持続可能な空間運営をコンセプトにした小規模宿泊施設の開業・運営支援を一気通貫で提供するThrees Operated by GRApPを提供開始

Withコロナで発見新たなニーズ、地域密着の宿づくりを

トーキョーサンマルナナ株式会社(本社:東京世田谷区 代表取締役:八坂太洋)はホテルのアイドルタイムにおける客室やラウンジ、朝食会場などをサードプレイスとして提供する「Threes」(スリーズ)の提供を前提とした小規模宿泊施設ブランド「Threes Operated by GRApP」の提供を開始することを発表いたします。
宿泊事業をご検討のオーナーはこちら
https://owner.three-s.space/pages/hotel-threes-operated-by-grapp

 
  • Threes Operated by GRApPとは?

 

宿泊施設(ホテル・民泊・ゲストハウス)の運営サポート及びコンサルティング事業を行っており、これまで大阪・東京・京都・沖縄などを中心に全国約700室以上の無人・省人宿泊施設を運営してきた、豊富な運用実績を持つ株式会社GRApP(グラップ)との事業提携により実現する小規模(10室〜20室規模)宿泊施設ブランドとなります。

 

  • 特徴

施工段階から開業支援を行う本ブランドは、これまでGRApPが培ってきた宿泊におけるマーケティングノウハウや無人・省人でのローコストオペレーションを基盤に宿泊だけでなく、共有空間のシェア、日中デイユースなどを近隣の方、地域の方を対象にハイブリッドかつローコストで提供することを目指しています。

Threesでは昨年の夏以降、全国20都市のホテルの遊休空間をサードプレイスとして提供し幅広い多くの方々に利用いただいております。

 

海外需要が戻る際にはインバウンド需要の回復は期待していますが、今回のコロナインパクトによりこうした海外需要は様々な外的要因(天災や政治動向)によるリスクが大きいことを事業者関係者は痛感されていることではないかと思います。外的要因のリスクヘッジを行うためには原点である国内需要の獲得、宿泊として活用されていない空間を効率的に活用することが必要不可欠と考えており理想形を追求する宿泊施設を実現するべく、事業連携また本ブランドの立ち上げに至りました。中長期では拡張しFCモデルも構想しています。

 

  • 都心部に限らず郊外でも通用するモデル

兼ねてより弊社が運営する媒体等でGRApP社が運営する物件のクオリティ、パフォーマンスを目の当たりにしてきました。昨年大打撃を受けていたコロナ禍でも安定した稼働を生み出しており動画内でも言及する地方小規模施設の可能性について伺ってまいりました。


宿泊施設における直前在庫・遊休空間を活用したサードプレイスを提供するThreesにおいても、都心部だけでなく郊外の遊休空間において副次収益の創出に成功し、汎用性、また再現性ある施策がこの度展開可能となりました。開業フェーズからハイブリッドモデルでの運用を前提とした設計を行うことで都心部に限らず郊外においても従来の宿泊施設では掴めなかった新たな需要を創出できると確信しております。

  • 両代表より

トーキョーサンマルナナ株式会社 代表取締役 八坂 太洋

コロナにより宿泊業界は大きなダメージを受けました。しかし、いつまでも悲観的になっていても仕方ありません。今後ワクチンが普及し、海外から再び観光客が戻ってくる日がくるでしょう。稼働は以前の水準にまで戻ってくると思いますが、またいつ何時外的要因により海外需要が途絶えてしまうかは誰にもわかりません。こうした特殊な事態に備える、引き出しを用意できているかが大事であり今回この機会をチャンスに捉え、様々なことにトライすることが大切と思っています。今回この機会をいただけたことに感謝し、賛同いただけるオーナーの方と「Threes Operated by GRApP」を広げていきたいと思っています。


株式会社GRApP 代表取締役 衣笠 達也

ホテル向け遊休空間サービスを提供しているトーキョーサンマルナナ株式会社と本サービスをこの度リリースできたことを嬉しく思っています。弊社サービスである「クラウド型ホテルオペレーション」はビジネスホテルなどの宿泊特化型施設様でこそ是非活用いただきたいサービスとなっています。労働力不足が課題となる日本の宿泊施設様に対して、サービスの質を維持しながら固定費を削減していくお手伝いを弊社サービスで担っていきたいと思っています。
 

  • プロジェクトスケジュール

2021年6月末  サービス提供を正式開始

2021年7月   共同ウェビナーを予定(ご案内はTomaRuyoオーナーサロンへの登録をお願いいたします)

                          オーナーマッチング、インタビュー等通じプロジェクトキックオフ

 

TomaRuyoオーナーサロン

https://minpaku.tomaruyo.com/

 

上記登録の方へウェビナーご案内を差し上げます。(対象想定:①土地・物件オーナー※個人または法人②不動産関連事業者にて本サービスに興味のある個人または法人※同業者の参加はお断りしております。)

 

  • 会社概要

トーキョーサンマルナナ株式会社
■代表:八坂 太洋
■本社:
東京都世田谷区上馬2-38-7-702
■ホームページ:https://tokyo307inc.com/
■事業内容:ホテルサードプレイスThreesの開発・運営

株式会社GRApP
■代表:衣笠 達也
■本社:
(大阪本社)大阪市中央区東心斎橋1-2-17 第一住建東心斎橋ビル 3F
(東京支社)東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル 9F KEY STATION OFFICE新橋
(ベトナム)30M (142/13) đường Ngô Tất Tố, phường 22, quận Bình Thạnh, Thành phố Hồ Chí Minh, Việt Nam.
■ホームページ:https://grapp.co.jp/
■事業内容:宿泊施設(ホテル・民泊・ゲストハウス)の運営サポート及びコンサルティング事業
-住宅宿泊管理業者登録番号 国土交通省(01)第 F00365 号

Threesを運営するTOKYO307は地方創生SDGs官民連携プラットフォームに参画しています。
宿泊施設、その他遊休空間の活用を通じて持続可能なまちづくりに貢献できるよう一同事業活動に取り組んでおります。
※宿泊施設ご担当者様、東京・大阪にて営業活動を行っております。取り組みに賛同いただき新たな需要創出にご一緒できる宿泊施設パートナーを随時募集しております。弊社は旅行業やホテル業出身で構成された専門家集団です。本件だけでなく集客全般のご相談も下部よりお気軽にお問い合わせいただければと思います。
※本リリース引用については本リリースURLと共に出典の明記を必須にてお願い致します。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. トーキョーサンマルナナ株式会社 >
  3. 持続可能な空間運営をコンセプトにした小規模宿泊施設の開業・運営支援を一気通貫で提供するThrees Operated by GRApPを提供開始