自分のありのままを大切に ラルフ ローレンがPride運動の豊かな個性と自己表現を称賛するコレクションを発表

コレクションの収益金をストーンウォール コミュニティ財団とその関連団体へ寄付


ニューヨーク州ニューヨーク 2021年6月

 「人が選び取る行いの中で最も勇気ある行いは、自分自身であること、そして自分が愛を注ぐものに対して誠実であること」――ラルフ・ローレン

LGBTQIA+問題に関してボランティア活動や企業としての取り組み、資金援助などを通じて30年にわたり支援と啓発を続けきたラルフ ローレンは、今年もその経験を生かしながら引き続きPride運動の歴史的意義を称えるとともに、特にLGBTQIA+コミュニティに属する少数の壁画アーティストに注目し、その豊かな創造力とユニークなストーリーを紹介します。
当社はストーンウォール コミュニティ財団との間でかねてより提携を結び、各アイテムの購入価格の一部を同財団へ寄付することで、世界中のLGBTQIA+組織を支援してきました。ストーンウォール コミュニティ財団は、有色人種やトランスジェンダー、ジェンダーノンコンフォーミング(ジェンダー規範に異議を唱える)、ノンバイナリー(性自認が男性でも女性でもない)など、コミュニティの中で最も立場の弱い人々を優先的に支援し、その地位向上を目指す団体です。ラルフ ローレンは、あらゆる声が軽んじられることなく、あらゆる違いが尊重される企業を標榜しており、創造性、自己表現、個性、真正さ、多様性、包摂の価値観がブランドDNAの不可欠な部分と信じ続けています。

この6月、当社は、ニューヨーク在住のデヴィッド・パックとロンドン在住のアシュトン・アッツ(いずれもLGBTQIA+コミュニティのメンバー)の2人のアーティストと連携して壁画を制作し、Pride月間を祝うとともに、その意義を改めて強調します。Prideムーブメントは、自らの創造力を生かして自らの周囲の世界を変革しようとした勇気ある人々によって築かれたものです。ラルフ ローレンはこのことを認識し、今日さらに前へ道を切り拓こうとするアーティストの方々に尊敬の念をもって光を当てたいと考えています。6月15日から27日までの13日間、デヴィッド・パックはブルックリンのドミノパークで、自分がどういう人間であり、何を信条としているのかを個性的な描写で表現するサイロ壁画を公開します。アシュトン・アッツは、ノッティングヒルでPrideにインスパイアされて描いた壁画を展示します。

ラルフ ローレンでは今後も、各地域のクィアなアーティストを支援するほか、年間を通じてLGBTQIA+コミュニティにとって関心ある問題を取り上げて報道している世界の主要なLGBTQIA+メディアとも引き続き提携していきます。

プライドカプセル コレクションはジェンダーニュートラルな大人と子供向けアイテムを取り揃えたもので、アイコニックなポロ ポニーをレインボーカラーにアレンジしています。コレクションを構成するのは、ポロシャツ、グラフィックTシャツ、タンクトップ、スウェットシャツ、フラッグセーター、ベルトバッグ、ベースボールキャップ、ウォーターボトル、ソックス、ドッグポロ。このうち、ポロシャツ、ドッグポロシャツは購入価格の全額が、また、グラフィックTシャツ、スウェットシャツ、フラッグセーター、ベルトバッグ、ベースボールキャップ、ソックスは購入価格の25%がストーンウォール コミュニティ財団へ寄付されます。さらに、ラルフ ローレン フレグランスについては引き続き、一部のフレグランスについて限定版のPrideパッケージングを提供するとともに、ストーンウォール コミュニティ財団への追加寄付も行います。

ストーンウォール コミュニティ財団は、LGBTQIA+コミュニティの多岐にわたるニーズに対応しながら変革を実現する複数のLGBTQIA+組織からなる国際的ネットワークを通じて、このカプセルが販売される各コミュニティに対して戦略的な投資を行うことになります。長年資金援助の受け手となっている提携先としては、シルヴィア リヴェラ ロー プロジェクトやオードリー ロード プロジェクト、アリ フォーニー センターなどをはじめ、そのほかにも変革に取り組む多くの提携先と関係を結んでいます。

ラルフ ローレン コーポレーションとラルフ ローレン コーポレート基金はこれまで長年にわたってLGBTQIA+コミュニティを支援してきました。この支援は、ボランティア活動や企業としての取り組み、資金援助の形で行われてきました。提携先としては、ヘトリック・マーティン インスティテュート(HMI)やamfAR、エイズウォーク ニューヨーク、ゴッズ・ラブ・ウィー・デリバー、エルトン・ジョン・エイズ基金などがあります。

ラルフ ローレン コーポレーションは、職場におけるLGBTQIA+の人々の権利を守るため国連がグローバル基準として定めた「企業向けLGBTI行動基準」を採用しています。米国最大のLGBTQIA+擁護団体であるヒューマン ライツ キャンペーン(HRC)が職場におけるLGBTQIA+平等のためのインフラストラクチャーを評価する企業平等指数(CEI)で、ラルフ ローレン コーポレーションは2年連続で満点の100点を獲得しました。

Prideカプセル コレクションは現在、RalphLauren.comを通じて全世界でお求めいただけます。

 

 

 

 

 



 


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ラルフ ローレン 株式会社 >
  3. 自分のありのままを大切に ラルフ ローレンがPride運動の豊かな個性と自己表現を称賛するコレクションを発表