TIS株式会社とイスラエルで日本企業初のFintechハッカソン『Japan Cashless Hackathon 2016 Tel Aviv』を開催

イスラエルのスタートアップ企業の日本進出と 日本の決済サービス事業者とのマッチングを支援

株式会社サムライインキュベート(本社:東京都品川区 代表取締役CEO:榊原健太郎)は、TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑野徹、以下 TIS)とともに、7月19日から20日にかけてイスラエルのRise Powered by Barclays にてFintechをテーマにしたハッカソンを行います。
■ イスラエルでのハッカソン開催の背景
現在、世界的にも投資が活性化しているFintechの分野。日本でも市場の活性化、世界の金融業界への日本のプレゼンス向上が課題となっております。世界の金融機関の研究開発センターが設立されているイスラエルで、国内の新たな決済ビジネスの創出を目指し、日本のFintech市場を加速させるべく、ハッカソンを行います。また、そこで新たに生まれたプロダクトに関しましては、TISのペイメント事業者向けITサービスにおける知見や、日本の決済サービス事業者の審査協力を仰ぐ事により、イスラエル発の技術やサービスの国内決済市場との適合性を評価します。

■  お互いの国の強みを活かした新しいビジネスの創出を目的とした取り組み
TISでは、自社だけではなく、国内外のベンチャー企業、お客様によるオープンイノベーションの推進に取り組んでおり、ベンチャー企業発の新しい技術やサービスを業界ニーズや特定事業者による事業活用の分析、及び活用を検討するお客様との実証実験の実施等により取りこむ事で、新しいビジネスの創出に取り組んでいます。また、弊社サムライインキュベートではイスラエル支社を設立してからこれまで、イスラエルスタートアップコミュニティの形成を進めてきており、お客様にネットワークを提供できる体制が整いました。イスラエルスタートアップの柔軟なアイディアや最先端技術と、TISの各業界で培ってきた豊富な実績と業務ノウハウを組み合わせることによって、新たな事業を創出することが狙いです。

■  キャッシュレス決済について
直接現金でのやり取りを扱わず、データのやりとりでの決済になることで、事業者の現金取り扱い業務の削減だけでなく、利便性や安全性の向上、事業者間における経理事務処理の効率化が起こります。それに伴い、スムーズなデータ収集が可能になることによって、ビックデータ解析からの価値創出など様々な期待が高まります。

■イスラエル概要
イスラエルは、中東のシリコンバレーとして定評があり、年間500社以上のハイテクベンチャー企業が設立され、多くの欧米大手テクノロジー企業が進出、R&D設立、CVCとしても進出されています。またSequoiaCapital/KPCB/IntelCapitalなど一級のVCが良質なスタートアップへ投資をし、グーグル/マイクロソフト/アップル/インテル/シスコシステムズなどがそうした企業をM&A、$100Mを越える資金調達も多く、世界最高レベルのエコシステムが出来上がっています。
                    
■ハッカソンとは
ハッカソンは、ハックとマラソンを組み合わせた造語です。エンジニアが集まり一緒になって、プログラミングを書き、数日間でサービス開発をするイベントのことを云います。

■  キャッシュレス決済ハッカソン概要
名称 キャッシュレスハッカソン
主催 TIS株式会社
開催協力 株式会社サムライインキュベート
審査協力 株式会社ジェーシービー
開催日時 2016年7月19日 - 20日
開催場所 RISE Tel Aviv Powered by Barclays
参加対象 日本市場進出を検討しているイスラエルのベンチャー/スタートアップ

会場であるRISE Tel Aviv Powered by Barclays会場であるRISE Tel Aviv Powered by Barclays

会場であるRISE Tel Aviv Powered by Barclays会場であるRISE Tel Aviv Powered by Barclays

 

◆ TIS株式会社について
TISインテックグループグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご覧下さい。http://www.tis.co.jp/
 
◆ 株式会社サムライインキュベート 概要
サムライインキュベートは、起業支援のためのコワーキングスペース「サムライスタートアップアイランド」(天王洲アイル)の開設や、2014年6月にサムライハウス(イスラエル)の開設、起業家支援イベント「サムライベンチャーサミット」の開催(国内・北米に加えて、ASEAN 各国やイスラエルなどで開催)、投資ファンドの運用など、日本を代表するインキュベーターとして、『できるできないでなく、やるかやらないかで世界を変える』のミッションを掲げて、積極的な活動を展開しております。

【代表者】  代表取締役CEO 榊原 健太郎
【設 立】  2008年3月14日
【所在地(東京本社)】  東京都品川区東品川2-2-28 サムライスタートアップアイランド
【所在地(イスラエル支社)】2F, Nahalat Biyamin St 52, Tel Aviv, Israel
【URL】 http://www.samurai-incubate.asia/
【事業内容】 シード・アーリーベンチャーへの経営・マーケティング・営業・人事・財務・CI戦略支援

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

【本プレスリリースに関する問合せ】
株式会社サムライインキュベート 担当:阿部
contact@samurai-incubate.asia

TIS株式会社 コーポレート本部 企画部 広報室 浄土寺/橋田
TEL:03-5337-4232 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

◆本件に関するお問い合わせ先
TIS株式会社 インキュベーションセンター
TEL:03-5337-4398 E-mail:incubation@tis.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. 株式会社サムライインキュベート
  3. TIS株式会社とイスラエルで日本企業初のFintechハッカソン『Japan Cashless Hackathon 2016 Tel Aviv』を開催