。
一方、国内ブロードバンド通信(移動系高速ブロードバンド、固定系ブロードバンド)の市場規模は約2億7,210万回線※3であり、移動系高速ブロードバンド市場におけるモバイルWi-Fiルーターの市場規模は約850万回線※4で、固定系ブロードバンド(FTTH、DSL、CATV、FWA)の市場規模は約4,268万回線※3となりますが、当社の5G対応モバイルWi-Fiルーター「ワイヤレスゲートWiMAX+5G」の投入により、従来のモバイルWi-Fiルーター市場にとどまらず固定系ブロードバンド市場に向けても当社商品の需要が生まれ、今後もその需要は拡大していくと認識しております。
 
  • 通信回線販売代理店との提携強化の狙い
当社は、家電量販店大手のヨドバシカメラを主要販路として当社商品を販売しており、今後も継続して販売強化して参ります。一方で、コロナ禍を踏まえた顧客の消費行動の変化もあり、前記需要を獲得していくためには既存販路に加えて、多様な顧客接点を有する通信回線販売代理店との提携拡大が重要となります。更に、当社がこれまでヨドバシカメラ等の販路で培った経験と知識を提供することによって提携する通信回線販売代理店の契約獲得を支援することも重要となります。
2021年12月13日開示「新市場区分の上場維持基準の適合に向けた計画書」には『2021年12月期にて、3社の新規販売代理店との提携開始予定』としておりましたが、4社の通信回線販売代理店と業務提携開始となりました。今後も、全国に66,500件ある電気通信事業における全国の販売代理店届出事業者(通信販売代理店)※5との提携を強化して参ります。
 
(※1)経営戦略により提携先の社名は非開示
(※2)「令和3年版 情報通信白書(第1部 特集 デジタルで支える暮らしと経済)」を参照
(※3)「令和3年版 情報通信白書(第2部 基本データと政策動向)」を参照
(※4)日本総研による「モバイルWiFiルーター市場予測(2019/11/5)」を参照
(※5)令和元年 10 月 1 日から令和 3 年 9 月 30 日までに届出が行われた販売代理店/総務省

 「リモートライフ時代のソリューション・ディストリビューター」を目指す当社は、お客様のニーズにきめ細かく応える利便性の高いサービスの創出を行ってまいります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ワイヤレスゲート >
  3. 新規4社の通信回線販売代理店との業務提携開始